コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (16/20)

コメント推薦者最新投票日
★3 アイアンマン(2008/米)
いかがわしくも愛嬌がありそれを凌駕して男臭くまた翻っていかがわしくも愛嬌があり・・・というロバート・ダウニーの奇跡的複雑に恵まれた風貌と演技を純粋に愉しむ。コイツは確かにスタアだと思います。グウィネスもこんなにキレイだったっけか、という驚愕の映りの良さですが、だからこそ、このキャスティングを外したらどうなったかと考えると夜も眠れません。 [review]
DSCH (2011年07月01日)
おーい粗茶, さず, Lostie, けにろんほか5 名2020年11月03日[投票(5)]
★4 アイアンマン(2008/米)
ロバート・ダウニーJr.グウィネス・パルトロウの存在感と美術・音楽の良さで、すべてのシーンで間を持たせ飽きさせない。
脚がグンバツの男 (2011年02月28日)
おーい粗茶2020年11月03日[投票(1)]
★5 アイアンマン(2008/米)
スパイダーマンシリーズのように、ぐだぐだ悩むガキんちょがヒーローなアメコミ映画に、ちょっぴりうんざりしていた小生にとって、このおっさんヒーローは意外と響きました。大人というものは、内面のフクザツさを表に出さず、単純に行動するものなんです。過去に悩まず、贖罪に命を賭けて、恋もしながら責任背負って空を飛ぶ。素敵じゃないですか。
ロープブレーク (2020年08月22日)
おーい粗茶, さず, がちお, FreeSizeほか6 名2020年11月03日[投票(6)]
★3 アイアンマン(2008/米)
こんな大人になりたくないかい?! [review]
CRIMSON (2010年01月30日)
おーい粗茶, けにろん2020年11月03日[投票(2)]
★3 アイアンマン(2008/米)
主人公の設定とキャスティングが妙なる成功を見せているSO-SOムービー [review]
junojuna (2009年08月08日)
おーい粗茶, DSCH, ナム太郎, k-jamほか6 名2020年11月03日[投票(6)]
★3 アイアンマン(2008/米)
平和なんか糞食らえの享楽主人公がアフガンで拉致されトンカントンカン手作り工芸するあたりまではマーベル最高作かとさえ思えたサバけぶりだったが、後半は全く凡庸に堕した。ダウニーの胡散臭さ、ブリッジスの余裕、グウィネスの儚さ、皆良い。
けにろん (2009年02月01日)
おーい粗茶, DSCH, 代参の男2020年11月03日[投票(3)]
★3 アイアンマン(2008/米)
これはこれでいい。 [review]
Myurakz (2008年10月19日)
おーい粗茶, DSCH, tkcrows, のの’2020年11月03日[投票(4)]
★4 アイアンマン(2008/米)
直球派B級アクション映画が、逆に新しく見えるとは発見だ。CG映像に加え、若手女優がやるような目立たないヒロインをあえてグウィネス・パルトロウが演じていることに拍手!(2008.10.14.) [review]
Keita (2008年10月15日)
おーい粗茶, ロープブレーク, ホッチkiss, Myurakz2020年11月03日[投票(4)]
★3 アイアンマン(2008/米)
ロバート・ダウニーJr.を配役した人が偉い。グウィネス・パルトロウもベリーキュートだ。画作りに創意は乏しく、そもそもこの題材なら徹底的にオフビート・コメディに仕立ててほしいところだが、屋上着地→ピアノ破壊→車破壊の呼吸、ゲリラをやっつけるアイアンマンのさまがほとんど弱いものいじめ、など面白い箇所も幾つか。
3819695 (2008年10月03日)
おーい粗茶, DSCH, tkcrows, Myurakz2020年11月03日[投票(4)]
★4 アイアンマン(2008/米)
これはテーマではなく、キャラクターとシチュエーションの映画である。ここに漂うユーモアのセンスはハワード・ホークスのコメディのように知的な含み笑いを誘うものであり、それはひとえに役者の芝居の豊かさによってもたらされている。 [review]
shiono (2008年10月01日)
おーい粗茶, Orpheus, DSCH, YO--CHANほか12 名2020年11月03日[投票(12)]
★4 あにいもうと(1976/日)
おお、秋吉久美子!。彼女の最高作にして草刈正雄唯一の快心作。草刈の肉体が発散する野卑パワーが容赦なく、秋吉の豹変居直りぶりも圧巻。そんな“野卑”と“居直り”の顛末に、終わりゆく時代を継ぐ者たちの良質の地縁と血縁を見い出す今井正の良心。 [review]
ぽんしゅう (2020年11月03日)
けにろん, 寒山拾得2020年11月03日[投票(2)]
★4 あにいもうと(1976/日)
この原作の設定を'70年代に置き換えるという行為は無謀だし、登場人物の名前といい人物設定といい無理があるが、それを補って余りある丁寧な演出で青春映画として再構築する事に成功しているし、題材として今井正にはこの上なくピッタリ。役者では何と言っても秋吉久美子の独壇場で、前半と後半の演じ分けも素晴らしい。['07.10.24ル・シネマ2]
直人 (2007年10月24日)
ぽんしゅう, 寒山拾得2020年11月02日[投票(2)]
★4 あにいもうと(1976/日)
昭和初期の設定を70年代に強引に移植したら兄妹の確執は一層の生々しさを獲得した。草刈秋吉に牛乳を吹きかけるシテュエーションが白眉。ラストの秋吉久美子は正に独壇場で女優賞も無碍なるかなである。
けにろん (2003年10月17日)
ぽんしゅう, 寒山拾得, 直人2020年11月02日[投票(3)]
★4 鵞鳥湖の夜(2019/中国=仏)
クリアで原色な明暗が濃厚なアジアの夜を醸す。☆3.9点。 [review]
死ぬまでシネマ (2020年11月01日)
ぽんしゅう, ゑぎ, けにろん2020年11月02日[投票(3)]
★2 007 慰めの報酬(2008/英)
007を見に行った。人違いだった。 [review]
疑話 (2009年01月28日)
ロープブレーク, Orpheus, これで最後, のこのこほか8 名2020年11月02日[投票(8)]
★4 007 慰めの報酬(2008/英)
もう自分より年下になった007たち。これからも自分たちを信じて作っていけばいい。不満はあるがそう思わせる意欲を感じた一品だ。一言いうと、本作は前作『カジノ・ロワイヤル』の完全な後日談なので、それを観てからの鑑賞を薦めます。 [review]
おーい粗茶 (2009年02月03日)
ロープブレーク, Orpheus, けにろん, カルヤほか10 名2020年11月02日[投票(10)]
★5 007 慰めの報酬(2008/英)
前作と同じ。2作を1作として評価。
二液混合 (2010年03月25日)
ロープブレーク2020年11月02日[投票(1)]
★4 異端の鳥(2018/チェコスロバキア=ウクライナ)
一人の人間が生きぬくということは、かくも大変であるのだ。 [review]
プロキオン14 (2020年11月01日)
ゑぎ2020年11月01日[投票(1)]
★3 行きずりの街(2010/日)
原作未読だから何とも言えないが塾の教え子の行方を捜しにはるか10数年ぶりに東京まで訪ねた塾教師の、同じく10数年時が止まっていた自分探しとシンクロする心情がほとんど伝わってこなかったのが惜しまれる。 [review]
セント (2010年11月28日)
寒山拾得, のの’2020年11月01日[投票(2)]
★4 天井桟敷の人々(1945/仏)
「映画は世代を超えられるのか?」という検証のために劇場に足を運んだが、普通に面白かった。 [review]
ペペロンチーノ (2020年11月01日)
けにろん2020年11月01日[投票(1)]