コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ゑぎ

私の名前はゑぎ。西部劇のファンです。実は、同じくらい、ドラマ、アクション、アドベンチャー、コメディ、ロマンス、SciFi 、スリラー、ミステリー、犯罪、ホラー、ドキュメンタリー、ミュージカル、戦争もの、アニメーション、ファンタジー、ファミリー、短篇、サイレント、フィルムノワール、時代劇、が好きです(順不同です)。
e-mailegi@sannet.ne.jp
URLhttp://star.ruru.ne.jp/egi/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
4564コメント3548
POV2

Comments

最近のコメント 10
★3さんかく窓の外側は夜(2021/日)多くの方が指摘するところだと思いますが、志尊淳岡田将生の紛うことなき恋愛映画ですね。バックハグのシーンが何度も。志尊と平手友梨奈が、貯金箱へ一緒に入っていく場面で、この二人の恋愛映画にギアシフトするのかと期待したのだが、やっぱり、平手は蚊帳の外になる。 [review][投票]
★3人間魚雷回天(1955/日)山口県大津島の訓練所。運動場で沼田曜一が訓練生を集めて教えている。彼は中尉だが、学生あがりの予備士官。本作の主役は、同じく予備士官で、回天での出撃命令を待機している少尉たち、岡田英次木村功宇津井健の3人と云っていいだろう。 [review][投票]
★4追想(1956/米)このアナトール・リトヴァク、全くハリウッドの粋、と云いたくなる豪華かつ周到な造型だ。ちょっと嫌らしいぐらい作り込まれているのだが、古い映画が好きな私は、とても感動した。 [review][投票(1)]
★3蛇の穴(1948/米)題材が題材だけに臭い芝居も多いのだが、流石にアナトール・リトヴァクだけあって縦横無尽によく見せる。 [review][投票]
★3すばらしき世界(2021/日)窓の鉄格子に雪が積もる。冒頭の旭川刑務所のシーケンスは、もっと簡易にすれば良いのに、と思いながら見たのだが、出所者に、被害者(死者)への罪の意識は殆んどない、ということ示した部分は重要だろう。最後まで、この部分に回帰しないのは落ち着きが悪い。 [review][投票(4)]
★3死んでもいい経験(1988/韓国)もう少し裸の頻度と露出を上げれば、ロマンポルノとして立派な作品になったかも知れないが、だとしても、犯罪映画の範疇で見ると、作りが雑過ぎる。 [review][投票]
★3下女(1960/韓国)アバンタイトルは窓寄りの導入部。カットを変えて、カメラは部屋の中へ入る。新聞を読む妻。下女と不倫をしたという新聞記事の話。子供2人があやとりをするワンカットの長回しで、クレジットが入る。いい出だしだ。 [review][投票]
★3劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020/日)本作も原作未読、過去のアニメ化作品も全て未見の状態で見ました。なので、この映画一本に対する映画ファンとしての私の感想を書きます。実は、どういうジャンルのお話なのかも知らなかったため、こんな大メロドラマである、ということに一番驚きました。 [review][投票]
★3羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来(2019/中国)例によって、何の予備知識もなく見たので、冒頭から、これ何なの?どうしてこうなるの?といった疑問符の連続で、そういう意味でも楽しかった。主人公の黒猫、小黒−シャオヘイ。その尻尾から出る小さな黒い球体は何なのだ?とかです。 [review][投票]
★3ちょっとフランス風(1949/米)映画製作の映画。開巻はミュージカルシーンの撮影場面だ。ヒロインのドロシー・ラムーアは、劇中6〜7回歌唱場面がある、ほとんどミュージカル映画と云ってよいと思う。 [review][投票]