コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

KEI

My favourite Ten movies ・・・ ○グリード(25独) ○小原庄助さん(49日) ○アンドレイ・ルブリョフ(67ソ) ○群れ(78トルコ) ○ギルガメッシュ(85英) ○伴奏者(92仏) ○ウィンターゲスト(97英) ○春夏秋冬そして春(03韓) ○テラビシアにかける橋(07米) ○ニューイヤーズ・イブ(11米)  ―2015.7.14
e-mailkaluraten@yahoo.co.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
566コメント493
18あらすじ48
POV15

Comments

最近のコメント 10
★3ディスタービア(2007/米)キャリー・アン・モスのお母さん役はハマっていた。デビッド・モースは名脇役だが、今回は可哀想な役でした。青春物語+サスペンスで面白く観せ続けるが、粗削りなのが気になる。激突シーンは迫力あり、今後しっかりした1本を期待したい監督だ。[投票]
★4ヨーロッパ一九五一年(1952/伊)物語をどこに収束させるのかと思っていたら、中々スゴいオチでした。現実っぽくないし、力業とも感じる。しかし、戦後混乱社会のみならず、現代にもある社会矛盾を寓話的にとらえたと解せば大いに納得できる作品だ。[投票(1)]
★5霧につつまれたハリネズミ(1975/露)何故、ハリネズミなのだろう?ハリネズミって誰のこと? [review][投票]
★4お茶漬の味(1952/日)スウェーデン大使(?)の娘(上流)と長野県出身の男。見合い結婚した夫婦の物語。よくある話だが、微に入り細に描き込んで説得力があり、そんな話の代表作と言える。下記、音楽、歌曲について触れる。 [review][投票(2)]
★3岸辺の旅(2015/日=仏)観る前に黒沢の名を見てコワかったが、原作者の名を見て、安心(笑)。しかし深い闇が薄くなり、らしさが無くなって、良いのか悪いのか、よく分からず。皆の演技もよく分からない。が蒼井と奥貫は別。上手過ぎて浮いていた、と変わらず印象に残らない(好きだけど)でした。[投票]
★4ライアーライアー(1997/米)今迄に有ったようで無なかった話・・・いや絶対あったよね。でも彼だと、面白さパワーアップ。嘘で塗り固めた人生を送って来た私なんぞには、爆笑々の連続でした。内にも5才の子がいるが、意外と世の中の事がちゃんと分かっている。嘘はいけません。[投票]
★5燕山君日記(1987/韓国)燕山君は母想いの優しい、そして学問も並程度には出来る、普通の男だったのだろう。 悲劇、全く一つの悲劇だ。川崎ミュージアムで「開闢」(ケ・ビョク)と共に観たが、 林の作品はいつも人間を描いていて興味深い。[投票]
★3バーニング(1981/米)観るべきは筏のシーン。そして一番期待したラストが、用意していたサプライズもこけて、面白くとも何ともない。それとハサミの使い方について。 [review][投票]
★4去り行く男(1956/米)よく有りそうな話だが、原作がしっかりしていて佳作。G・フォードは珍しくマイナーな役だが、反って真面目さが強調された。A・ボーグナインは色々役をこなすが、本作が一番合っている。R・スタイガーもこんな嫌な役が一番だ(ファンの方すみません)。 [review][投票]
★3フィフス・エレメント(1997/米=仏)リュック・べッソンにSFは似合わない、と思っていたら―案の定、ブルース・ウィリスに乗っ取られている(?)。ブルース・ウィリスのアクションものとして4点。ミラの爽やかなエロティックものとして4点。SFとして2点。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4ヨーロッパ一九五一年(1952/伊)1951年戦後の伊。米の高級ブランド会社の駐在代表のジョージ氏(アレクサンダー・ノックス)の妻アイリーン(イングリッド・バーグマン)は、来客、パーティと忙しい毎日。1人息子のミッシェルが「話がある」と言っても、ろくに聞いていない。そんなミッシェルはある夜階段から自殺を図り、結局死んでしまう。衝撃を受けた彼女は寝込んでしまう。そして昔から彼女の気持ちを分かってくれていた親戚(左派新聞記者)アンドレに話を聞いてもらおうと、家を抜け出す。公園で彼は「戦争を起こす社会体制が悪い。貧困は戦争のせいだ」そして「社に投書が有ったんだ−夫婦と5人の子供の家庭だが、もうやっていけない。援けて欲しい−と」(まだ続きます) [more][投票]
★5燕山君日記(1987/韓国)王位についた燕山君はやる気まんまんで徳治政治を目指すが、亡き母の法要の事で、祖母の後宮の一派の意見と直家臣の意見が分かれる。あちらを立てればこちらが立たず・・・。その後も何かにつけ、色んな意見が色んなところから出て、いつも彼は結局まとめきれない。そんなことが続き、彼もだんだんと嫌気が差し、女、酒と自堕落になってゆく。15世紀後半の実在の王、淫虐で有名な燕山君の生涯を描く、林権沢イム・グォンテクの渾身の大作。[投票]
★4去り行く男(1956/米)西部、ワイオミング。モンタナから峠越えをして来たジュバル(グレン・フォード)は吹雪で馬を失い山を抜けた所で、倒れ伏す。馬車で通りかかり、救けてくれたのが牧場主のシェップ(アーネスト・ボーグナイン)だった。一息ついた後、牧場主は彼にここで働かないかと勧める。迷うジュバル。カウボーイたち数人がいる中で、ピンキー(ロッド・スタイガー)だけが嫌がらせをする。実はピンキーはシェップの若い妻メイ(ヴァレリー・フレンチ)を狙っており、メイがジュバルに色目を使うのを見て嫉妬したのだ。過度に近づいてくるメイの問題もあったが、ジュバルは働くことにする。ポール・ウェルマンの小説の映画化、100分。 [投票]
★4乱暴者(1952/メキシコ)メキシコの古い石造りの家が立ち並ぶ、その中庭で。家主、初老の男アンドレスが警官を連れて来て、借家人たちと立ち退きの件で言い争っている。「何!」と若い男がこぶしを振り上げる。今日はひとまず―と警官に守られ、家主は去る。その後「俺たちは住んでいる権利がある。闘おう!」と娘メーチェに支えられ、病気のカルメロは言う。家に帰ったアンドレスは妖艶な妻パロマにグチをこぼす。「簡単な事よ。扇動者を痛めつければいいのよ」「カルメロか・・」そこで家主は昔から面倒を見ている乱暴者ブルートを家へ呼ぶ。「頼みごとがある。借家の立ち退きの件だが・・・」(まだ続きます) [more][投票]
★4令嬢ジュリー(1951/スウェーデン)伯爵令嬢の1人娘ジュリーと若い知事との婚約は、破談になりそうだった。変な雲行きだとは口の端に上っていたが、詳細を知っているのは、下男のジャンだけだった。彼は婚約者料理女のクリスティンに云う―お嬢様、知事様、私と犬のディアナで睡蓮池に行った時のことだ。お嬢様が睡蓮を取ってと知事様に云われたが、彼は躊躇した。ので私が池の中から採って来た。面白くないお嬢様が愛犬を探すと、野良犬とさかっていた。カッとなった彼女はディアナを打ち据え、その鞭をバーにして飛び越えを何度もやらせた。その後知事にもやらせたのだ。知事はワンワンと何度もやっていたが、最後は止めて彼女をひっぱたいた。これが真相だ―。(続きます) [more][投票]