コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (13/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 君の名は。(2016/日)
感情に訴えてくるSF恋愛アニメ。 [review]
saku99 (2017年09月09日)
サイモン64, クワドラAS, ロープブレーク, シーチキンほか5 名2018年09月25日[投票(5)]
★4 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
「ときが見える…」 [review]
tredair (2003年05月19日)
死ぬまでシネマ, 甘崎庵, シーチキン2018年09月25日[投票(3)]
★5 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」 [review]
prick (2007年03月01日)
死ぬまでシネマ, ロボトミー2018年09月25日[投票(2)]
★1 タイタンの戦い(2010/米)
CGをつなぎ合わせスピードあるカメラで大根演技を誤魔化す。加え、やかましいBGM。やたらと多いモブキャラ。存在感の薄い主人公。ギシシア神話にまったく関係のないファンタジー系の魔法使いなど。往年の名作の名前を借りる冒涜。雰囲気ぶち壊しの駄作。
氷野晴郎 (2018年09月25日)
けにろん2018年09月25日[投票(1)]
★3 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
アムロのニュータイプ発現やララァの登場で相対的に力の衰えが隠せないシャアを見ていて,子供ながらに「もののあはれ」を感じてしまった。 [review]
ワトニイ (2005年01月16日)
死ぬまでシネマ, IN4MATION, Pino☆2018年09月25日[投票(3)]
★3 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
「めぐりあい宇宙」をカラオケで唄う時、「恋しくて♪((鼻をつまんで)コイシクテ♪)つのる思い♪((鼻をつまんで)ツノルオモイ♪)」と、周囲がイコライザーのかかった合いの手を入れてくれてました。(この点数は「劇場版」のものです)
uyo (2002年04月06日)
死ぬまでシネマ, IN4MATION, サイモン64, 水那岐2018年09月25日[投票(4)]
★4 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
「ごめんよ、僕にはまだ帰れるところがあるんだ。こんなに嬉しいことはない…」 [review]
緑雨 (2018年07月24日)
死ぬまでシネマ, Orpheus, pori2018年09月25日[投票(3)]
★4 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
この映画が伝えたかったことは「戦争の無情さ」。子供の頃は何も分かっていなかったが、この作品には、複雑な人間模様を通して反戦メッセージが深く刻み込まれている。いくら憎しみや怒りを戦争にぶつけても結局得るものは何も無い。ラストのアムロの言葉は唯一の救い。 [review]
Pino☆ (2010年01月14日)
死ぬまでシネマ, ユキポン, tredair, ミッチェルほか7 名2018年09月25日[投票(7)]
★4 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
「はい、そこでまっすぐー」 [review]
たかやまひろふみ (2009年03月07日)
死ぬまでシネマ, YO--CHAN, ユキポン, ペペロンチーノほか8 名2018年09月25日[投票(8)]
★5 機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編(1982/日)
続編が作られてさえいなければ… [review]
甘崎庵 (2001年12月23日)
死ぬまでシネマ, ユキポン, IN4MATION, tredairほか9 名2018年09月25日[投票(9)]
★4 凶気の桜(2002/日)
「窪塚洋介」の「バイオレンス」。僕が高得点をつける弱点をちょうど突いているからこの点数なわけじゃないです。多分。 [review]
Myurakz (2003年10月22日)
ロープブレーク, TW200改, IN4MATION2018年09月25日[投票(3)]
★4 凶気の桜(2002/日)
日本人という誇りを [review]
Sungoo (2005年04月07日)
ロープブレーク2018年09月25日[投票(1)]
★2 凶気の桜(2002/日)
同世代の男たちよりも広い世界を知っていると勘違いし、実は非常に狭い世界で生きている男たちの、ちょっと可愛そうなお話。 [review]
づん (2004年01月22日)
ロープブレーク, 白羽の矢, Sungoo2018年09月25日[投票(3)]
★2 タイタンの戦い(2010/米)
主人公がかっこよくないんですよね。ストーリーにおいてもアクションにおいても。
Tony-x (2010年05月05日)
氷野晴郎2018年09月25日[投票(1)]
★4 恋の秋(1998/仏)
うまい。そしてそれをひけらかさない。40歳を超えたいい年をした大人の恋愛をとても軽やかにかつさらりとした味わいに仕上げた。文学臭のするセリフが浮き上がらず、違和感なく日常性に溶け込む技を保持する者は、後にも先にもエリック・ロメールただ一人。
ジェリー (2018年09月24日)
けにろん2018年09月25日[投票(1)]
★3 SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018/日)
おとなしめの篠原涼子、イケてない広瀬すずが新鮮。 [review]
なつめ (2018年09月24日)
けにろん2018年09月25日[投票(1)]
★4 恋の秋(1998/仏)
歳とってエロさは減退?した感があるものの頭の方は冴えわたってるって感じですね。映画撮ったり脚本書いたりするのが楽しくてしょうがないんでしょう、このおじいちゃんは。
kaki (2002年01月13日)
ジェリー2018年09月24日[投票(1)]
★4 SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018/日)
“感動”の安易な再生産に見えながら、出しゃばらず狂言回しに徹した篠原涼子の善良ぶりと、オーバーアクトでケレンに徹する広瀬すずのウブという時空を超えた奈美の「生真面目」軸が、客観的で冷静な視点となり過剰な“感動”のぜい肉を上手く削いでいる。 [review]
ぽんしゅう (2018年09月24日)
ナム太郎, けにろん, DSCH2018年09月24日[投票(3)]
★3 ディストラクション・ベイビーズ(2016/日)
オープニングは港の入り江。村上虹郎。対岸にいるその兄の柳楽優弥が喧嘩をしている。この超ロングショットで始まる冒頭はいい。こゝから続く序盤の意味不明で問答無用の喧嘩、というか殴り合いを繰り返す部分は面白い。映画の中の出来事に、理由なんか全く不要であることの良さが溢れる。 [review]
ゑぎ (2018年09月23日)
ナム太郎, けにろん2018年09月24日[投票(2)]
★5 寝ても覚めても(2018/日)
日本映画久々の怪作。 構成の素晴らしさと迫力ある演出。モラルと背徳、夢と現実を対等に見せつけられて狼狽える。別題「何で人と人ってうまくいけへんのやろなぁ」もしくは「朝子なにしてんの!」 [review]
pinkmoon (2018年09月09日)
なつめ, ペペロンチーノ, セント, ぽんしゅうほか6 名2018年09月24日[投票(6)]