コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ペンクロフ

新規ユーザー招待希望の方はメールください/現在、シネスケの招待機能が壊れているので、メールをいただいても招待できません。機能回復まで待っていただくことになります
e-mailpencroft1972@gmail.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
4260コメント1845

Comments

最近のコメント 10
★4フランケンシュタインの花嫁(1935/米)「人間」という存在への示唆に富む、盲目の老人との交流。ジェームズ・ホエールの二作は徹底して神と人間についての物語だ。メフィストフェレスまで出てくる。[投票]
★5フランケンシュタイン(1931/米)「高所で命を得る怪物」「水面に浮かぶ花」「水に沈む少女」「水平に運ばれる少女の亡骸」「高所へ逃げる怪物」 映像で示される高低の設計。世界の頂上で鏡あわせに向かい合う、博士と怪物、造物主と被造物、神と人間。美しい。[投票(2)]
★2さよならの朝に約束の花をかざろう(2018/日)絵はキャワイイのにキャラクターに魅力がなく、何ひとつピンとこない。作り手の男の性欲への嫌悪、倍賞千恵子的な踏みにじられてもおとなしく耐え忍ぶ女萌え、西洋中世ファンタジーへのぼんやりした憧れは見受けられたが… 甚だ気に入らぬ。[投票]
★2DEVILMAN crybaby(2018/日)原作デビルマンを生涯忘れない人間向けのアニメではなく、外国のNetflixユーザーにウケればそれでいいのであって、その意味では成功なのだろう。オレとしては甚だ面白くない。[投票]
★4人類創世(1981/カナダ=仏)描くポイントを絞りに絞った『2001年宇宙の旅』の「人類の夜明け」が神話の断面なら、今作は艶笑フランス講談。ただ細部のリアリティは『2001年』に引けをとらない。 [review][投票]
★3俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!(2012/米)ダン・エイクロイドの出演は『大逆転』への敬意ゆえか。ウィル・フェレルはいつ見ても最高。[投票]
★2打ち上げ花火、下からみるか?横からみるか?(1993/日)こういう連中がイヤで苛々していたガキの頃を思い出す。[投票]
★3PK ピーケイ(2014/インド)正面から宗教に切り込む脚本は素晴らしいが、やや冗長。国宝級役者アーミル・カーン、眺めるだけでも眼福。[投票]
★3デ・パルマ(2015/米)デ・パルマのような作家作家した作家でも、我々の想像以上に興行の成否を気にしているのが印象的だった。比較的凡作と思われる『ミッション・インポッシブル』でも「あれは売れたねえ」とニコニコ。そうだよな嬉しいよな。[投票]
★3インターンシップ(2013/米)Google協力のGoogle提灯映画で、Googleへの就職イコール意義ある人生の実現みたいに描かれている。実際そうなのかもしれんしオレもGoogleのサービスには世話になってるが、映画としてはちょっと筋が悪いんだよな。[投票]