コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ペンクロフ

2022年ベストは 『牛久
e-mailpencroft1972@gmail.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
4707コメント2272
あらすじ1

Comments

最近のコメント 10
★3ハワイ・マレー沖海戦(1942/日)特撮も勿論凄いのだが、本物の予科練の訓練風景が凄い。戦後にこれは撮れない。 [review][投票]
★4原爆の子(1952/日)原爆投下からたった7年、瓦礫とスラムの残る広島ロケはほとんどドキュメンタリーで圧倒される。終戦後に素早く生活を立て直せた者と、ピカ喰らって苦しみ続ける極貧の者とが市井に混在した時代。 [review][投票(1)]
★4リコリス・ピザ(2021/米)恋する若者は走る。怠惰なオレの代わりに若者が走ってくれてんだ、人生の断面を生きてみせてんだ、と思うと泣いちゃうんだよな。 [review][投票(2)]
★3トップガン(1986/米)「3機、撃墜!」とか思いっきりマクロス。トニー・スコット、『愛・おぼえていますか』観てたのかな。実際、2年早いマクロス劇場版の方がビンビンに先を行ってる。クローディアをホワイトウォッシュするとメグ・ライアンになる。[投票(1)]
★1優駿 ORACION(1988/日)バブル時代のクソフジテレビ映画で、競馬への無理解、解像度の低さ、敬意のなさは絶望的。すべて気に喰わぬウンコ映画。 [review][投票]
★3恋は光(2022/日)わたくし大学に行かなかったもので、恋という概念を弄びながら(と見える)当たり前のようにいい店で飲み食いする大学生たちを見てまず思うのは「いい気なもんだぜ」「ただのカカシですな」「来いよベネット! 銃なんか捨ててかかってこい!」というあたり。 [review][投票(1)]
★3喜劇 競馬必勝法(1967/日)1967年の大井競馬場が眼福。馬連なし、マークシートなし、電光掲示板なし。みんな若い! [review][投票]
★3愛の亡霊(1978/日=仏)何するわけでもなくただ居る亡霊が、たいへん感じが出ている。そうなんですよホントの亡霊ってこうなんですよ(ホントの亡霊って何だ)。[投票(1)]
★3PLAN 75(2022/日=仏=フィリピン=カタール)着想はいいのだが、全然踏み込んでない。ダサくなることを恐れて「映画の声が小さい」。もう少し勇気を見せてほしい。 [review][投票]
★3メタモルフォーゼの縁側(2022/日)原作は読んでて、素晴らしい。主演の2人も素晴らしい。それでもやっぱり映画化って難しいんだよな。 [review][投票]