コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (9/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 幸福の設計(1947/仏)
他愛無い掌話なのだが、数多の後景を圧縮した厚みのなかを物語が疾走する。職場・隣人・行きつけパブなどの人物群が幾何学模様のタペストリーのように錯綜する。そんななか浮かび上がるのは窮地のときこそ愛は試されるの理なのだ。いい奥さんで良かったっす。
けにろん (2020年01月25日)
ぽんしゅう, ゑぎ, 寒山拾得2021年01月07日[投票(3)]
★5 幸福の設計(1947/仏)
夫がダメっぽい奴なのがいい。嫉妬深い、すぐ癇癪起こす、おっちょこちょいという卑小なキャラクターなんだが、彼がそんなだからこそ宝くじをめぐって一喜一憂する展開が面白くなっている。ラストも鮮やかで気持ちいい傑作コメディ。 [review]
太陽と戦慄 (2020年02月01日)
ぽんしゅう, ゑぎ, けにろん2021年01月07日[投票(3)]
★5 幸福の設計(1947/仏)
掛け値なしの傑作。なんと豊かな運動の映画。特に前半と終盤が恐るべき運動量だ。画面の縦横に様々な人物が入り込み、画面内で動き回る、その量も速度も全く常軌を逸している。 [review]
ゑぎ (2017年02月09日)
ぽんしゅう, けにろん, 動物園のクマ, 袋のうさぎほか5 名2021年01月07日[投票(5)]
★3 ホモ・サピエンスの涙(2019/スウェーデン=独=ノルウェー)
退屈の核心は筋やアクションの不在というより被写体の魅力の欠落にある。どやつもこやつも血色が悪すぎて不気味だ。このメイキャップはゾンビに施される類のそれである。舞台が冥界と解するならば原題「果てしなさについて」も腑に落ち、死者は生前と変わらぬ営みを続けるという死生観が立ち現れてくる。
3819695 (2021年01月07日)
赤い戦車, けにろん2021年01月07日[投票(2)]
★3 ゆれる人魚(2015/ポーランド)
ナイトクラブの絢爛だが薄っぺらい虚飾性と、人魚姉妹の生々しい肢体造形が“見世物小屋”的好奇心をそそり、ミュージカル、ホラー、ファンタジーとして舌足らずなのに最後まで飽きさせない。おおよそ洗練にはほど遠いが、垢抜けない猥雑さに捨てがたい魅力あり。
ぽんしゅう (2018年03月17日)
t3b2021年01月07日[投票(1)]
★3 ホモ・サピエンスの涙(2019/スウェーデン=独=ノルウェー)
前作『愛おしき隣人』までは多少残っていた物語性はほぼ消滅してしまった。銀鼠(というか青みがかった銀灰色)に統一された背景のなかに描かれるのは、みな大なり小なり“問題を抱えた者”たちだ。ほんの少し、可笑しみより悲しみが増したようにみえる無彩色だ。
ぽんしゅう (2020年12月10日)
38196952021年01月07日[投票(1)]
★3 ホモ・サピエンスの涙(2019/スウェーデン=独=ノルウェー)
全編に亘って、基本、起立した人間の目線位置の固定ショットだが、ワンカットだけ例外のカットがある。 [review]
ゑぎ (2020年12月10日)
3819695, けにろん2021年01月07日[投票(2)]
★4 ホモ・サピエンスの涙(2019/スウェーデン=独=ノルウェー)
オチないオフビート小咄の連鎖がところにより連関する隙間から殺戮の近代史の地獄絵図が立ち登る。概ね懊悩する人の話だがバカ陽気な挿話が意表を突いて現れる。土台人の悩みなんて傍から見りゃその程度。来るべき終末には為す術もない。凄まじいペシミズム。
けにろん (2020年12月10日)
3819695, ゑぎ, ぽんしゅう2021年01月07日[投票(3)]
★4 1987、ある闘いの真実(2017/韓国)
韓国人にとって一連の民主化運動の記憶はまだまだ鮮明であり、未だその決着は着いていないという事なのだろうとは思う。その迫力に圧される。ココには細部まで1987年が活写されてる。だが、映画が政治主張の実効的なツールとなり過ぎては美しくない。などと抵抗してみる。しかし、それはすぐに生活の実感すら排除したコントばかりが跋扈する足元を覗かせる鏡となった。悩ましい。
pori (2021年01月06日)
寒山拾得2021年01月07日[投票(1)]
★3 劇場版パタリロ!(2019/日)
目の前にパタリロがいる。これだけで充分。 [review]
甘崎庵 (2021年01月05日)
プロキオン142021年01月07日[投票(1)]
★5 沈黙 -サイレンス-(2016/米)
禁忌 [review]
週一本 (2017年02月06日)
プロキオン14, IN4MATION, 3819695, 水那岐2021年01月06日[投票(4)]
★2 テープ(2001/米)
ごめんなさい。あまりの退屈さに最初の15分で寝てしまいました・・・。
_ (2004年08月06日)
Madoka2021年01月06日[投票(1)]
★3 私をくいとめて(2020/日)
大滝詠一が最強だった。 [review]
ぱーこ (2020年12月31日)
けにろん, シーチキン2021年01月06日[投票(2)]
★2 ともしび(2017/仏=伊=ベルギー)
圧倒的な情報不足。シャーロット・ランプリングの顔を見るためだけの映画だとしてもだ。 [review]
ペペロンチーノ (2019年02月17日)
jollyjoker, プロキオン14, セント2021年01月06日[投票(3)]
★3 ともしび(2017/仏=伊=ベルギー)
ランプリング四文字劇場・第3幕「ともしび」 [review]
プロキオン14 (2019年02月14日)
jollyjoker, セント2021年01月06日[投票(2)]
★4 小早川家の秋(1961/日)
鴈治郎キャビアを喰らふ。小津の自己投影が見え隠れする作品。 [review]
ペペロンチーノ (2021年01月05日)
ぽんしゅう, けにろん, セント2021年01月06日[投票(3)]
★3 悲愁物語(1977/日)
ゴルフ場での原田芳雄岡田真澄のシーンの出鱈目さや、江波杏子のファンからストーカーへ変転するキャラ造型の過剰さ、或いは野呂圭介の意味不明な扱いなど、清順らしい普通じゃない演出も面白い。 [review]
ゑぎ (2021年01月05日)
ぽんしゅう2021年01月06日[投票(1)]
★4 サクラダリセット 後篇(2017/日)
敵役ミッチーの登場で、自然派演技の若手陣と、舞台演技の平、昭和特撮演技の脇役陣との間にパスが通った。おかげで、相変わらず不自然な台詞にもかかわらず、脚本の創る世界観には入り込めた。青春時間もの謎解きミステリー作品として、後篇でようやく離陸した。 [review]
ロープブレーク (2020年09月28日)
死ぬまでシネマ2021年01月06日[投票(1)]
★4 TENET テネット(2020/米)
理屈好き人間による理屈好き人間のための映画。こりゃ [review]
おーい粗茶 (2020年09月22日)
死ぬまでシネマ, けにろん, DSCH, プロキオン142021年01月06日[投票(4)]
★4 沈黙 -サイレンス-(2016/米)
原作読んでなかったら普通だったかも知れない。何の情報もなく観たらスコセッシ映画って分からないだろうなってくらい堅実な作りでした(ローリングストーンズ使えないし…)。クリスチャンでない私ははよ踏んでしまえよと思うのだが、その価値観のズレこそがテーマなんでしょうね。 86/100 [review]
たろ (2021年01月06日)
けにろん2021年01月06日[投票(1)]