コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (3/20)

コメント推薦者最新投票日
★3 Fukushima50(2019/日)
当時、家族分のヘルメットを袂に置き、毎晩原発震災関連のニュースを見ながらちっこいソファでいつの間にか寝落ちしてた自分、、、。その間、あの現場で職員達は決死の奮闘をしていた。幸運も重なり5000万人退避の大惨事は免れた、、、 [review]
クワドラAS (2020年03月07日)
たろ, けにろん, ぽんしゅう, jollyjokerほか5 名2020年11月28日[投票(5)]
★3 運び屋(2018/米)
90歳の痩せがまん。爺さんの最後の選択は、歩んできた人生の反省や家族への罪滅ぼしなどでは決してない。だって性懲りもなく、まだ花に水やってるんだもの。これぞ、私たちが長年憧れてきたイーストウッドのダンディズム(自己満足)のススメだったじゃないですか。 [review]
ぽんしゅう (2020年11月17日)
KEI, t3b, , 緑雨ほか7 名2020年11月28日[投票(7)]
★5 ロック・ユー!(2001/米)
階級差を軽々と越境していく展開が調子よすぎて衒いなく爽やかで気持ちいい。チョーサーの造形を初め混濁する虚実は大観衆のクイーン熱唱に至って周回してピタリ収まる。脇の脇に至るまで書き込まれた役が全て味があるし転戦していく各競技場の美術は見物だ。
けにろん (2020年11月28日)
水那岐2020年11月28日[投票(1)]
★2 ホース・ソルジャー(2018/米)
実録ものとはいえアフガニスタンに介入を続ける米軍を英雄視する娯楽映画を、どんな顔で見ればいいのかオレはもうわからなくなってしまった。これなら自分は『ランボー3 怒りのアフガン』観てる方がいい。 [review]
ペンクロフ (2020年11月27日)
寒山拾得2020年11月28日[投票(1)]
★3 アップグレード(2018/米)
寄生、義体化やネットとの融合、新生命体、仮想現実と現実の融解というテーマ上でまさしくけにろんさんご指摘の『寄生獣』であり『GHOST IN THE SHELL』なのだが、人間性や実存への執拗なこだわりこそが熱さを生むのに、それが薄くてイマイチつまらぬなと思っていたら人間性の駆逐こそが肝だったというつまらなさというか面白さというか。 [review]
DSCH (2020年11月27日)
けにろん2020年11月28日[投票(1)]
★1 ばるぼら(2019/日=独=英)
リンゴ齧っちゃうとか、いつの時代感覚なんだろう?というか、いまこれを映画化する意味って何だろう? [review]
ペペロンチーノ (2020年11月27日)
水那岐2020年11月27日[投票(1)]
★3 アップグレード(2018/米)
ミスリードを誘う為の枝葉が本筋に整合しない甘さもあるが、『寄生獣』めいたAIとの共棲関係と暴走するゴアな殺戮が操りロボめいた体技と相まり剣呑。走りの描写が『鉄男』みたいな身体固定カメラで人に非ずを表するを含めジャパネスクへの傾倒が伺える。
けにろん (2019年11月07日)
DSCH2020年11月27日[投票(1)]
★3 アップグレード(2018/米)
個人的にドラえもんが浮かんで延々離れずだったのは主人公がのび太に見えたからだと思うが、生き様が感じられない模様はぜんぶ計算づくのシナリオ映画。シンギュラリティに対するテーゼもラストのカットバックで成就も、なんか愛せない。未来カー、格好悪すぎない?(難癖)
kiona (2020年08月13日)
DSCH2020年11月27日[投票(1)]
★3 死霊館(2013/米)
のっけから霊媒夫婦を登場させ、被害者一家と並置して物語を展開することにより、冷めた客観性を獲得している。70年代を再現する意匠の数々も慎み深く、又一家の子供が5人姉妹というのがミソで、皆可愛いく見てて飽きない。ただ、変異の内容は新味が無い。
けにろん (2013年10月26日)
t3b, jollyjoker, MSRkb2020年11月26日[投票(3)]
★2 Red(2020/日)
例えば人肉食礼賛のために創られた宣伝映画があれば、それを発禁にすべきだ、と自分は拳を振り上げる気はない。そんなフィルムの影響力など知れたものだからだ。だが、この映画の結論をカッコいいものと認め、女性解放の旗印と納得してしまう人間はけっこういそうな気がする。訴えたい気持ちはないが、こんな作為的な扇動行為はないと言って回りたい気持ちには駆られる。 [review]
水那岐 (2020年03月10日)
IN4MATION, がちお, けにろん2020年11月25日[投票(3)]
★3 空に住む(2020/日)
タイトルの「空」とは空(から)っぽ、空疎のことのようだ。高層マンションの外観をはじめ“風景”は、ほとんど描かれず視線は常に人と人の関係に向けられる。その人物たちに魅力がない分けではないが何故か話が深まらないのは、やはり主人公が空っぽだからだろうか。 [review]
ぽんしゅう (2020年11月26日)
ふくふく2020年11月25日[投票(1)]
★5 運び屋(2018/米)
ジジイには花を持たせよ。 [review]
ロープブレーク (2019年11月22日)
KEI, ぽんしゅう, けにろん2020年11月25日[投票(3)]
★3 運び屋(2018/米)
一周まわって「男たれ!」と。 [review]
おーい粗茶 (2019年03月18日)
KEI, , 動物園のクマ, もがみがわほか7 名2020年11月25日[投票(7)]
★5 ピンク・フラミンゴ(1972/米)
抑圧された者の純粋なパワーが×××や×××と共に爆発。世の中を縛り付ける着飾った物、偽善、常識をぶち壊してくれる快感。 [review]
新人王赤星 (2004年08月06日)
けにろん, Bunge2020年11月25日[投票(2)]
★5 ピンク・フラミンゴ(1972/米)
悪趣味って何だろう。と思った紳士淑女の貴方!非常にお手本になるおすすめの映画がございますのよ。それがこの「ピンク・フラミンゴ」!是非一度お試しあれ! [review]
半熟たまこ (2002年08月31日)
けにろん, tkcrows2020年11月25日[投票(2)]
★4 脱走山脈(1968/米)
主人公ブルックスと、パッキーの何度も何度も再会する腐れ縁。ご老公と風車の弥七の関係みたい。
黒魔羅 (2001年05月21日)
けにろん2020年11月25日[投票(1)]
★3 ダーティ・メリー クレイジー・ラリー(1974/米)
こりゃ驚いた。唐突なぶっつりには驚いた。そしてなぜかこちらがどこかでそれをほぼ完全に予想し期待して待っていたことにも気付いてまた更に驚いた。
mal (2002年07月15日)
けにろん2020年11月25日[投票(1)]
★3 真夜中の招待状(1981/日)
70年代のミステリーに別れを告げ、小林ひとみ、あっいや麻美を主演に据えた80’な新感覚ミステリーという気がしないでもないが、落ち着く所は妙に古臭い。しかも「真夜中の招待状」って全然招待してないんだからタイトルは原作通りの方がしっくりくるよ。ラストに於ける小林麻美の心境の変化もイマイチ納得出来ないな。
クワドラAS (2007年01月26日)
けにろん2020年11月25日[投票(1)]
★4 真夜中の招待状(1981/日)
野村芳太郎の緻密で手慣れた演出で、かなり楽しませてくれる。北林谷栄が笑えるし(楠田枝里子みたいなヅラ着用)、高橋悦史米倉斎加年藤田まことはさすが。意味深なラストは、同監督の『疑惑』に通ずる。小林麻美はこれだけ顔長くて、輪郭も少し曲がってるのに、目鼻立ちは恐ろしく綺麗なのが凄い。['05.11.9DVD]
直人 (2005年11月10日)
けにろん2020年11月25日[投票(1)]
★3 蘇える金狼(1998/日)
惜しいなあ、と思う。 [review]
chokobo (2002年04月02日)
けにろん2020年11月25日[投票(1)]