コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ぽんしゅう

★参加者募集★現在、招待システムに不具合が生じているようなので回復するまでお待ちください。
e-mailponsyuza@yahoo.co.jp
URLhttp://blog.goo.ne.jp/ponsyuza/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
6303コメント6629
119あらすじ7
326POV108

Comments

最近のコメント 10
★5アメリカ アメリカ(1963/米)エリア・カザンにとって、どうしても撮らなければならない渾身の一本だったのだろう。そんな気迫がモノクロ画面の力強さから伝わってくる。誇り、希望、平穏、繁栄。人が新天地を目指す(せざるを得ない)“世界の事情”は、120年前も今もそう変わっていない。 [投票]
★4太陽は光り輝く(1953/米)馬の蹄と車輪が土を踏む音だけが粛々と響く。美しく力強い葬送シーンだ。飲んだくれ判事のだらしなさと、南軍退役軍人の頑なさを皮肉りながら、空疎になりがちな「進歩思想の本質」を理屈で語るのではなく“画”の強度で見せきってしまう見事なクライマックスだ。[投票]
★4ジュリアス・シーザー(1953/米)モノクロ/スタンダードに納められた巨大セットの密度と縦横自在のカメラ、役者の個性、群衆の熱気の凝縮度が、60年代のカラー/シネスコ・スペクタル史劇の空疎を嗤う。「説く」ことと「導く」こと、「「正す」ことと「勝つ」ことの本質を見せつけられる恐ろしさ。 [投票(1)]
★3夕陽の群盗(1972/米)宗教的信念に基づいた徴兵拒否が、手段から目的になったとき、生きる糧を得るすべは神の力から仲間と金品に変わるという必然。林の中のグダグダな銃撃戦に『股旅』(73)の刺したり突いたりの素人大刀まわりを思い起こす。価値の混乱とアンチ型式美は時代の空気。[投票(1)]
★4ガンマン大連合(1970/伊=スペイン=独)無駄なカットや余計な間もなく、どんどん話しが転がり理屈抜きで面白い。とはいっても底流には理想主義と同志賛歌がしっかり流れ、終盤のクライマックスで、その核心を革命、暴力、理想、同志、拝金の目まぐるしい攻防というアクションで見せきるエンタメ魂は見事。[投票]
★4襲われた幌馬車(1956/米)冒頭いきなりの銃撃戦で有無を言わさず、悪人面のウィドマークの正体は不明のまま物語に引き込んで、悪と善の間を行きつ戻りつサバイバル話しとして興味をつなぎ、お決まりながら最後に180度反転してみせる脚本が上手い。青空が目に沁みるカラー撮影も印象深い。 [投票]
★4パンク侍、斬られて候(2018/日)トヨエツの大人の論理のどす黒さは『空飛ぶタイヤ』の比ではなく、染谷のテンパリは“ゆとり”のリアルを悲しく代弁し、北川の「腹ふり」は彼女史上最も可愛い。何よりも、孤独なバカはバカとして解放し、群れるバカをちゃんとバカたど言い切る真摯さが素晴らしい。 [review][投票(2)]
★4女と男の観覧車(2017/米)ブリキ玩具のような毒キノコ色のコニーアイランド。どす黒いオレンジ色に染まる女の部屋。窓外には観覧車が血を滴らせた骸骨のような姿をさらす。いつしか女を包む希望もどきの青ざめた光も生気なく虚ろだ。女は自分の閉塞と願望の振れ幅の極端さに気づいていない。 [review][投票(4)]
★4刑事ジョン・ブック 目撃者(1985/米)猥雑でサスペンスフルな都会(フィラデルフィア)の殺人の顛末と、無菌の里のようなアーミッシュの村(ペンシルベニア)の牧歌的日常のギャップは、まるでタイムスリップもの。刑事による未知の目撃(Witness)こそが隠れた主題だろうに、この邦題のミスリードは罪。 [投票]
★3焼肉ドラゴン(2018/日)同じ阪神間が舞台の姉妹物語『細雪』が頭をよぎっていた。時代や生活背景は違えども距離は僅か10数キロ。芦屋の山の手の名家と、伊丹の河原ぎわの朝鮮部落。見えない制度や身分の枷の下、家のしがらみや行く末に悩み、恋慕に迷うこの三姉妹も“自立”に揺れる。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4太陽は光り輝く(1953/米)南北戦争が終り40年たったケンタッキーのある町。判事のプリースト(チャールズ・ウィニンジャー)は、元南軍のラッパ手で親友のレイク医師(ラッセル・シンプソン)らが集う退役軍人会の世話役を務めていた。酒好きで南部気質が抜けないプリーストだが、住人からの信頼は厚かった。ところが、今回の判事選挙ではプリーストの古い体質を批判する対立候補があらわれ苦戦をしいられていた。さらに町に舞い戻った名家の息子アシュビー(ジョン・ラッセル)やレイク医師の養女リー(アーリーン・ウィラン)の出自をめぐるトラブルが起きてしまう。ユーモアを交え人道を問うジョン・フォードの人情劇。(モノクロ/スタンダード/90分)[投票(1)]
★4パンク侍、斬られて候(2018/日)黒和藩の仕官を狙って、自称超人的剣客の浪人・掛十之進(綾野剛)は、筆頭家老の内藤(豊岡悦司)に、藩はやがて人心を乱すカルト宗教集団「腹ふり党」の侵入で滅ぼされてしまうだろうと警告する。ところが次席家老の大浦(國村隼)との権力闘争に巻き込まれ自らがまいた種のため散々な目に合うのだった。テンパリぎみの家臣(染谷将太)、孤高の刺客(村上淳)、緻密なプロ密偵(渋川清彦)、腹ふり党の元幹部(浅野忠信)、謎の美女党員(北川景子)、超サル率いる猿軍団が入り乱れる奇怪だけど本音な時代劇。パンクロッカーにして芥川賞作家町田康の原作を宮藤官九郎が脚色、元祖パンク監督石井岳龍が映画化。(131分)[投票]
★4女と男の観覧車(2017/米)1950年代。NYのコニーアイランドの海水浴場。劇作家志望の大学生で監視員のバイトをしていたミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)が、ひと夏の物語を語り始めた。舞台女優の夢破れジニー(ケイト・ウィンスレット)は小学生の息子を連れて再婚し、今はしがないウェイトレス。同じく再婚の夫ハンプティ(ジム・ベルーシ)は、人は良いが武骨な遊園地の回転木馬の操作係だ。名物の大観覧車が見える一家が暮らす家に、ギャングと駆け落ちして絶縁されていたハンプティの娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が訪ねて来た。何と彼女、夫に命を狙われいるという。同じところを回るだけの観覧車のような人生のお話しだ。(109分) [投票]
★430年後の同窓会(2017/米)2003年。しがないバーを営む酒浸りの独身男サル(ブライアン・クランストン)の店にベトナム従軍時代の戦友ドク(スティーヴ・カレル)がひょっこり現れた。さらにドクはサルを誘い、牧師になった黒人兵のミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)のもとを訪ねる。そこでドクは、イラクで戦死した一人息子の遺体の引き取りと埋葬に立ち会って欲しいと2人に頼むのだった。1年前にも妻に先立たれ孤独のどん底にいるドグ。理不尽な体験から軍の権威主義を嫌うサル。女好きで暴れん坊だったが、今は神の教えを説き良識に生きるミューラー。30年の時が生んだ溝を互いに感じつつも3人の小旅行は後悔と笑いと輝きに包まれるのだった。(125分)[投票]
★5それから(2017/韓国)小さな出版社の社長で文芸評論家のボンワン(クォン・ヘヒョ)は、妻(チョ・ユニ)から浮気を疑われていた。そんなボンワン社長の会社に職を得た小説家志望の若い女性アルム(キム・ミニ)が初出勤してきた。一気に距離を縮めようとする社長に、少し戸惑を覚えるアルム。その日の午後、浮気の証拠をつかんで乗り込んできた社長の妻に、彼女は愛人と間違われいきなり殴られてしまった。その夜、お詫びのために社長がアルムを誘った酒席に、元社員で本当の不倫相手のチャンスク(キム・セビョク)が現れる。それから・・・・。夏目漱石の代表作に題名を借りたポン・サンス監督、脚本のダメ男の不倫ドラマ。(モノクロ/91分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
ギター弾きの仕事 追悼、井上堯之[投票(6)]
ザ・スパイダースのギタリストで作曲家の井上堯之さんが2018年5月2日に亡くなられたそうです。享年77。□出演作(A) □音楽・・70年代(B)、80年代(C)、90年代(D) □再び出演‐2000年以降(E)
私は中川梨絵のファンである[投票(5)]
2016年6月15日。女優の中川梨絵さんが逝去されました。享年67。肺がんだったそうです。・・・・1967年に東宝から成瀬巳喜男作品(中川さかゆ名)でデビュー。その後、日活に移籍してブレイク。70年代前半のロマンポルノを代表する女優のひとりとなります。74年からフリーとなり黒木和雄実相寺昭雄相米慎二池田敏春森崎東ら個性的な作家の作品で存在感ある脇役として活躍されました。なかでも『竜馬暗殺』(74)のモノクローム画面のなかの憂いを湛えた瞳が印象的な遊女や、『歌麿・夢と知りせば』(77)の艶やかな花魁道中姿は忘れることができません。また、このころ唯一のレコード曲「踊りましょうよ」を発表。そのデカダンスな香り漂う甘い歌声に魅了されました。当時、深夜ラジオからラジカセで録音し、擦り切れるまで聴いたカセットテープは私の宝でした。・・・・その後、縁あって2000年以降、私は悪友らと梨絵さんが新宿・四谷で営んでおられた居酒屋に客として伺うようになりました。酔いにまかせた我々の勝手な映画酔談に合わせて、名監督たちのとの想い出や、新作(―こまめにご覧になっていました―)への忌憚ない感想で、その場を楽しく盛り上げてくださいました。にもかかわらず、お店の移転にともない伺う機会を失してしまい、近年は不義理を重ねておりました。・・・・そして、昨日の早すぎる訃報。あちらの世界にも映画界があるのなら、先に逝った方々が梨絵さんの来訪を待ちきれなかったのでしょう。そうとでも思わなければやりきれません。
脚本家・新藤兼人[投票(6)]
そうそう、これも新藤兼人だったよね。
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄[投票(11)]
長髪にレイバン、ジーンズ姿。そんなヤクザ、見たことなかった。60年代から70年代へ、大きな転換期を迎えた日本社会が連続性を喪失したのと呼応するかのように、原田芳雄は今までのアウトロー像をひっくり返し登場し、斜陽にあえぐ日本映画界のなかを型破りなエネルギーを発散させながら80年代まで一気に突き進む。しかし、壮年期を迎えた90年代、原田的アウトローは主役の座から退き、どこか居心地悪そうに映画のなかの片隅にいた。しかたあるまい。隆盛から破綻へと向かうバブル騒動のなか、社会に飼い慣らされた中年男はみな従順な羊になり下がり、男盛りの原田が演じるに値する年相応のアウトローなど日本のどこにも居なかったのだがら。そして、最後の10年。ライバル刑事に同情されるアル中の初老のスリ。娘の恋に業を煮やして現れる幽霊。妻の積年の思いに絶句する老医師。商店街の復活を画策する引退した老店主。晩年の原田はエネルギーの燃え残りを燻らせながら、社会や制度からはみ出したじろぐ老人役がよく似合った。日本映画界、不世出のアウトローであった。 ■ニュー・アウトロー時代(A:1968〜74 B:75〜79 C:80〜84)  ■彷徨えるアウトロー時代(D:85〜89 E:90〜94 F:95〜99)  ■翳を引きずるアウトロー時代(G:2000〜04 H:05〜11)
ディア・ドクター[投票(4)]
A・・村や町のお医者  B・・病院の先生  C・・女医さん  D・・もうすぐ引退  E・・新米・駆け出し  F・・あぶない先生   G・・歯医者・獣医