コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

3819695

カラスって、よく見ると意外にかわいい
e-mailm3819695@hotmail.co.jp
[参加掲示板] [招待者: 林田乃丞]
→気に入られた投票気に入った→
3357コメント3258

Comments

最近のコメント 10
★3レディ・プレイヤー1(2018/米)ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が俳優部の恐るべき充実によってスピルバーグ・ワークスの首位集団に身を置いた一方、これは際立った被写体の貧弱ぶりでブービーを争う。ベン・メンデルソーンマーク・ライランスサイモン・ペッグは、私が見た限りの出演作で最も退屈な芝居に終始している。 [review][投票(3)]
★4ダウンサイズ(2017/米)「ヒトの身の丈を四寸半に約める」という着想が秘める多様かつ膨大な発展可能性を追求しない按配に、この脚本・演出家の妙技を認めるべきなのだろう。しかし、これはやはりホン・チャウに尽きる。彼女とマット・デイモンのラブストーリーである限りで感動がある。小人の貧民窟も活気があってよい造型だ。[投票]
★4ワンダーストラック(2017/米)キャロル』監督の作としては何とも散漫な仕上がりだが、子役ひとつを見てもやっぱりアメリカ映画こそ世界一だと得心するには足る。アフロヘアっ子のジェイデン・マイケルがひたすら可愛く、ミリセント・シモンズの仏頂面と破顔の落差にも動揺する。オークス・フェグリーくん、あなたは髪を切りなさい。 [review][投票(1)]
★415時17分、パリ行き(2018/米)撮影は『チェンジリング』で幾度目かの頂点を迎えて以降緩み続けており、クリント・イーストウッド作品を徴づけてきたところの演出のストイシズムが衰え始めてからも久しい。が、それでも面白いのだから却って難儀である。取り留めないエセー風の文体ながら語彙選択の妙で語り切ってしまうところがある。 [review][投票(3)]
★4港町(2018/日=米)圧倒的な/に主演女優の映画だ。黒白画面もどこか現ならざる情趣を育むことにかけては有効だが、いかにも「ディジタル撮影・編集の機能としての黒白」な画調は審美的にはペケだろう。撮影者自身の声を排除しない傾向の推進は、ワイズマン教からの自主独立前進と凡俗な取材動画への鈍化との分水嶺にある。[投票]
★3FRANK フランク(2014/英=アイルランド)精神医学的見地にも目を配った『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』シリアス風リメイク。というのはもちろん嘘八百だが、実際共通/類似点もある。鬼面人を驚かす奇抜なコスチューム。真剣かつギャグ的な演奏。音楽的成功を企んだアメリカ合衆国進出。彼の地で見舞われるバンド内トラブル。 [review][投票]
★4祖谷物語 おくのひと(2013/日)これにしてもかつかつの予算を何とか遣り繰りして撮り上げられたに違いないが、この恰幅のよさは貧乏臭い日本映画と一線を画す。ウェブ上で閲覧できる監督のインタヴューを何件か瞥見した限りでは影響源としてその名が挙げられているのを確認できなかったが、黒沢清的不穏が至るところに渦巻いてもいる。 [review][投票(1)]
★4劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス(2014/フィンランド=仏)真顔のままギャグをぶち込むことにかけて、さすがにこのキャラクタたちは年季の入りが違う。その泰然たるギャグ者の風情はムーミン谷の住民でない客演キャラクタにまで波及し、殊にモンガガ侯爵による「私は象しか彫りません」宣言には抱腹を強いられる。その理由不詳の当然ぶりが一級の喜劇の徴である。[投票(1)]
★3西遊記2 妖怪の逆襲(2017/中国=香港)料簡が狭いことを云うようだが、(そう云えば『モンキー・マジック 孫悟空誕生』の牛魔王アーロン・クォックが続篇『西遊記 孫悟空vs白骨夫人』で孫悟空を演じていたのにも呆れたけど)前作『西遊記 はじまりのはじまり』の配役を軒並み替えてしまうというのはどういう料簡なのか。舐めてんのかしら。 [review][投票]
★4ミッドナイト・バス(2017/日)作中人物の過去に重きが置かれた物語でありながら、過去の象徴(山本未來の前姑、小西真奈美の前夫、七瀬公の前職、など)を周到に画面から排除することで、現在形の語りを貫いて長尺を乗り切っている。原田泰造には役者としての徳があり、「質問を許可しない」葵わかなが笑わせるなど小さな美点も多い。[投票(2)]