コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (20/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 日の名残り(1993/英=米)
ストーリーその物を表すように静謐な演出と、淡々とした脚本。こんなにも静かなのに、こんなにも壮絶で濃密なのは演出も然る事ながら、役者の腕による所が大きい。役者が下手だったら、ただダラダラしてるようにしか見えないだろうし。['07.3.9DVD] [review]
直人 (2007年03月10日)
けにろん, ジェリー, りかちゅ, 緑雨2019年01月23日[投票(4)]
★5 日の名残り(1993/英=米)
わたしはわたし。そしてあなたは悲しいほどにあなただった。僕が映画に求めるものの全てはここにはある。絶品。 [review]
町田 (2002年04月05日)
けにろん, ぽんしゅう, Yasu, 紅麗ほか9 名2019年01月23日[投票(9)]
★4 クライマーズ・ハイ(2008/日)
鑑賞後の一言 「NHKドラマ版に及ばず」 [review]
ぐ〜たらだんな (2009年01月04日)
たろ, 死ぬまでシネマ, disjunctive, Orpheusほか11 名2019年01月23日[投票(11)]
★3 三度目の殺人(2017/日)
法廷劇ならぬ面会劇という境地を極めた。ただそこに居るだけでドラマになってしまう広瀬すずの存在感も素晴らしい。 [review]
緑雨 (2019年01月22日)
けにろん, ゑぎ2019年01月23日[投票(2)]
★3 オズの魔法使(1939/米)
ディターレの『真夏の夜の夢』(35)などと比べてもこのバタ臭く残酷を隠さないファンタジー世界は異様。東の魔女が死んだのパレードなど『フリークス』に近似するものがある。 [review]
寒山 (2019年01月23日)
けにろん, ゑぎ2019年01月23日[投票(2)]
★3 あの頃ペニー・レインと(2000/米)
同行取材とは大変なのだなぁというのは解った。☆3.5点。 [review]
死ぬまでシネマ (2019年01月22日)
けにろん2019年01月23日[投票(1)]
★3 コント55号 水前寺清子の大勝負(1970/日)
云ってみればプログラムピクチャーの小品で、水前寺清子のヒット曲「勝負」をからめてこの題名なのだが、プロットとしては大勝負というようなシーンもなく、ゆるーいコメディだ。当時の松竹としても平均的な出来とも思うが、でもこれが安定した仕事ぶりなのだ。 [review]
ゑぎ (2019年01月22日)
水那岐2019年01月23日[投票(1)]
★4 パンク侍、斬られて候(2018/日)
クドカンの脚本って舞台用は毒があるのに映像用はどうしてこうマイルドなんだろう。町田康の文体の持つリズムを映画で表現するのは確かに天才的な技が必要だとは思うけど、放っておくと毒まみれになる石井岳龍町田康の表現力を宮藤官九郎が脚本で必死に止めたって感じが否めない。スポンサーの意向でも働いてるのか? [review]
ロープブレーク (2019年01月20日)
ゑぎ, もがみがわ, ぽんしゅう, けにろん2019年01月23日[投票(4)]
★3 砂の器(1974/日)
橋本忍はこの頃になるともう全然駄目。商業主義との矛盾の中で行き場を無くしたヒューマニズムが芥川也寸志の大袈裟交響曲と合わさって手が付けられない腐臭を発している。『野良犬』〜『天国と地獄』を継承する前半に比べ、音楽成りっ放しの後半は肩が凝って仕方なかった。
町田 (2003年06月08日)
ゑぎ2019年01月22日[投票(1)]
★2 砂の器(1974/日)
あえて言う。 [review]
オノエル (2002年11月28日)
ゑぎ, 草月, Luna-Hiroaki, 町田ほか5 名2019年01月22日[投票(5)]
★4 コント55号 水前寺清子の大勝負(1970/日)
これまでに観た55号ものでは一番良い。萩本坂上の意地の張り合いのエスカレートが、笑えるし泣ける。水前寺の歌がテーマとはなっているが、彼女自身はけしてでしゃばらずそれでいてサービス精神は満点。
水那岐 (2006年08月19日)
ゑぎ, 青山実花2019年01月22日[投票(2)]
★4 三度目の殺人(2017/日)
福山雅治が象に触れる映画。象は消失したり、猫を抱いて象と泳いだりする。我々は本当に象を理解しているか? [review]
ペペロンチーノ (2017年09月19日)
緑雨, NOM, pinkmoon, ゑぎ2019年01月22日[投票(4)]
★3 三度目の殺人(2017/日)
批判を恐れずに言おう。 是枝監督は自ら進化することを放棄したのではないか。 [review]
pinkmoon (2017年09月14日)
緑雨, kirua, jollyjoker, ゑぎほか5 名2019年01月22日[投票(5)]
★3 三度目の殺人(2017/日)
是枝裕和の取り上げる題材も見せ方も非常に興味をそそる。たが、彼はいつも自分の意見を言わない。正解はないとしても、自分の考えはもっと述べてもいいんじゃないかと、毎度思う。 [review]
jollyjoker (2017年09月23日)
緑雨, pinkmoon, 死ぬまでシネマ, 3819695ほか5 名2019年01月22日[投票(5)]
★4 三度目の殺人(2017/日)
力のある映画だ。力のある画面の連続だと思う。これをオリジナルで造型している、ということの価値を認めなければならない。ただ、前半の印象的な科白で、「映画には理解や共感はいらない、友達になるんじゃないんだ」というようなことを福山が満島に云う。 [review]
ゑぎ (2017年09月20日)
緑雨, IN4MATION, ハイタカ, けにろんほか8 名2019年01月22日[投票(8)]
★0 オズの魔法使(1939/米)
受けつけなかった。
たろ (2010年07月03日)
寒山2019年01月22日[投票(1)]
★3 オズの魔法使(1939/米)
芸達者だがトラウマを抱えたおっさん3人衆が少女を庇護しつつの珍道中もので、彼らはその過程で悩みから解放されるが、ドロシーは何かを得るわけではない。その無私性は愛すべきだが啓蒙的な強圧感も若干臭う。オズの国の造形は年月に耐えたか?微妙である。
けにろん (2014年05月21日)
寒山, わっこ, 水那岐2019年01月22日[投票(3)]
★4 オズの魔法使(1939/米)
花畑を走るシーンの躍動感!なんて美しいシーンだ。ジュディ・ガーランドのファンとしては彼女の痛々しい輝きに息が詰まりそうになる。しかし一方で、この映画を支えているのはドロシーでもオズでもなく、決定的にマーガレット・ハミルトン演じる「西の魔女」だと思う。 [review]
ゑぎ (2003年08月15日)
寒山, 牛乳瓶, marina, ナム太郎ほか5 名2019年01月22日[投票(5)]
★2 64-ロクヨン-後編(2016/日)
ドラマ版と比較する必要はないのだが、全然別の物語になっている。映画版は例えるなら大人のお子様ランチ。 [review]
ペペロンチーノ (2016年07月03日)
死ぬまでシネマ, Shrewd Fellow, けにろん, ぽんしゅう2019年01月22日[投票(4)]
★4 64-ロクヨン-前編(2016/日)
NHKのドラマ版も観ちゃったし、まだ前編だから、映画と関係ないこと書きますね(<オイオイ) [review]
ペペロンチーノ (2016年06月05日)
死ぬまでシネマ, IN4MATION, もがみがわ, ぱーこ2019年01月22日[投票(4)]