コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

セント

最近、シュレンドルフ、ポランスキーそしてW・アレンの大御所たち、創作欲が満ち満ちてる。その中でも映画を極めるアレンに拍手!
URLhttp://blog.goo.ne.jp/signnoot
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
3857コメント3393
あらすじ2
1POV4

Comments

最近のコメント 10
★4ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018/英)還って来たビーン。ようこそ。そしてまたあの変なおじさんが、デジタルの世界に背を向け、完全アナログで007張りの活躍を見せる。よくぞ戻ってくれました。 [review][投票]
★4デス・ウィッシュ(2018/米)「狼よさらば」のリメイクらしいが、見ていないのでなかなか楽しめた。 [review][投票]
★4億男(2018/日)生きているとこれがなければ生活できない主体であるオカネ。それを一体全体何者?と突き詰めた作品です。あまりに日常的な対象物なので、こう理論的(?)に提示されると、フムフムそうだなと思えるも、何か騙された感もしないではない。 [review][投票]
★4search/サーチ(2018/米)上映時間のほとんど、映画館の銀幕がパソコンモニターであるという至近性、日常性、さらに指の動きに伴う心理までを、見慣れた画面に収束するやたら人間的な映像群でありました。こういうものは最初にやった者が勝ちです。 [review][投票]
★3運命は踊る(2017/イスラエル=独=仏=スイス)ベネチア映画祭で高評価を得た作品です。確かに実力派の監督作品だと思われるタッチです。 [review][投票(1)]
★4あいあい傘(2018/日)宅間孝行初めての監督作品でしょうか?冒頭からのモノクロの映像といい、アニメの色彩の良さなど導入部が素敵です。 [review][投票]
★3ヴェノム(2018/米)期待してたんだけど、前半の説明調が長いかなあ。こういうところは演出できっちりと見せてくれないと、、。 [review][投票]
★4ビブリア古書堂の事件手帖(2018/日)大のビブリアファンで、初日から気になって鑑賞。結果として原作にほぼ忠実で、その雰囲気をよく伝えている。主役二人の役柄も見ている間に同化してゆき、なかなかのものとほくそ笑む。 [review][投票]
★2音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018/日)期待してなかったんだけど、でもそれほどでもの感想が妥当か。 [review][投票]
★4散り椿(2018/日)思ったよりよく出来ていた。途中説明調になるのが惜しいが、ミステリーじみた妻の遺言など男女の愛を芯に据え、映像美を堪能するとともに、加古隆の音楽も壮麗で十分楽しめた。 [review][投票]

Plots

2 件
★5夏の夜の10時30分(1967/米=仏)夫とその愛人と3人で車でスペインを旅する女。その時、マドリッドで浮気した妻と男を殺害し逃走しているという男のニュースが流れていた。ふと空虚な自分に気付いた女は窓から外を見ると、屋根に潜んでいる男を見つけた。急に女は殺人犯の男の方に向かっている自分に気付くのだった。 女はどうするつもりなのだろう。すごいスコールで街自体が見えなくなっていた、、、、、[投票]
★4離愁(1973/仏=伊)ナチスから逃れるために、すし詰めの列車に乗っていた女と、たまたま居合わせた妻のある男。ふとしたその時だけに芽生えた明日のない愛。 月日はたってつつましい普通の生活をしている男だったが、ナチスの捕われの身となった女が尋問されたとの連絡が入り男は女と再会するが、、、、[投票]

Points of View

2001年のベストテン[投票(1)]