コメンテータ
ランキング
HELP

コメント最新お気に入り投票 (5/20)

コメント推薦者最新投票日
★4 ネバダ・スミス(1966/米)
錚々たる芸達者が集まって時間も金も掛けた作品で、さすがに楽しめる。マーティン・ランドー(同年TV‘スパイ大作戦’が開始)も、ゲスな役を見事にこなしている。インヨー国立森林公園とオーエンズ渓谷の景色は、マックウィーンと同じ位くらい素晴しい。
KEI (2020年09月16日)
ゑぎ2020年09月18日[投票(1)]
★4 暗黒街(1927/米)
無法の闇。酒場の挑発。羽毛の舞い。乱痴気と嫉妬と銃撃。塀の内と外。細部に渡って計算されたアクションは、悪漢ブル(雄牛)の奔放と人なつこさ、弁護士ロールス(品位)の自尊と忠義、情婦フェザース(羽毛)の華やぎと純愛の“危うい均衡”の醸成へと収斂する。 [review]
ぽんしゅう (2020年09月16日)
ゑぎ2020年09月18日[投票(1)]
★4 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014/日)
久しぶりに、ガッツリと「映画しんちゃん」を堪能した。号泣とまではいかなかったけど、ホロっとさせられたし。 [review]
プロキオン14 (2014年05月20日)
水那岐, はしぼそがらす2020年09月18日[投票(2)]
★4 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014/日)
快作TVシリーズ『キルラキル』の中島かずき脚本作とか、『オトナ帝国の逆襲』に比肩し得る名作とかいった風評に期待を膨らませすぎると肩透かしを食らうが、久しぶりに「おとなを涙させる」佳作にできあがっているのは確かだ。 [review]
水那岐 (2014年05月15日)
プロキオン142020年09月18日[投票(1)]
★3 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014/日)
妻の勝利 [review]
はしぼそがらす (2015年04月11日)
プロキオン14, 死ぬまでシネマ2020年09月18日[投票(2)]
★4 ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019/米)
この題材なのに、この主人公のキャラなのに、悪いヤツ、嫌なヤツが一人も出てこない。それは殺人犯においてもだ。主要キャスト(生徒達だけでも12人)が皆、それぞれ強烈に印象に残る。なかなかエライことだと思う。 [review]
ゑぎ (2020年08月30日)
けにろん2020年09月18日[投票(1)]
★4 ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019/米)
他愛もない学園卒業ものと言ってしまえるが、色々な友情や教訓や、誰もが「知らない一面を持っている」ものだと考えさせられる。そして主人公2人がキュートだ。 [review]
プロキオン14 (2020年08月30日)
けにろん2020年09月18日[投票(1)]
★3 スイス・アーミー・マン(2016/スウェーデン=米)
ダニエル・ラドクリフがまさかの死体役。難しい役だと思うけど笑わされるだけのコメディ作品になっていなかったのはよかった。 [review]
deenity (2018年04月16日)
プロキオン14, サイモン642020年09月18日[投票(2)]
★4 ノスタルジア(1983/伊)
圧倒的に美しく、圧倒的に理解不能。 [review]
るぱぱ (2003年10月17日)
irodori2020年09月18日[投票(1)]
★5 ノスタルジア(1983/伊)
坂道を斜めに駆けおりる犬を追いかけて棒っ切れを投げる少女。屋根の上にゆっくり現れるあれは太陽なのか月なのか。これら描写の美しさは国籍を超えて我々の心を鷲掴みにする。映画においては、1+1=1は成就している。 [review]
寒山拾得 (2016年05月11日)
irodori2020年09月18日[投票(1)]
★4 ノスタルジア(1983/伊)
酷く退屈な日常と、酷く退屈な非日常。 [review]
ロボトミー (2003年11月05日)
irodori, ミドリ公園, 鵜 白 舞, ina2020年09月18日[投票(4)]
★5 ノスタルジア(1983/伊)
ちっぽけな存在、孤独な営み。その内的世界に共鳴するかのように、色づく世界の美しさ。タルコフスキー映画の印象に残る風景には、必ず誰かが一人でポツンと佇む。 [review]
くたー (2001年10月17日)
irodori, スパルタのキツネ, ペペロンチーノ, セントほか5 名2020年09月18日[投票(5)]
★4 ノスタルジア(1983/伊)
郷愁/信仰、故郷/神、帰郷/死。 [review]
(2003年03月02日)
irodori, ぽんしゅう, コマネチ, uyoほか5 名2020年09月18日[投票(5)]
★3 シャイニング(1980/英)
このホラー映画の致命的なところは・・・ [review]
AONI (2020年06月27日)
ふっちゃん, ロープブレーク, Myurakz, G31ほか10 名2020年09月17日[投票(10)]
★5 おっぱいバレー(2009/日)
見終わってからポロポロ泣いてる私に、友達がびっくりしてたさ。 [review]
picolax (2009年09月17日)
寒山拾得, irodori, プロキオン14, IN4MATIONほか11 名2020年09月17日[投票(11)]
★3 無法松の一生(1943/日)
例えばここに一生独身を通した男がいたとして、無法松みたいに誰か操を立てた女性がいたなどとは今じゃ誰も考えないだろうが、どこか心を打つものがある。 [review]
G31 (2007年06月19日)
irodori2020年09月17日[投票(1)]
★4 無法松の一生(1943/日)
松が一度だけ泣いたという回想の後、ぼんぼんが松に向ける共感の眼差しが、何とも云えぬほどいい。共感は美しい。
寒山拾得 (2012年11月05日)
irodori, よもやまななし2020年09月17日[投票(2)]
★5 無法松の一生(1943/日)
阪東妻三郎演じる富島松五郎の生涯を俯瞰したとき、たかだか中年時代からの後半生にも満たないはずのこの物語が『無法松の一生』などと題されるのは、彼にとって沢村アキヲ園井恵子との日々こそが「一生」だからだろう。車輪を軸に繰り広げられる「走馬灯」のイメージに嗚咽をこらえることはできない。 [review]
3819695 (2010年12月19日)
irodori, 煽尼采, ゑぎ, ぽんしゅうほか5 名2020年09月17日[投票(5)]
★5 無法松の一生(1943/日)
この映画においても、宮川一夫のカメラの存在抜きに語り得ない。 [review]
ゑぎ (2002年06月01日)
irodori, 3819695, 甘崎庵, 緑雨ほか7 名2020年09月17日[投票(7)]
★4 クリード 炎の宿敵(2018/米)
判っていたことだけど、終盤近くで「♪ロッキーのテーマ」が流れてきたときには、涙腺が熱くなった。あのファンファーレは、いまでも多くの人々の魂に火をつける。 [review]
プロキオン14 (2019年02月13日)
irodori2020年09月17日[投票(1)]