コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2017年新作劇場鑑賞ベスト10『とうもろこしの島』『ショコラ』『KUBO』『アイ・イン・ザ・スカイ』『ニュートン・ナイト』『スウィート17モンスター』『怪物はささやく』『ローマ法王になる日まで』『おとなの事情』『午後8時の訪問者』旧作を入れると『毛皮のビーナス』が入ります。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2305コメント1350
76あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★5のみとり侍(2018/日)意外にきちんと時代劇している、痛快面白娯楽作にして、明るく楽しくエッチな堂々のR15。 [review][投票]
★4ランペイジ 巨獣大乱闘(2018/米)難しいことも後先のことも考えず、でかい怪獣が大都会で、近代兵器を相手に、単純に暴れ回る様を眺めるのは爽快である。 [review][投票]
★4モリーズ・ゲーム(2017/米)実話ベースなのだが、物語の骨格は日本でいうところの任侠モノに近い感じもする。ピカレスクロマンの一種とも言えるか。己の矜持を敢然と貫く雄雄しさは好ましく、ジェシカ・チャスティンは淡々とした中にも芯の強さをストーレートに魅せ好演している。 [review][投票]
★3LUCK-KEY ラッキー(2016/韓国)終わりの方はいろいろと甘いところがあって、オリジナルには及ばないが、これはこれで楽しい。 [review][投票]
★3サバービコン 仮面を被った街(2017/米)何だかよくわからんが、人は気に入らないものを、何かしら悪いことの口実にしたがる、ということを言いたいのかなあ。あとマット・ディモンのありふれた不気味さは良かった。 [review][投票]
★5ラーメン食いてぇ!(2018/日)はっきり言って採点は大甘だが、ヒロイン中村ゆりかの健気さには採点を甘くさせるだけの魅力があった。中央アジアの雄大な風景がかなり助けになっている映画だが、観終わってラーメンが食べたくなるのは確か。 [review][投票]
★3馬を放つ(2017/キルギス=仏=独=オランダ=日)今に生きづらさを感じ、昔を懐かしむ、その意味で普遍的な物語を描いているのだろうとは思う。そして殺風景に感じられる光景が、素朴な味わいを感じさせる。[投票]
★4尚衣院 サンイウォン(2014/韓国)ハン・ソッキュがなかなか幅広い芸風を見せて見応えがあった。基本は韓国映画版『アマデウス』なのだろうが、王宮絵巻に華を添える美しい衣装はそれなりに魅せてくれる。 [review][投票]
★4タクシー運転手 約束は海を越えて(2017/韓国)光州事件の暴圧が凄まじい。それを目の当たりにして「放っておけない」と感じ、行動していく、その心根が素直に伝わる良作。 [review][投票(1)]
★3アンロック 陰謀のコード(2017/チェコ=スイス=英=米)女ジェイソン・ボーンといったところで、アクションものとしては悪くないが、粗もある。オーランド・ブルームはいい感じだったが、ノオミ・ラパスは役柄にあっているとは思えない。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5のみとり侍(2018/日)老中・田沼意次が権勢を誇り「それで世に少しでも金が回るなら」と女が男を買うことも許された江戸の御世、長岡藩の江戸詰藩士寛之進阿部寛は些細な事で藩主松重豊の不興を買い「猫の蚤とりとなって無様に暮らせぃ」と追放された。藩主の御下命なれど何の事やらわからぬが「蚤とり屋」を掲げる店を訪れ人の好い主夫婦風間杜夫大竹しのぶに言われるまま仲間と共に市中に繰り出す。そこで初めての客おみね寺島しのぶは亡き妻と瓜二つ、ともかく勤めを果たしたと思ったが「下手くそ」と…これではいかんと偶々であった小間物屋の入り婿・清兵衛豊川悦司を手助けする代わりに「女の悦ばせ方を教えてくれ」と…(110分R15+) [more][投票]
★4ランペイジ 巨獣大乱闘(2018/米)ある巨大企業が、兵器開発のために行なった違法な遺伝子操作実験でつくられたウィルスが事故のために漏洩してしまった。その実験は、死ぬまで成長を続けるあるサメや、驚異的な治癒力を持つ生物など様々な動物の特性を遺伝子に組み込み、感染した生物のDNAすべてを書き換え急激に変貌させるのだ。そのウィルスに感染したゴリラ、狼、ワニはたちまち巨大化し狂暴になった!そしてその巨獣たちがいっせいに大都会・シカゴを目指して進撃を始めた。それを何とかしようと奮闘するのは、霊長類学者にして元特殊部隊の経歴を持つディビスドウェイン・ジョンソンだ!(107分)[投票]
★4モリーズ・ゲーム(2017/米)五輪出場も狙うスキー選手ながら怪我のため競技を断念、2003-11年にLAやNYでプライベートポーカールームのオーナーとして名をはせ、違法な運営としてFBIに全財産を没収され、さらに2年後、犯罪組織との関係を疑われ逮捕されたモリー・ブルームの手記を映画化。彼女のポーカールームの顧客はハリウッドスターや映画監督、トッププロスポーツ選手、実業家などセレブばかりで有名だった。厳格な父ケヴィン・コスナーに育てられたモリージェシカ・チャステインは競技を断念後、ロースクール進学を先延ばしにしてLAの有名店でウエイトレスをしていたがふとした事からポーカールームの運営に関わることに…(140分) [more][投票]
★3LUCK-KEY ラッキー(2016/韓国)内田けんじ監督の『鍵泥棒のメソッド』を韓国でユ・ヘジン主演でリメイク。裏社会で目があえば殺されると恐れられる凄腕の殺し屋の男ユ・ヘジンは今日も一仕事を終え袖口の血が気になり銭湯へ。売ない役者で文無しの男イ・ジュンはすべてに絶望し自殺しようとするがせめて身をきれいにと銭湯へ。ところがそこでセッケンのいたずらか、気を失った殺し屋のロッカーの鍵を、つい出来心で自分のものとすり替えた役者。頭を打ち記憶を失った男はロッカーの荷物から自分が貧乏な役者であると思い、すり替えた男は豪華だが謎めいたマンションに入り込み・・・(112分)[投票]
★3サバービコン 仮面を被った街(2017/米)1950年代に米で起きた黒人排斥暴動に着想を得て、ジョージ・クルーニーコーエン兄弟の脚本をベースに手を加えて監督。50年代の典型的な郊外のニュータウン・サバービコンに住むガードナーマット・デイモンと、妻ローズとその双子の姉マーガレット(ジュリアン・ムーア二役)、そして息子ニッキーノア・ジュープ。ある日、一家に強盗が押し入りローズが命を落とす不幸に見舞われる。その頃、白人ばかりが暮らすその街に黒人一家が引っ越してきた事から、不穏な空気が漂い始める…(105分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。