コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2018年上半期ベストは『ロープ/戦場の生命線』、『嘘八百』、『のみとり侍』、『天命の城』、『空飛ぶタイヤ』。候補は『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『タクシー運転手 約束は海を越えて』。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2352コメント1374
76あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★4大人のためのグリム童話 手をなくした少女(2016/仏)水墨画を思わせる筆タッチの独特の作画と水彩画っぽい色調は幻想的で童話らしくて良い。それに物語もドラマチックで、本格的というか、しっかりしており、なかなかの佳作。大人のためのグリム童話というタイトルにふさわしい一本。[投票]
★4search/サーチ(2018/米)映画における表現方法の一つの新しい可能性を切り開いた、とまでいうと言い過ぎだが、全編モニター画面内で展開させるという新工夫は新鮮味があった。 [review][投票(2)]
★3運命は踊る(2017/イスラエル=独=仏=スイス)いささか退屈なところはあるが、戦争をしている国で市井の人々が襲われる理不尽な悲しみを描いている、反戦映画だと思う。 [review][投票]
★3嘘はフィクサーのはじまり(2016/イスラエル=米)原題を意訳すれば「ノーマン:NYの自称フィクサーの栄枯盛衰」と言ったところか。ほぼそのままの映画だが、電話でやりとりする二人を、まるで向き合って対話しているように同一画面に入れる演出が何カ所か出てきて、それは印象的だった。 [review][投票]
★3バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017/英=米)クライマックスのテニスの試合も良かったが、その後、控え室で一人でいるエマ・ストーンも良かった。たった一人で世の中に挑んだ姿がひしひしと伝わる好演だと思う。 [review][投票]
★4顔(1999/日)藤山直美の存在感が圧倒的。牧瀬里穂佐藤浩市中村勘三郎岸部一徳豊川悦司大楠道代國村隼の、それぞれの人生の狂言回しの様でもありながら自らの人生を物語ってみせた。 [review][投票]
★4フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017/米)アメリカ版『万引き家族』というのが第一印象。 [review][投票]
★5遊星からの物体X(1982/米)デジタルリマスター版が公開されたのを機に、おおかた30年ぶりくらいの再鑑賞だが思いの外、各シーンなど覚えていた。心の中で「そうそう、このシーン」と何度もつぶやいた。それだけ名シーン、印象的なシーンにあふれた名作ということだろう。 [review][投票(1)]
★3スカイライン 奪還(2017/英=中国=カナダ=インドネシア=シンガポール=米)前作に比べると随分と説明が多くなって、説明台詞とアクションシーンだけという極端な映画になった感じはするが、B級SFアクションとして好ましいと言えば好ましいのだ。 [review][投票]
★3灰とダイヤモンド(1958/ポーランド)娯楽サスペンスとして作られたのかなと思うのだが、ソ連崩壊後のワイダ監督の作品という後付の知識によるものか、加害側にしても被害側にしても、組織や大勢順応に対する、ずい分と冷ややかな視線を感じさせる。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4大人のためのグリム童話 手をなくした少女(2016/仏)フランスのアニメーション作家セバスチャン・ローデンバックがグリム童話の一編「手なし娘」を自ら監督したった一人ですべて作画したアニメ。貧しく飢えた父親は「富を与える」という悪魔の誘いにのり一人娘を奪われることになってしまう。さらに悪魔にそそのかされて娘の両手を斧で切断してしまった。かろうじて逃げ延びた娘は、とある王子と出会い幸せになるかと思えたが、悪魔は娘を手に入れようとある策略を仕掛けるのだった…(80分)[投票]
★4search/サーチ(2018/米)デビットジョン・チョウは妻に先立たれ高校生になった娘と二人暮らし。娘から友達と勉強会で「徹夜になるかも」と電話があったが、翌日になっても連絡が取れない。「今日はピアノレッスンか」と教室に電話するとなんと!半年前に娘は退会していた。毎週レッスン料を渡していたのに…とショックを受けながらも警察に娘が行方不明だと連絡、じきに担当刑事がきて娘の友達などに話を聞いてくれと…改めて言われて連絡先を知らないデビットは娘のノートPCを開いてSNSやらにアクセスするがそこには彼の知らない娘の姿が・・・全編、テレビ電話や動画配信サイトやら写真投稿サイト、各種SNSなどPCモニター上だけで進む斬新な演出が話題に。(102分)[投票]
★3運命は踊る(2017/イスラエル=独=仏=スイス)イスラエルで暮らすミハエルリオル・アシュケナージダナフサラ・アドラー夫妻の下にある朝、軍からの使者が息子ヨナタンヨナタン・シレイが戦死したと告げる。ダナフはショックで気を失いミハエルも激しく動揺する。午後に訪れた軍の係官から葬儀の次第を伝えられるが遺体を見る必要もないと言われ、遺体も残っていないのではと衝撃を受ける。ところが夕方、軍から同姓同名の兵士との間違いで息子ヨナタンは健在だと連絡。怒りまくったミハエルは息子をここへ連れて来いと軍幹部に詰め寄る。一方ヨナタンは北部国境近くで往来者も少ない小さな検問所で仲間たちと任務についていたが…(113分) [more][投票]
★3嘘はフィクサーのはじまり(2016/イスラエル=米)自称「フィクサー<仲介屋>」でNYのユダヤ人社会をウロウロし、大物投資家とコネをつくろうと目論むノーマンリチャード・ギアは今日も「彼を知っている、妻がベビーシッターをしていたんだ」と言って、方々に話を持ちかけていた。たまたま参加したセミナーで何番目かの講師として登場したイスラエルの政治家エシェルリオル・アシュケナージを見かけてやや強引だが超高級靴をプレゼント。その3年後、相変わらずなノーマンだがなんと!エシェルはイスラエル首相となってNYを訪問、ノーマンと再会し「君をNY名誉大使にする」と!俄然、注目を集めたノーマンだが…(118分)[投票]
★3スカイライン 奪還(2017/英=中国=カナダ=インドネシア=シンガポール=米)2011年6月日本公開の『スカイライン 征服』の続編。前作で製作・脚本だったリアム・オドネルが監督と脚本をつとめる。突如、ロスに現れた飛行物体によって青い光を見た人間は次々に吸い上げられていった。刑事マークフランク・グリロは息子とともに宇宙船に取り込まれたものの、かろうじて脱出した。しかしその時、飛行物体は新たな人間を求めてラオス上空に移動していた。かくてマークは反政府武装勢力のリーダー・スアイコ・ウワイスらと合流し、謎の飛行物体を操るエイリアンに戦いを挑む。(106分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。