コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2018年上半期ベストは『ロープ/戦場の生命線』、『嘘八百』、『のみとり侍』、『天命の城』、『空飛ぶタイヤ』。候補は『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『タクシー運転手 約束は海を越えて』。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2321コメント1359
76あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★1ウォンテッド(2008/米)TVの吹替版で見たが、主役の日本語吹き替えがあまりにひどすぎる。もう無残の極み。そしてそれを差し引いたとしても、見るべきものが何もないふざけた映画に過ぎない。[投票]
★4告白小説、その結末(2017/仏=ベルギー=ポーランド)なるほどポランスキー監督らしい、本当のところ、いったい何が起きたのだろうかと唸らせる見事な作劇だった。 [review][投票]
★5天命の城(2017/韓国)一国の興亡を巡る歴史劇として見応えがあり、重厚さを存分に堪能できる。 [review][投票]
★5空飛ぶタイヤ(2018/日)思いのほか、熱い血潮の通った映画だった。駆け足気味の展開になるため、ややご都合的なところがあるが、そういうことを感じさせない熱意と迫力を魅せた長瀬智也は好演している。 [review][投票(2)]
★3笠置ROCK!(2017/日)製作が笠置町で、町自らが製作したプロモーションビデオでもあるが、全編オールロケで変化に富んだ自然と風景は楽しめる。また出だしの空撮から子ども落語までのシーンはなかなかの出来映えで、映画らしくて良い。 [review][投票]
★4万引き家族(2018/日)時折、目にする不可解というか「えっ、どういうこと?」というニュースの現実とはどういうものか、想像力を働かせて考えてみたことがありますか、と是枝監督から問いかけられたような気がする。 [review][投票(3)]
★4妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III(2018/日)昭和の話というか、レトロな話というか。あるいは「サザエさん」のように時代を超越したというか、いつの時代でもありそうな話というか。全体としてやたらと安定した山田洋次的というか、人情喜劇の王道をいく映画としての水準は高く、安心して楽しめる。 [review][投票(3)]
★5のみとり侍(2018/日)意外にきちんと時代劇している、痛快面白娯楽作にして、明るく楽しくエッチな堂々のR15。 [review][投票]
★4ランペイジ 巨獣大乱闘(2018/米)難しいことも後先のことも考えず、でかい怪獣が大都会で、近代兵器を相手に、単純に暴れ回る様を眺めるのは爽快である。 [review][投票]
★4モリーズ・ゲーム(2017/米)実話ベースなのだが、物語の骨格は日本でいうところの任侠モノに近い感じもする。ピカレスクロマンの一種とも言えるか。己の矜持を敢然と貫く雄雄しさは好ましく、ジェシカ・チャスティンは淡々とした中にも芯の強さをストーレートに魅せ好演している。 [review][投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4告白小説、その結末(2017/仏=ベルギー=ポーランド)デルフィーヌ・ド・ヴィガン原作の小説「デルフィーヌの友情」をポランスキー監督が映画化。心を病み自殺した母との赤裸々な日々を描いた私小説で一躍、ベストセラー作家となったデルフィーヌエマニュエル・セニエは周囲から次回作を期待されるが、なかなか筆が進まなかった。そんな時に彼女のファンだというエルと名の女性エヴァ・グリーンが現れる。偶然の出会いからやがて親しくなり、デルフィーヌはエルに次回作の構想を相談し、徐々に信頼を深め、大家の都合で部屋を出る事になったエルを自宅へ受け入れる。そして彼女のこれまでの人生を聞くうちに…(100分)[投票]
★5天命の城(2017/韓国)中国で明が新興勢力・清に追い詰められていた1636年12月、清軍が12万の軍勢で朝鮮王朝に屈服を迫った。朝鮮朝廷は仁祖パク・ヘイルを奉じて1万3千の兵と共にソウルを捨て天然の要害・南漢山城に籠城する。朝廷は清の圧迫に対し、壬辰の乱(日本で言う秀吉の朝鮮出兵)で明に助けられた恩を忘れてはならぬ、賊軍に屈してはならぬと徹底抗戦を唱える者キム・ユンソクが優勢な中 、圧倒的な軍勢を誇る清と和睦の道を探るべしとイ・ビョンホンは敵陣に赴くが、清の要求は朝鮮国の誇りを踏みにじるものであった…(139分)[投票]
★5空飛ぶタイヤ(2018/日)池井戸潤原作の同名小説を映画化。従業員80人の赤松運送の大型トラックが、走行中に直径1m重さ160キロの大型タイヤが外れ、歩道を歩いていた母子連れを直撃し母親が死亡する事故が発生。トラック製造元の財閥系大手メーカー・ホープ自動車は国土交通省に対し運送会社の整備不良が原因とする報告書を提出した。しかし社長の赤松長瀬智也は整備員の記録を元にトラックの構造的欠陥を疑い、ホープに対し再調査を求める。執拗な赤松のクレームに対応していた販売担当課長沢田ディーン・フジオカは最初は相手にしなかったが、上層部の対応に「リコール隠し」があるのではと不審を感じるが…(120分)[投票]
★3笠置ROCK!(2017/日)京都府東南端にある人口1400人、日本で2番目に人口の少ない町・笠置町が製作しようとした同町PR動画を馬杉雅喜監督が「きちんとした映画でつくろう」と提案して完成。売れないロックミュージシャン裕也古舘佑太郎は「笠置ROCK」というポスターを見てロックフェスの下見に行く。がなんと、音楽ではなく巨岩を、一切の道具を使わずによじ登るボルダリング大会だった!役場の人に誘われて巨岩がごろごろしている会場に行った彼は、そこでボルダリングに打ち込む瑞希大場美和と出会って、とりあえずやってみることにするのだが…(50分) [more][投票]
★4万引き家族(2018/日)是枝裕和監督が本作で2018年カンヌ映画祭パルムドールを受賞。大都会の片隅の古ぼけた一軒家で暮らす5人の家族(樹木希林リリー・フランキー安藤サクラ松岡茉優城桧吏)。おばあさんの年金が頼りの生活で足りない分は親子で力あわせて「万引き」をしてまかなっていた。ある冬の寒い夕暮れ、近くの団地の廊下で今日も部屋を閉め出された様子の幼い女の子佐々木みゆに、「おいで」と声をかけ連れ帰り、女の子はそのままその家の暮らしに溶け込む。6人になった家族の日常はつづき、やがて夏が来てそれぞれの事情も少しだけ変わる中、ある事件をきっかけに…(120分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。