コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2019年で良かったのは『工作 黒金星と呼ばれた男』、『グリーンブック』、『The Guilty/ギルティ』、『運び屋』、『ダンスウィズミー』。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2452コメント1398
81あらすじ25
40POV33

Comments

最近のコメント 10
★5国家が破産する日(2018/韓国)全編に骨太い緊迫感が漂う社会派経済サスペンス。国民に見えたニュースの裏側で何が起きていたのか。 [review][投票]
★3ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019/米)「スーパーマン」の邪悪ホラー版という感じだが、「スーパーマン」があるのならこういうのもあるだろう。或いは「ドラゴン・ボール」の正しいサイヤ人の姿といったところか。情け容赦ないところは、いかにも違う生き物だという感じがして良かった。[投票(1)]
★4決算!忠臣蔵(2019/日)歴史バラエティのようにも見えるが、全編、関西弁で通したことでコメディとして一つの世界観を保ち、立派な映画になっている。それに時代劇ファンとしては常々、気になりながらも見ないふりをしてきた部分にズバッと切り込んでくれて、なんとなく嬉しい。 [review][投票]
★4グレタ GRETA(2018/アイルランド=米)イザベル・ユペールが怖すぎる。ありきたりの話ではあるが、ユペールが怖さ全開で、夢に出そうだ。どうせならクロエ・グレース・モレッツも連れて出てきて欲しい。[投票(1)]
★3ターミネーター:ニュー・フェイト(2019/米)普通のアクション映画として、まあ十分に面白い。それにリンダ・ハミルトンのサラ・コナーとシュワルツネッガーのターミネーターの共演というだけで懐かしい喜びに浸れる。 [review][投票(2)]
★4英雄は嘘がお好き(2018/仏=ベルギー)なかなか小洒落たロマンティックコメディだが、全体をきりりと引き締めるシーンがあったればこそ見応えがある。 [review][投票]
★3今さら言えない小さな秘密(2018/仏)いささか諄くて白けるところはあるが、邦題通りなところは「あるよね」とか「何となくわかる」という気はする。[投票]
★4アップグレード(2018/米)ちょっと苦しいところはあるが、SFとして十分楽しめる。それに独特のアクションシーンは面白かった。 [review][投票(2)]
★4クロール -凶暴領域-(2019/米)ごく自然に、当たり前に、普通にワニに襲われるお話。シンプルで潔いし、それを凝縮したような、この終り方はちょっといい。 [review][投票(1)]
★5真実(2019/日=仏)歩いても歩いても』を連想させる、「言わずもがな」の家族の姿を描いた映画。その姿は日本的なものだと思っていたが、どうもそうではないらしい。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5国家が破産する日(2018/韓国)1997年、OECD加盟を果たし好景気に沸く韓国が一転して通貨と株価の暴落に見舞われた通貨危機の際、何が起きていたのかを史実を交えて描く社会派経済サスペンス。韓国中央銀行の通貨政策チーム長のハンキム・ヘスはいち早く通貨危機の到来を予見し報告を上げる。ようやくそれがとり上げられ政府内に非公開の対策会議が設置されハンは経済危機の現状を国民に公表すべきと主張するが…金融コンサルタントのユンユ・アインは通貨危機の到来に賭けそれを利用して一気に大儲けを企む。町工場を営むガプスホ・ジュノは大口注文を受け、初めて高額の手形取引に手を出す。(114分) [投票]
★3ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019/米)なかなか子宝に恵まれなかったブレイヤー夫妻(エリザベス・バンクスデヴィッド・デンマン)は、「天からの授かりもの」のようにめぐり合った赤ん坊を養子として育てることにする。それから12年後、聡明な少年に育ったその子どもブランドンジャクソン・A・ダンだが、徐々に変わりはじめた。そして彼にある秘密を打ち明けるのだが、それをきっかけにか、彼の中で狂暴な衝動と力があふれ出していく…(91分)[投票]
★4決算!忠臣蔵(2019/日)山本博文の「「忠臣蔵」の決算書」を元に映画化。世にも名高い赤穂浪士の吉良邸討入。浅野内匠頭の刃傷沙汰、切腹から1年9ヵ月後に果たされた仇討ちに至るまでの浪士たちをお金の面からコミカルに描く。大石内蔵助堤真一はもめる家中を何とかなだめ開城へ。それを横目に「役方(藩の経営担当)」である勘定方の矢頭長助岡村隆史らは「金の使い方を知らん「番方(いくさ担当)」は…」と愚痴りながらも離散する家臣のための割賦金(退職金の意)をなんとか工面。そして何とかかき集めた750両(現代の9500万円相当)を資金にまずお家再興、そしてついには敵討ちへ、と進むが果たしてお金は足りるのか!?(125分) [more][投票]
★3ターミネーター:ニュー・フェイト(2019/米)ターミネーター』シリーズの生みの親・ジェームズ・キャメロンが『T2』以来となるシリーズ復帰を果たし、「T2」の正統な続編として、それ以降の世界を描く。リンダ・ハミルトンが伝説の女、サラ・コナー役で出演する他、アーノルド・シュワルツェネッガーも出演。人類抹殺を目論む未来の機械が現在に送り込んだターミネーターと人類が未来をかけて闘う。(129分)[投票]
★4英雄は嘘がお好き(2018/仏=ベルギー)時は1809年、ナポレオン戦争下のフランス。裕福な一家の長女エリザベットメラニー・ロランは憂鬱だった。妹の恋人ヌヴィル大尉ジャン・デュジャルダンは女たらしのいい加減な男だと見抜いていたのだ。そして大尉が妹に求婚したその日、任務を受けた彼は出征してしまった。「毎日手紙を書く」と言いはしたがまったく手紙は来ない。清々したエリザベットだが手紙を待ち焦がれやつれていく妹を見かねて仕方なく大尉に成りすまして嘘の手紙を書き始めた。その手紙では大尉は大活躍をしたものの頃合を見計らって、華々しい戦死を覚悟した手紙で終わりにした。ところがなんということでしょう!3年後、大尉が再び彼女の前に現れて…(91分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(5)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。