コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2017年新作劇場鑑賞ベスト10『とうもろこしの島』『ショコラ』『KUBO』『アイ・イン・ザ・スカイ』『ニュートン・ナイト』『スウィート17モンスター』『怪物はささやく』『ローマ法王になる日まで』『おとなの事情』『午後8時の訪問者』旧作を入れると『毛皮のビーナス』が入ります。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2258コメント1336
73あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★3オリエント急行殺人事件(2017/米)超有名で、今となってはありがちともいえるようになってしまった仕掛けだけに、言わば「逆算方式」でどう楽しませるかという映画にチャレンジしたのは立派。そして全体の雰囲気と、ベテラン俳優の貫禄には楽しめるだけのものはあった。 [review][投票(1)]
★4否定と肯定(2016/英=米)ホロコーストをめぐるドラマとしても、またイギリスの裁判制度の下での法廷ドラマとしても、高い水準にあり見応えがあった。だが個人的には信頼をめぐるドラマとして深く心に刺さるものがあった。 [review][投票]
★3リュミエール!(2016/仏)100年前の世界に連れていってもらえたような気がしてその点はうれしくもあり、興味深くもあった。ただ解説のナレーションが余りに鬱陶しい。 [review][投票]
★4永遠のジャンゴ(2017/仏)音楽で語られる映画。 [review][投票]
★4探偵はBARにいる3(2017/日)採点は大甘。内容も含めて全体的には薄っぺらいのだが、それでも終盤の盛り上がりはぐっとくるものがあったし、哀しく切ない余韻にはなんとも言えないものがあった。大泉洋は強引な力技の演技もできるようになったと思うし、北川景子も好演している。[投票]
★3オートマタ(2014/ブルガリア=米=スペイン=カナダ)人類の行く末をそこはかとなく考えさせる、哲学的な雰囲気をもったSF。雰囲気くらいにとどまっているのもなかなかに良い。 [review][投票]
★3ブルーム・オブ・イエスタディ(2016/独=オーストリア)アウシュビッツを題材にとりながら、大胆な演出というか、切り口というのか、それともこれを「大胆」ということの心根への問いかけなのか。描くべき事は描いており、その点は見上げたものだ。 [review][投票]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)日本語吹替え版で観たが、日本の昔話として何の違和感もない見事な完成度。1人の少年の冒険と成長の物語として、ワクワクしながら楽しめた。 [review][投票(1)]
★3シンクロナイズドモンスター(2016/カナダ=米=スペイン=韓国)なかなかに分類しづらい映画。恋愛モノのようで、仲間モノコメディのようで、DV系サスペンスのようでもある。でも最後はやっぱり怪獣映画でそれは良かった。 [review][投票]
★2ザ・サークル(2017/米)言いたいことはなんとなくわかるが、最後の決着がよくわからん。原作を読めばまた違うのだろうが、そこがわからんから、全体としてリアリティを欠いていて迫力がない。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4否定と肯定(2016/英=米)米国大学教授でホロコースト研究家リップシュタットレイチェル・ワイズがその著書で、「ホロコーストはなかった」とする英国歴史学者アーヴィングティモシー・スポールを手厳しく批判。アーヴィングは英国王立裁判所に彼女を「名誉毀損」で訴えた。英国では訴えられた側に立証責任があるため彼女はジュリアスアンドリュー・スコット、ランプトントム・ウィルキンソンら弁護団とともに立ち向かう。だが弁護団はホロコーストが事実だと証明する戦術をとり、裁判では彼女はおろか生存者にも証言させない方針を打ち出した。納得いかないリップシュタットを弁護団は「勝訴のためだ」と説得するが…(110分) [more][投票]
★4永遠のジャンゴ(2017/仏)ジプシー・ジャズの先駆者にして数々の名曲を残し、後世に多大な影響を与えた天才ギタリストジャンゴ・ラインハルトの第二次大戦中の知られざる秘話を描く。1943年ナチス占領下のパリでジャンゴレダ・カテブ率いる楽団は名門ホールを連日満員にしていた。彼の人気に目をつけたナチス高官はベルリン公演を企画する。一方、ナチス支配地域ではジプシーたちは圧迫され、収容所へ送られはじめていた。そしてジャンゴの周辺にも暗雲が立ち込め、協力者の手配でスイスへ逃れようとするのだが…(117分) [more][投票]
★4探偵はBARにいる3(2017/日)東直己の探偵小説「ススキノ探偵」シリーズを、大泉洋主演で映画化した「探偵はBARにいる」シリーズ3作目。探偵大泉洋の相棒・高田松田龍平が大学の後輩を連れてきた。そいつの彼女・麗子前田敦子が連絡取れなくなったので探してほしい、というよくある依頼だ。安易に引き受けちょっと調べたところ、麗子は怪しげなモデル事務所でバイトしてたらしい。そこへ軽く探りを入れるといきなりヤクザ風の男たちに絡まれた。その事務所の社長マリ北川景子にはどうも見覚えがあったのだが、なんとその背後には最近めきめきと売り出し中の凶暴なヤクザ北城リリー・フランキーがいて、とんでもなくヤバイ話に…(122分) [more][投票]
★3オートマタ(2014/ブルガリア=米=スペイン=カナダ)近未来、太陽の異常な活動により地球では砂漠化と環境汚染が進行し、人類はわずか2千数百万人に減っていた。残された人類はROC社が開発した人工知能を備えた人型ロボット「ピルグリム」によってかろうじて文明を維持。人工知能には「生物に危害を加えてならない」「自ら修理、改造してはならない」という変更不能なプロトコルが組み込まれていた。ところがある日、ジャンキーの警官が自ら修理するロボットを銃で破壊する。本当にロボットがプロトコルを無視していたのか、それとも?真相を究明するためにROC社のヴォーカンアントニオ・バンデラスは調査を進めるが…(110分)[投票]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)コララインとボタンの魔女』製作陣が日本の昔話をモチーフに製作したストップモーション・アニメ。10歳のクボアート・パーキンソンは三味線で様々な形に折られた折り紙を自在に操る能力をもち、不思議だが終わらない物語を演じて、母と二人で隠れるように暮らしていた。ある日、闇の姉妹ルーニー・マーラに襲われ、母は最後の力を振り絞ってクボを逃がした。そしてクボは言葉を話すサルシャーリーズ・セロン、途中で出会った記憶を失ったクワガタマシュー・マコノヒーらとともに、生き延びる為に三つの宝を求めて旅に出る…(103分) [more][投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。