コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

水那岐

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
5067コメント6281
187あらすじ52
POV33

Comments

最近のコメント 10
★4居眠り磐音(2019/日)娯楽時代劇としてまずまずできている。殺陣も泣かせも自分としては大いに買いたいのだが、妖怪メイクで頑張る柄本明にもうちょっとしぶとくあって欲しかった。そして、残念なことに映画的なパースペクティブ、迫力が足りない。ラストのカメラの無欲ぶりはどうだ。これじゃ全く日テレの2時間時代劇じゃないか。 [review][投票]
★3ラスト・タンゴ(2015/独=アルゼンチン)タンゴという不可解な舞踏音楽は、月並みなジャンルの舞踏が愛情と好意をダンスの糧とするのに対し、むしろ憎悪こそが完成度を上げる要因となる不思議をともなう。マリア・ニエベスフアン・カルロス・コペスのパフォーマンスは軽蔑と呪詛によっていやが上にもキレを増す。芸術は得てして人間性と反目する、という事実は面白い。[投票]
★4初恋〜お父さん、チビがいなくなりました(2018/日)何と愛くるしい恋愛映画か。ただでさえ大御所の貫禄などとは別ベクトルで愛らしさを振りまく倍賞、そしてぶっきらぼうさの陰の小心さを隠しつつ妻の言葉に怯える藤のキュートさは筆舌に尽くし難い。山田洋次以外にも倍賞をここまで魅力的に描ける演出家の出現に驚かされる。猫好きでなくともふたりの名優に耽溺できるキュン死フィルム。[投票(1)]
★3ここは退屈迎えに来て(2018/日)あこがれの少年「椎名くん」に仮託された都会幻想、青春幻想。それが地方の若者たち全てに共有されるものではないにせよ、周囲への見栄や、無意識のナルシシズムは得てして人を焦らせるのか、と漠然と思わされる。 [review][投票]
★3ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―(2018/日)期待していなかったぶん愉しめる部分もあったが、これはむしろ大人向けじゃないか。「サムライエッグ」は親たる大人が心に刻み込むべき教訓だし、「透明人間」の孤独な青年がなぜ認識されないかは年齢を経て理解できるコトだろう。なかで最も分かりやすい「カニーニ」が絵の驚嘆のみに頼った空疎な一編と判れば価値あるポイントは明白だ。[投票]
★3わすれなぐも(2012/日)近頃はやりの画風でもあるが、そこは昔ながらの情の世界でほのぼのと終わるかと思えば少々辛口の怪異譚。短編なればこそ許される毒が効かされる。小ギャグでヒロインをいじったのは偽りの安心で客をたばかる予兆だったか。ただしブラックユーモアと呼ぶには、ドラマはまだまだ浅すぎる。[投票]
★4しらんぷり(2012/日)脚本家がいないのは、絵本を忠実に再現しつつそこに効果を付加しているからだろう。「僕」の心情や衝動は、劇半音楽の盛り上がりにも相まって「ドンチャン」を追い、そこにあった「絶望」に戸惑う。だが、彼の内面の激しさは全ての効果を突っ切って我が物になる。苛められた側の人間である俺は「ドンチャン」として悪童に牙を剥いた。一歩進んだ「僕」には昇華されなかったのが悔いだ。[投票]
★2いつも月夜に米の飯(2018/日)ヒロインは知識も機転もある。料理の腕や勘も大したものだ。そんなハイティーンが母親と恋人を取り合って恥じない。女性監督その人が、どんな女にも最終的には愛欲しか残らないとの諦念を明るく描くのはどうしたものか。惣菜それぞれにヒロインが出会う人々との挿話を絡める「ごはん映画」を期待したのが間違いだったのだが、料理そっちのけで恋愛成就に向かうプロットは監督らしからぬ事の矮小化だった。[投票]
★2バースデー・ワンダーランド(2019/日)世界観のトータルデザイナーは良いセンスで、今までの原恵一作品とは一線を画すものとの意気込みを感じたのだが、実際は「クレヨンしんちゃん」冒険譚の語り直しでしかない。せめて変奏曲と為すなら、監督お得意のギャグ演技をハイセンス人物に応用するテストは行われるべきだ。デフォルメ演技は児童映画にあっては重要な魅力付けだろうに。 [review][投票]
★3愛がなんだ(2018/日)愛に免疫のないヒロイン。周りの友人たちよりやめろと忠告され、他ならぬ相手から冷たく接されても愚直に恋人についてゆく。そんな彼女もさまざまな事件に遭遇し、立派におのれの信念をもって周囲に意見できるように成長した。だが、彼女の内面はラストで理解される。これはラブコメなどではなかったのだ。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4居眠り磐音(2019/日)豊後より江戸詰めとなった坂崎磐音(松坂桃李)ら3人組は、道場で腕を磨き合い3年の勤務期間を終えた。琴平(柄本佑)のふたりの妹が磐音と慎之輔(杉野遥亮)に嫁ぎ、かれらは義兄弟となるはずだった。だが、誤解と憶測から3人は殺し合いの運命に操られ、上意討ちで琴平を倒した磐音は、ひとり残された琴平の妹・奈緒(芳根京子)との祝言を挙げることもなく職を辞して江戸に戻った。数年後。江戸の貧乏長屋に暮らす磐音は大家(中村梅雀)に鰻屋の手伝いを紹介されていたが、確実に家賃の得られる両替商の用心棒役を新たに得る。おっとりした彼には無理な仕事、と大家の娘おこん(木村文乃)は心配するが、すぐに腕試しの機会はやってきた。〔121分〕[投票]
★3ラスト・タンゴ(2015/独=アルゼンチン)マリア・ニエベスフアン・カルロス・コペスのふたりは、一時代を築いたタンゴ舞踏コンビだ。赤貧の生活のなかで夢をはぐくんだ少女マリアは、オールバックの伊達男コペスのリードで舞台に立ち、瞬く間に才能を開花させた。コペス・スタイルと呼ばれた舞踏法で不世出のダンサーの名を得たコペスに、マリアは深い愛情と信頼を寄せるのだが、コペスにとってマリアはおのれの野望のための名楽器に過ぎず、彼女の想いを踏みにじるのであった。物語はふたりの愛憎と成功の軌跡を軸に、コペスを演じるパブロ・ベロンフアン・マリシア、マリアを演じるアレハンドラ・グティアジェレン・アルバレス・ミニョの舞踏を添えて、彼らの全貌を明らかにする。〔85分〕[投票]
★4初恋〜お父さん、チビがいなくなりました(2018/日)長年連れ添った夫婦…その妻である有喜子(倍賞千恵子)が離婚を口にした。その報せに三兄妹は色めき立った。有喜子はかれらを大人になるまで育て上げたのち、夫の勝(藤竜也)のみと暮らしていたが、昭和男の頑固さで妻の語りかけにも一瞥もくれず、彼女の会話相手は黒猫チビだけだったのだ。そんなある日チビは姿を消し、一気に夫婦の関係は冷え切る。末娘の菜穂子(市川実日子)は危機感ゆえ上の兄姉(小市慢太郎/西田尚美)を呼ぶが、ふたりは楽観的に見過ごそうとする。だが有喜子ははっきりと別離を口にするのだった。その理由は何なのか。有喜子の意識に去来する思い出は、駅のミルクスタンドでの店員と利用客としてのふたりの出会いだった。〔105分〕[投票]
★3ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―(2018/日)母親(佐々木優子)が姿を消し、父親(てらそままさき)までも陰鬱な色の水流に奪われたカニの兄弟、カニーニ(木村文乃)とカニーノ(鈴木梨央)は川底を渡り、親たちを奪った存在の正体を暴くべく旅立つ…「カニーニとカニーノ」。卵アレルギーを障害として背負う小学生(篠原湊大)と、彼の身を案じるダンサー志望の母(尾野真千子)の奮闘の日々…「サムライエッグ」。誰からも振り返られず、その存在すらも認識されない孤独な青年(オダギリジョー)。彼に初めて声をかけた老人(田中泯)がいた…「透明人間」。スタジオポノックによる3編の短編アニメ作品のオムニバス。〔54分〕[投票]
★3わすれなぐも(2012/日)古書店の店主・硯(土田大)が所有する秘蔵の古文書には封印が為されていた。昔、都を襲った化け蜘蛛をとある陰陽師が書に閉じ込めていたいわくつきの一冊だ。だが、硯の店に家賃を取りたてにきたオーナーの孫娘・瑞紀(下田麻美)は、意味もなくその封印を破ってしまった。その結果の事件があるとすれば、古書の中から転がり出たひとりの愛くるしい姫君(金田朋子)の出現であった。母蜘蛛恋しと泣く姫君の姿を見かね、硯は彼女を母のもとに返してやろうとするが、そういう彼のただならぬ目の色に危険を見た瑞紀はオーナー(星野充昭)に事情を告げる。アニメ振興プロジェクト「アニメミライ」の参加作品。〔25分〕 [投票]