コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

水那岐

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
5048コメント6264
187あらすじ52
POV33

Comments

最近のコメント 10
★2グリーンブック(2018/米)決してどん底に落ちたことのない「あなた」が、どん底にいる誰かさんを見てしまったことを後悔し、それを忘れて明日の寝覚めを心地よくするために役立つ映画だ、と言っていいんじゃないだろうか。 [review][投票(1)]
★3家族のレシピ(2017/シンガポール=日=仏)家族再生を描く感動的映画などといったふれこみは新鮮味もなく凡庸だが、その切っ掛けとなった数々の料理の接写はパニックを起こしそうに刺激的だ。むしろこの映画の主役はラーメンであり、バクテーでありシンガポール料理だろう。冷静に見れば、斎藤工の脚本を感じさせないナチュラルな演技は充分に味わえる。少年のようにしか見えない彼の狡猾な役作りが絶品だ。[投票]
★3なっちゃんはまだ新宿(2017/日)「妄想の女」がどんどん肥大し、女のなかで自惚れ鏡と化してゆくプロセス。とりあえず監督・首藤凜は、ヒロインを愛するあまりに自己投影に狂いはじめている。主役を演じず裏方として成功をともに祝ってきた彼の欲望の具現化だ。面白くはあるが私小説を性別を越えて描写させるのはグロテスクに過ぎ、今後の彼の行く先を危惧させる。[投票]
★4デッドエンドの思い出(2018/韓国=日)日韓関係の冷え切ったこの幾年かの両国で、無辜の人々が悪気もないのに反目しあっているという情報操作のなか、これはそれぞれの国の暖かみを信じさせる物語だ。それこそが情報操作だという茶々に目をくれなければ、日韓人の入り乱れるコミュニティの団欒は感涙を誘う。名古屋という中途半端な意味合いの街だから、性善説を笑えない説得力を内包できるといってもいいように思えるのだ。[投票]
★5ビール・ストリートの恋人たち(2018/米)奔流の如くこちらに押し寄せる劇半音楽の中央に立ち、正面を射抜くように容赦ない視線を放つアフリカ系米人たちの何と存在感を誇り、なおも貪欲な意志を露わにして見せることだろうか。ここにいるのはファンキーな道化役でも、主人公に助言を与える相談役でもない。製作者サイドが望む紛れもない主役だ。 [review][投票(1)]
★2翔んで埼玉(2018/日)魔夜峰央漫画の魅力は、現実社会よりの過度の遊離にあるといって間違いない。しかるにこの映画の外界への過密着は、原作に対し滑稽なほどのベクトルの差があることを物語る。生臭さ甚だしい。 [review][投票]
★5映画 めんたいぴりり(2018/日)ベタ極まり果てた通俗人情喜劇だが、そんなコトをつついて文章を汚しても詮無い。この年齢を迎えての富田靖子の輝きようは全き奇跡だ。デビュー当時からコメディエンヌの素養は明らかではあったが、漫画的な演技術をなんと嫌味なく発露する女優だろう、彼女は!このヒトに旬などない。人生の春から冬まで、今後年齢を重ねても彼女は間違いなく輝いている。[投票(1)]
★3パプーシャの黒い瞳(2013/ポーランド)断章の羅列であり、目立った物語というものがあるわけではないし、現代を指弾するエナジーに満ちていることもない、ネガティヴでかわりのない日々の雑記。それに目をつぶればモノクロの美しさに酔わせてくれる画面の透き通った静謐さは絶品だし、娘時代のパプーシャを演ずるパロマ・ミルガの容貌を、ボッティチェリの絵の美神のように映す映画力も凄まじいものがある。[投票]
★3半世界(2019/日)40代、50代の声をきき、父親の享年を超えて親父となった男が慄然とするのは、自分が父親とは似ても似つかないちっぽけな大人になっている事実に向き合うことだ。世界ではなく世間としか向き合ってこなかった自分が、いつしか息子にすら追い抜かれていないかとの恐怖は、あるいは人生の終幕にしか拭えないものなのか。戦慄は稲垣なればこそ倍加する。 [review][投票(1)]
★4あかぼし(2012/日)人間の強さと弱さについての平易な考察と見た。あくまでも弱く、誘いにのって新たな世界に身を投じたものの、図らずも更なる弱さを露呈し転落してゆく母(朴[王路]美)。その彼女を護ることでしたたかな人間に変わってゆく息子(亜蓮)の姿は、はかなくも悲壮だ。物語のはらむ「俗っぽい構造」は、観客から見れば自滅でしかない終幕にただよう、むしろ明るささえ感じさせる意思表示に変じて心を打つ。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3家族のレシピ(2017/シンガポール=日=仏)高崎市。青年・真人(斎藤工)は父・和男(伊原剛志)の経営するラーメン屋で、もうひとり叔父の明男(別所哲也)とともに働いていた。父は寡黙に徹して真人に料理の技を伝えようとはせず、結局自宅で自ら研究し父の味を再現しようとするのが息子の日課であった。そんな日々のなか、和男は調理場で突然死する。父の遺品を片付ける真人は、彼の幼時に帰らぬ人となった母メイリアン(ジネット・アウ)の日記を見出す。父が語らなかった母との暮らしに何があったのか。真人はかつて生活していたシンガポールに向かい、交流のあるフードブロガー・美樹(松田聖子)の力を借りて母の家族を探す。そこには食堂を営む叔父ウィー(マーク・リー)がいた。〔89分〕[投票]
★3なっちゃんはまだ新宿(2017/日)「なっちゃん(菅本裕子)」が出現したのはある日のことだった。地方の高校で評価されはじめた学生ユニット、POLTAのマネージメントをしている秋乃(池田夏海)が、男友達である岡田(河西裕介)に恋心を寄せはじめた矢先に彼の恋人として知った娘が、通称なっちゃんという他校生だ。色白で友達がいない、でも笑顔の素敵ななっちゃん。彼女のことをもっと知りたい、と渇望する秋乃の思いの結晶のように、ついに妄想の彼女は自室に現われる。ソフトクリームを嘗めながら心を打ち明け合う秋乃となっちゃん。そして岡田が現実のなっちゃんと別れたのち、彼と恋仲になった秋乃の前から、なっちゃんは消えた筈だったが…?〔93分〕[投票]
★5ビール・ストリートの恋人たち(2018/米)70年代のNY、ハーレム。19歳の娘ティッシュ(キキ・レイン)は収監所の面会室を訪れ、恋人のファニー(ステファン・ジェイムス)に彼の子供を身籠ったことを告げる。その投獄により結婚も許されぬ身ながら、彼はティッシュの報告を喜んでくれた。こうした状況のなか、素直にその事実を祝福したのはティッシュの家族も同様だったが、ファニーの母はティッシュを疫病神のようだと罵り、ティッシュの母シャロン(レジーナ・キング)を激昂させるのだった。…事の始まりはティッシュに暴言を吐く白人男をファニーが殴り飛ばし、警官(エド・スクレイン)に目をつけられたことだった。間もなく、いわれのない強姦罪にファニーは問われた。〔119分〕 [投票]
★4デッドエンドの思い出(2018/韓国=日)30歳を迎えようとするユミ(スヨン)は、名古屋に転勤した恋人のテギュ(アン・ボヒョン)との関係が冷めようとしているのを危惧し、恋人を驚かせようと韓国から渡日を果たした。だが、彼のアパートの扉を叩いたユミを迎えたのは、新しい恋人だという日本娘のアヤ(平田薫)だった。衝撃に打ちのめされ、独り名古屋の街をさまようユミは、やがて一軒のゲストハウスを兼ねたカフェ「エンドポイント」にたどり着く。地元民と宿泊客しか知らないその店で、ユミを迎えたオーナーの西山(田中俊介)は彼女を温かくもてなし、帰国するまでの彼女のため部屋に案内する。それからの日々の出来事は、ユミの心の傷を洗い流してくれた。〔90分〕[投票]
★2翔んで埼玉(2018/日)かつて我が国の関東平野においては、戦慄すべき差別体制が存在を続けていた。埼玉県は未開の地域とされ、人民は「通行手形」なしに出入を許されないことになっていたのだ。さて、東京。官僚を育成する白鵬堂学園に帰国子女である美少年・麗(Gackt)が入学の手続きをとった。学園の生徒会長であるプライド高き都知事令息・百美(二階堂ふみ)は麗に園内を案内するが、百美の差別行為をいさめた麗に知力勝負を申し込む。悉く敗北し唇を噛む百美だったが、麗のキスに魂を奪われ、恋に堕ちた。だが、父たる都知事(中尾彬)邸に連れてゆかれた麗を見た執事・亜久津(伊勢谷友介)は、彼が埼玉解放の闘士と見破るのだった。〔106分〕 [投票]