コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ロープブレーク

日本海側で仕事をすることになり、なかなか映画館で映画が観れなくなりました。単館系とか中近東のとか旧共産圏の映画とか観たいなあ。Amazon primeもっと頑張れ。Netflixもっと頑張れ。
e-mailkatz@nn.iij4u.or.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
312コメント861
2あらすじ6
POV9

Comments

最近のコメント 10
★3ブラックパンサー(2018/米)曖昧なアフロアメリカンな私たち [review][投票]
★3エスケイプ・フロム・トゥモロー(2013/米)家族のために気乗りのしないディズニーランドにやってきたおっさんが、妻と子供だけでなく自分の妄想にも翻弄される。その妄想が虚実の皮膜を突き破って襲いかかってきたら…。まあ、こうなるわな。[投票]
★4怪しい彼女(2014/韓国)日本版の『あやしい彼女』の方を先に観てしまったので、ストーリーは分かってしまっていたが、それでも十分楽しめた。それはこの映画のあれこれがとっても韓国的だったから。 [review][投票]
★3ゾンビーワールドへようこそ(2015/米)仕事としてちゃんと作られているし、下ネタだったり微笑ましいエロだったり、この手の映画に求めるものをちゃんと満たしている。B級ど真ん中の作りで、素晴らしいんじゃないでしょうか。[投票]
★4ピクセル(2015/米)レディ・プレイヤー1』のレビューを読んでるうちにこっちが観たくなった^_^;; 確かに時代考証はいただけませんが、パックマンはじめ敵の造形のキュートさが百難隠してます。それと特筆すべきは「日本」の扱い。中国とも韓国とも混ざってない日本ってハリウッド作品では貴重だなと。ヒロインは日本通のミシェル・モナハンっていうのもミソですな。 [review][投票]
★5ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015/米)練られた脚本、CIAとの絡み、魅力的な敵、身体を駆使して大活躍する謎の美人、オペラハウスという絶好の舞台、息詰まるアクション、板についてきたチームプレイ、コミカル要素による緩急、やっぱり走るトムさん、、、シリーズ5作目にして最高傑作太鼓判。 [review][投票(2)]
★3ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(2011/米)昔のドリフのコントのように笑いどころ満載なのに、高所アクションなどではきちんと手に汗を握らせてくれる。ではしっかり満足したかと言えば、そうでもない。これはひとえに人物描写の希薄さ故だろう。 [review][投票(2)]
★4M:i:III(2006/米)前二作が全く肌に合わなかったので放置していたこのシリーズですが、訳あって三作目を鑑賞。 [review][投票]
★4ゾンビランド(2009/米)初見で見たのにシネスケに投稿してなかった。ここのゾンビはなぜ走るのかについて考察しようとしてうまい回答が思いつかなくて放置していたことを思い出した。ゾンビは造形じゃない、テンポ(店舗)なんだとでも書いとけばよかったのに>昔の俺。 [review][投票]
★410 クローバーフィールド・レーン(2016/米)カメラが全然ブレてなくて続編として大丈夫かなと思ったけれど、充分楽しめた。前作との共通点は、ジャンルをクロスオーバーしているところと、 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3エスケイプ・フロム・トゥモロー(2013/米)妻と二人の子供を連れてのディズニーランドで休暇の初日の朝に、ジムは宿泊先のディズニーホテルのベランダで、携帯にかかってきた電話で一方的に会社からの解雇を言い渡される。家族にそれを言い出せず、ディズニーランドでの休日が始まるのだが、それは更にとんでもない一日となるのだった…。ディズニーランドでの撮影が無許可ゆえ公開不可能とも言われたが、いちおう全国公開。終映後の現在は、ディズニーが全作品を引き上げたNetflixで公開中。〔モノクロ 104分〕[投票]
★4怪しい彼女(2014/韓国)70歳のマルスン婆さんは、生まれは良かったものの若くして夫と死別して極貧に転落し、女手ひとつで息子を育ててきた。今や息子は国立大学の教授にまでなり、かわいい孫にも恵まれた。けれど叩き上げで身についてしまった毒舌と生き抜くための苦労で恨みを買った相手も多く、もとの奉公人のパクを除いて皆に嫌われている。ある日、マルスンの毒舌に耐えかねて息子の嫁が自殺を図る。居場所を無くしたマルスンは、家を出て、ふと目に入った写真館で遺影にと写真を撮ってもらう。写真館を出たマルスンは、何と20歳に若返った自分に気づくのだった…。多部未華子が主役を演じた日本版の他、中国、タイ、ベトナムでリメイク版が公開され、いずれもスマッシュヒットとなった。インドネシア、インド、ハリウッドなどでもリメイクが計画されている。[投票]
★3ゾンビーワールドへようこそ(2015/米)6歳のときからボーイスカウトを続けているベン、カーター、オギーの幼なじみ3人組。ちょっとハンサムなベンと女の子のことで頭がいっぱいのカーターは、いいかげんお年頃なこともしたいのにオギーがスカウトに熱心なのでなかなか辞めると言い出せない。オギーがスカウトの勲章をもらう記念のキャンプの夜に二人は抜け出して大人なパーティーに行くはずだったがゾンビが増殖し始めて…。ストリップ劇場で働くウエイトレスのお姉さんも合流し、みんなでゾンビと戦うぞ。(93分)[投票]
★4ピクセル(2015/米)時は西暦2015年、オバマの次に大統領になったウィルは難しい語彙になじみがなくインテリたちに評判が悪い。そんな折、グアムの空軍基地が突如謎の攻撃を受けた!ガキの頃、ゲーセンに入り浸っていたウィル大統領はピンときた。これは1980年代のゲーム『ギャラガ』の攻撃に違いない! [more][投票]
★5鋼鉄の雨(2017/韓国)舞台は現実のパラレルワールドとしての朝鮮半島。北の第一号(将軍様)は、視察で38度線近くに位置する開城(ケソン)工業団地入りしていた。大勢の婦女子に熱烈歓迎を受けるパレード中の将軍様を、北のクーデター勢力に奪われた在韓米軍の多弾ロケットMLRS通称スチールレイン(鋼鉄の雨)の砲火が襲う。豪雨のように降り注ぐ砲火の中、 [more][投票]