コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

Ryu-Zen

《映画、見てません。鑑賞済み作品の感想は書きたいですが、いつかは物事を批評しない人間になりたいです》 1981年生の兵庫県在住* もう映画鑑賞が趣味と言う訳ではなくなりましたが、 映画の良いところを見つめていきたいです〆
e-mailwarriors_dance@hotmail.co.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
772コメント580
11POV11

Comments

最近のコメント 10
★3ママの遺したラヴソング(2004/米)ダメ人間のためのファンタジー。白けずに見られるギリギリのライン。トラヴォルタの白髪がとにかく似合わない。[投票]
★3リディック(2004/米)映像のディテールに見所はあるものの、予算をかけて凡百のSF映画に成り下がった印象。リディックでもう一本作りたい気持ちはわかるが、前作が面白すぎた。[投票]
★1アキハバラ@DEEP(2006/日)各キャラからオタクらしさを感じない。加えて中途半端なオシャレ感がとにかく寒い。制作者がオタクをオモチャにしてるだけに感じた。それも上から目線で。[投票]
★4落下の王国(2006/インド=米=英)万華鏡のような映画。絵面や美術がいちいち眼福で楽しすぎるが、苦を乗り越えて生きる事に価値があると言うシンプルで前向きなメッセージが温かく心打たれる。哀しくも優しい映画だ。[投票]
★3ミュンヘン(2005/米)やられたらやり返す。それが痛快なのはTVドラマの世界だけでいい。実際はただただ虚しく愚かなだけで何も残らない。スピルバーグの演出は快調だが、この人はちょっと殺人行為を楽しみすぎでは...。[投票]
★4ヘルボーイ ゴールデン・アーミー(2008/米)マンガだが手抜き感は一切無く、作り込まれた美術やキャラ造形に愛を感じる。アート的と言ってもいい。卓球のラリーのようにリズミカルな戦闘シーンも素晴らしい。醜いものの中にある美を描く監督の視点が好きだ。[投票]
★3ファーストフード・ネイション(2006/英=米)ファーストフード食べません。なんか、みっともない。資本主義社会のガソリンは人間の欲とエゴ。永久運動。金はあっても幸福は無い。[投票]
★4ペルセポリス(2007/仏=米)パンクロックに国境が無いように、国籍や文化や法に囚われず誰もが生きたいように生きれたら、と願わずにはいられない。文化は違っても人の心には普遍的な何かが確かに存在する。[投票]
★4サンキュー・スモーキング(2006/米)みんな生活に必死だって事かな。生きるために笑顔で破滅を売り歩く。人間社会は矛盾の歴史だ。きっと、この先もずっと。[投票]
★5イントゥ・ザ・ワイルド(2007/米)現代の出家物語。 [review][投票]

Plots

4 件
★2ジャンクション(1995/米)製薬会社の社長タッド(ハリー・ベラフォンテ)の元で働く工員のピノック(ジョン・トラボルタ)は、点数稼ぎのための雑用の最中、偶然にも社長夫人の着替えを目撃してしまう。翌日、工場をクビにされたピノックは妻子とも離れ、生活に窮する。誤解を解くためにタッドに迫るが取り合ってもらえず、ついに彼を誘拐してしまう......[投票]
★2ワイルド・ヒーローズ 暗黒街の狼たち(1989/香港)ソウを頭とするソウ・グループは敵対する組織との紛争が絶えなかった。ソウは跡目を若い者に譲ろうとするが、その矢先、護衛のジャッキー(チャウ・シンチー)の目の前で何者かに暗殺されてしまう。兼ねてからトップの座を狙っていたタイ(チェン・カンタイ)とナンバー2の若頭・シュウ(ダニー・リー)。ソウが跡目に選んでいたのは、果たしてどちらだったのか....[投票]
★1黒社会(1989/香港)香港で最大のヤクザ組織・洪興組の組長が殺された。そして、アメリカに渡って堅気の生活を送っていた一人息子のホー(チョウ・ユンファ)が帰国した。シンに跡目を譲ろうとするが、次第に敵対する組織との抗争に巻き込まれていく。[投票]
★1沈黙のジェラシー(1998/米)ニューヨークで幸せな同棲生活を送っていたヘレン(グィネス・パルトロウ)とその恋人ジャクソン。その年のクリスマスの休暇、ケンタッキーにあるジャクソンの実家を訪れたヘレンは、ジャクソンの母マーサ(ジェシカ・ラング)に出会い、親切にもてなされる。そしてヘレンは妊娠を機にジャクソンと結婚。ケンタッキーの実家で新しい生活を始めようとする。ところが息子を深く愛するマーサはヘレンに対し、次第に奇妙な態度を見せ始める.....[投票]

Points of View

OP・EDがちょっと凝ってる作品[投票(3)]
オープニングのタイトルが出てくる所や、エンディングのスタッフロールで映像・演出に少し工夫が凝らされている作品。特に個人的に印象に残った物だけ集めてみました。
破壊神の光臨[投票(6)]
破壊神・ゴジラの軌跡を辿ってみました。全25作。ゴジラが出てるってだけで、満足な事は満足なんだけど、さらに細かくランク分けしてみました。個人的意見です。A=面白い!ゴジラ映画としては満足なデキ。B=まずまずの内容。ゴジラ映画としては可も不可もなく。C=イマイチ。なんでこうなっちゃうの....
再鑑賞の余地アリ[投票]
個人的にもう一度、見なくてはいけないと思ってる作品の数々。 A=最初に見た時によく分からない部分があった B=昔に見たので記憶が曖昧 C=ウトウトしながら見た・集中してなかった等々
世界のクロサワ、私の黒澤[投票(2)]
いつ見ても、何度見ても面白いのが黒澤映画。 A=お気に入り B=十分、満足のいく内容だった C=あと一歩!