コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア (2017/アイルランド)

The Killing of a Sacred Deer

[Mystery/Thriller/Horror]
製作総指揮アンドリュー・ロウ / ダニエル・バトセク / サム・ラベンダー / デヴィッド・コス / ニッキー・ハッティング / アミット・パンディヤ / アン・シーアン / ピーター・ワトソン / マリー・ガブリエル・スチュワート
製作エド・ギニー / ヨルゴス・ランティモス
監督ヨルゴス・ランティモス
脚本ヨルゴス・ランティモス / エフティミス・フィリプ
撮影ティミオス・バカタキス
美術ジェイド・ヒーリー
衣装ナンシー・スタイナー
出演コリン・ファレル / ニコール・キッドマン / バリー・コーガン / ラッフェイ・キャシディ / サニー・スリッチ / アリシア・シルヴァーストーン / ビル・キャンプ
あらすじ心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、マーティン(バリー・コーガン)という冴えない16歳の青年にまとわりつかれていた。スティーブンには要求を断りきれない秘密があるらしい。眼科医の妻アナ(ニコール・キッドマン)、14歳の娘キム(ラフィー・キャシディ)と息子のボブ(サニー・スリッチ)と暮す屋敷に青年を迎え入れたときから異変が起こり始めた。突然、ボブが歩けなくなったのだ。さまざまな検査をしても原因は分からない。そして、青年に好意を寄せていたキムにも同じ症状が現れ一家は理不尽な状況に追い込まれていく。ヨルゴス・ランティモス監督・脚本の異色ミステ・リーホラー。カンヌ国際映画祭脚本賞(121分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4シンプル過ぎるまでにB級オカルトの梗概なのに凄まじい抑圧を科した空気の密度と抑制された台詞・演技の空隙によりギリシャ悲劇めいた格調に至る。とんだハッタリの三百代言だが突き抜ける終局の帰結はシャレじゃないレベル。そして夢に出そうなパスタ喰い。 (けにろん)[投票(2)]
★4中身がありそうで、なさそうで、ありそうで。心か落ち着かない映画には違いない。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4登場する人々の営みは下世話で俗っぽいのに、ひんやりとして温度が感じられない。まるで、こちらの世界との間に透明だが分厚い膜でも存在するように、その奇異な出来事は客観的に淡々と繰り広げられる。現実と非現実の間に宙ぶらりんにされる不思議な薄気味悪さ。 (ぽんしゅう)[投票]
★4いかんものを観てしまった。エンドロール中に考えていたこと。 [review] (さなぎ)[投票]
★3エピソード間に解説的な因果を含ませず、自由な解釈を進んで受け入れる構造。この多義的なアイコンを巡って様々な解釈遊びが飛び交うことを期待する。私的には、米国エスタブリッシュメントに対する、下流白人からのルサンチマンの図象化と見た。体幹を腐らせた大国がいつか足萎えになる日をこの映画は暗示する。 (ジェリー)[投票]
Ratings
5点1人*
4点7人*******
3点4人****
2点0人
1点0人
12人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Killing of a Sacred Deer」[Google|Yahoo!]