コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

irodori

40代、男。どうやら、主演女優の好みが映画全体の評価に色濃く影響してしまっているよう。
[参加掲示板] [招待者: sawa:38]
→気に入られた投票気に入った→
13コメント29
あらすじ1
POV2

Comments

最近のコメント 10
★3大いなる旅路(1960/日)血気溢れる若者時代から、30年間国鉄に務めあげたあとの老人時代まで、不自然さなく演じている三國連太郎の力よ。ノスタルジックではあるが、随所に登場する蒸気機関車も主役たる働きをしている。[投票]
★4映画「立候補」(2013/日)嫌悪感が緩やかに刺激され続けるが、こういう人たちが身近に存在していることを知れたのは収穫。泡沫候補であれる彼らの、立候補する真意は自分にはわからないままだったが。[投票]
★3軽蔑(1963/仏)女性の気持ちの醒め方が、リアルに、的確に描かれていて(ように私には思える)、強烈に身につまされる。「軽蔑」してるとまで言われるとは、たまりません。[投票]
★4バーバー(2001/米)白黒が映える味わい深い映画。ストーリー上必ずしも必要ではないと思われるシーンが数箇所挟まれ、それが不思議な感覚を味わせてくるのが面白い。こういうところはコーエン兄弟ホントにうまい。 [review][投票]
★4映画 ビリギャル(2015/日)バカにしていたがこれは拾い物。嫌味なく明日への活力を与えてくれる作品。それにしても、思いのほか大学受験って今も昔も変わってないんだな。[投票]
★4ぼくたちの家族(2013/日)良質な闘病ムービー。よくある話ではあるが、妻夫木聡池松壮亮のキャラクター設定と芝居に惹きつけられた。[投票]
★4少女は自転車にのって(2012/サウジアラビア=独)イスラム教がしっかりと生活に根差している、サウジアラビアの生活の様子の一端が垣間見れる。価値観の違いに驚きつつも、爽やかな気分にさせてくれる良作[投票]
★4ダラス・バイヤーズクラブ(2013/米)おしつけがましくないストーリー。マシュー・マコノヒーの尋常じゃない変わりっぷりだけでも観る価値あり[投票]
★3ミラクル・ニール!(2015/英)知能指数の低そうな笑い多め。でも、そういうのが見たくなる時ってある。日曜の夜あたりにサクッと頭を使わずに見る映画としては悪くない。[投票]
★5バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985/米)小学生の時分に劇場で見て、30年以上経ってもいまだに印象から消えない。映画ってこういうものだよね。ハリウッド映画の良い側面の集大成。[投票]