コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(14/20)

★3 月子(2017/日)
ある山あいの町。工場勤めの青年タイチ(井之脇海)の父が首を吊って死んだ。ろくに仕事もせず飲んだくれていた町のやっかい者だった。そんな親をタイチが殺したのではないかと噂が立ち、彼は仕事も住むところも失ってしまう。自棄になり町を彷徨っていたとき、施設から逃亡してきた知的障害の少女、月子(三浦透子)と出会う。どうやら月子は生家に帰りたっがているようなのだ。背中に暴行を受けたらしい傷を見つけたタイチは、月子を親元まで送り届けようとする。手掛かりは“海の音が聞こえる場所”という月子のつぶやきだけ。そして、「ここから」逃げ出したい青年と、「どこかへ」帰りたい少女の旅が始まった。越川道夫の監督第3作。(122分)
ぽんしゅう (2017年12月08日)
[投票]
★3 アレノ(2015/日)
その夫婦は幼馴染の男と久しぶりに再会した。すぐに男(渋川清彦)と妻(山田真歩)は関係を持った。関係が深まれば深まるほど、二人はどちらからともなく夫(川口覚)を殺さなければならないと思い始めた。男と女は病弱な夫を誘い、ボートで冬の湖へと漕ぎ出だした。そしてボートは転覆し妻と男だけが岸にたどりついた。夫は死んだのだろうか。妻と男は湖畔のラブホテルにこもりセックスをしながら夫の死体が上がるのを待つことにした。原作は『エミール・ゾラ』の「テレーズ・ラカン」。『海炭市叙景』などの製作を手がけた越川道夫の初監督作。画調にこだわり16ミリフィルムで撮影された。(89分)
ぽんしゅう (2017年12月08日)
[投票]
★3 希望のかなた(2017/フィンランド)
ヘルシンキの港。シリアの青年カーリド(シェルワン・ハジ)が密航してして来た。慣れたようすで難民申請を申し出る。内戦状態の故国を逃れ生き別れた妹を探すためヨーロッパをさすらっているのだ。入国許可が出るまで収容所で過ごすが希望が叶わなことを知り脱走してしまう。一方、酒浸りの妻(カイヤ・パカリネン)に嫌気がさした中年男ヴィクストロム(サカリ・クオスマネン)は、家を出て田舎のレストランを買い取りオーナーになったが、店にはやる気のない従業員が付いてきた。そんなヴィクストロムは、偶然知り合ったカーリドを住み込みで雇うことに。『ル・アーヴルの靴みがき』に続く難民三部作の第二弾。ベルリン国際映画祭 銀熊賞(98分)
ぽんしゅう (2017年12月08日)
[投票]
★4 永遠のジャンゴ(2017/仏)
ジプシー・ジャズの先駆者にして数々の名曲を残し、後世に多大な影響を与えた天才ギタリストジャンゴ・ラインハルトの第二次大戦中の知られざる秘話を描く。1943年ナチス占領下のパリでジャンゴレダ・カテブ率いる楽団は名門ホールを連日満員にしていた。彼の人気に目をつけたナチス高官はベルリン公演を企画する。一方、ナチス支配地域ではジプシーたちは圧迫され、収容所へ送られはじめていた。そしてジャンゴの周辺にも暗雲が立ち込め、協力者の手配でスイスへ逃れようとするのだが…(117分) [more]
シーチキン (2017年12月08日)
[投票(1)]
★3 青空エール(2016/日)
「かっこいい」と学内のトロフィーが並ぶショーケースの前で声を揃えたつばさと大介。2人は共に小学生の頃に見た白翔高校野球部の地区代表予選決勝を見て、この高校に進学した。つばさは吹奏楽部に、大介は野球部に・・・・・・。「俺、絶対甲子園行くから、その時スタンドで応援してくれる?」大介の言葉で今まで俯いてばかりいたつばさの決心が固まった。
IN4MATION (2017年12月07日)
[投票]
★4 gifted ギフテッド(2017/米)
亡き姉にかわり7歳の少女を育てるフランク(クリス・エヴァンス)。少女メアリー(マッケナ・グレイス)は一般の小学校に通いだす。しかし授業で超人的な数学の才能を発揮してしまい、校長から特別な学校への転向を進められるが、「普通に育てたい」という姉の意思を尊重し、今の学校にとどまることを希望する。ところが、メアリーの祖母イブリンが二人の前に現れる。彼女はメアリーの才能を無駄にすべきではないと、裁判を起こし、メアリーの親権を主張する・・・。
プロキオン14 (2017年12月05日)
[投票]
★4 火花(2017/日)
漫才コンビ・スパークスの徳永(菅田将暉)は20歳。相方の山下(川谷修士)とお笑い界で成功することを夢見ていた。そんな徳永は、営業先の野外演芸会で出会った4歳年上の神谷(桐谷健太)の型破りな漫才に圧倒され、弟子にして欲しいと申し出る。その後、大阪から東京に拠点を移した神谷と「笑い」を追究する日々が始まった。彼らにとって日々の生活や会話のすべてが「お笑い」だ。しかし、天才肌の神谷が面白いと信じる「笑い」は、ときに常識を踏み外し世間や業界から浮いていた。それでも徳永の神谷に対する思いは変わらなかった。そうして10年の歳月が流れた。そのとき変わっていたのは・・・。又吉直樹芥川賞作の映画化。(121分)
ぽんしゅう (2017年12月05日)
[投票]
★4 エンドレス・ポエトリー(2016/仏=チリ=日)
アレハンドロ・ホドロフスキーの少年期を描く『リアリティのダンス』より3年。詩人を志す少年アレハンドロ(イェレミアス・ハースコヴィッツ)は、スパルタ教育で息子を縛る商店主のハイメ(ブロンティス・ホドロフスキー)とその妻サラ(パメラ・フローレス)の両親のあいだで不満にくすぶり続けていた。我慢の限界を迎えたアレハンドロは、ついに俗物の集まりたる一族を飛び出し、街の芸術家グループに身を投じる。青年となった彼(アダン・ホドロフスキー)は、尊敬する詩人のミューズであるステラ(パメラ・フローレス二役)に憧れ接触をもつ。だが、その蜜月の日々は決して芸術には発展しない不毛なものと気づくのだった。〔128分〕
水那岐 (2017年12月04日)
[投票]
★3 おじいちゃん、死んじゃったって。(2017/日)
セックスの最中にお祖父ちゃんの訃報を電話で知った吉子(岸井ゆきの)は、そのことで漠然とした罪悪感を抱いていた。実家で行われる葬儀に久しぶりに親族が集まった。祖父を看取った伯父(岩松了)と離婚した元妻(美保純)。その引きこもりの長男(岡山天音)と高校生の妹・千春(小野花梨)。ボケて皆の顔も分からないお婆ちゃん(大方斐沙子)。実家を出たきり音沙汰のなかった独身の薫伯母さん(水野美紀)。吉子も失業中の父(光石研)と母(赤間麻里子)、東京から駆けつけた大学生の弟(池本啓太)と一緒に訪れた。でも、なんだが皆ちっとも悲しそうじゃないのだった。CM監督森ガキ侑大の初長編作(104分)
ぽんしゅう (2017年12月03日)
[投票]
★4 最低。(2017/日)
アダルトビデオをめぐってすれ違う3人の女性の物語。34歳の美穂(森口彩乃)は、ギクシャクとした夫(忍成修吾)との関係に虚しさを感じていた。死期の迫った父を姉(江口のりこ)と交代で病院へ見舞う日々が続く。‐専門学校生だった25歳の彩乃(佐々木心音)は軽い気持ちで出演したAVを天職のように感じていた。彼女の仕事を知って驚いた母(渡辺真起子)が突然訪ねて来る。‐実家の祖母(根岸季衣)のもとで奔放な母(高岡早紀)と暮す高校生のあやこ(山田愛奈)は、人づき合いが苦手で絵を描くことが趣味だった。ある日、彼女の母親が元AV女優だという噂がクラスに広まり始める。原作は現役AV女優紗倉まなの同名小説。(121分)
ぽんしゅう (2017年12月03日)
[投票]
★4 探偵はBARにいる3(2017/日)
東直己の探偵小説「ススキノ探偵」シリーズを、大泉洋主演で映画化した「探偵はBARにいる」シリーズ3作目。探偵大泉洋の相棒・高田松田龍平が大学の後輩を連れてきた。そいつの彼女・麗子前田敦子が連絡取れなくなったので探してほしい、というよくある依頼だ。安易に引き受けちょっと調べたところ、麗子は怪しげなモデル事務所でバイトしてたらしい。そこへ軽く探りを入れるといきなりヤクザ風の男たちに絡まれた。その事務所の社長マリ北川景子にはどうも見覚えがあったのだが、なんとその背後には最近めきめきと売り出し中の凶暴なヤクザ北城リリー・フランキーがいて、とんでもなくヤバイ話に…(122分) [more]
シーチキン (2017年12月02日)
[投票]
★4 一週間フレンズ(2017/日)
ある日、図書室で藤宮香織(川口春奈)の図書カードを拾った長谷祐樹(山崎賢人)は香織に一目惚れする。が、何度「俺と友達になってください」と頼んでも香織は「無理」の一言しか返してくれない。それでもメゲない長谷は香織に「交換日記をしよう」と持ちかける。その際、香織の口からなぜ自分が友達を作らないか、その理由を聞かされる。それでも長谷は「何度でも言い続けるから。俺と友達になってください」と断言するのだった。映画のキャッチコピーは「何度忘れられても、君が好き」
IN4MATION (2017年12月01日)
[投票]
★3 夜間もやってる保育園(2017/日)
24時間保育を行う夜間保育園の実情を紹介するドキュメンタリー。新宿・歌舞伎町に隣接するエイビイシイ保育園は、1989年に当時批判の多かった無認可ベビーホテルから始まり、今は0歳から修学前の子供90人を預かる認可夜間保育園だ。さまざま事情をかかえた親子の要望に応え、卒園者の8割は併設された学童保育園へと進む。さらに完全オーガニックの給食や、就学時に問題行動が予想される多動癖の子供への療育プログラムにも取り組み始めた。現在、全国に2万ヵ所ある保育園のなか24時間の認可保育園はわずか80ヶ所。東京のほか、北海道、沖縄、新潟の夜間保育園を訪ね親、子、保育士、経営者たちの姿から、その取り組みと課題を浮き彫りにする。(111分)
ぽんしゅう (2017年11月28日)
[投票]
★3 GODZILLA 怪獣惑星(2017/日)
20世紀末から世界各地に「怪獣」が出現、ついには生物の常識を覆すような存在である「ゴジラ」が襲来するに至り、人類の総人口は十分の一まで減少した。地球脱出を決意した人類は、異星からの来訪者・エクシフとビルサルドの援助を受け、選抜された者を移民船で旅立たせた。それから20年。到着した惑星は人類の生存に適さない地だった。地球脱出時に両親をゴジラに殺され復讐の炎を絶やさずにいたハルオ(声:宮野真守)は、エクシフの神官メトフィエス(声:櫻井孝宏)の協力でゴジラの弱点をついに発見する。地球への帰還を決議した移民船が超長距離亜空間航行を抜けた先には、すでに2万年近くが経過し、ゴジラのDNAによって一変した地球の姿があった……。 [more]
MSRkb (2017年11月28日)
[投票]
★3 ミックス。(2017/日)
元天才卓球少女の多満子(新垣由衣)は社内でできた恋人に二股をかけられ、失意のうちに実家の卓球クラブに逃げ込む。そこで謎の新入部員・萩原(瑛太)と出会い、男女混合のミックスペアを組むことになる。
IN4MATION (2017年11月28日)
[投票]
★4 ストレイドッグス 家なき子供たち(2004/アフガニスタン=イラン=仏)
タリバン政権崩壊後の首都で路上暮らしを強いられる幼い兄妹の物語。二人の両親は健在だが、父はタリバン側について戦ったために米軍の刑務所に閉じ込められている。母は、父の不在中に再婚したことから不貞の罪を着せられ、獄中で宗教裁判の裁きを待つ身の上だ。毎晩、二人の子供は、戸外の寒さを凌ぐために母のいる牢屋を訪れて、中で一緒に眠らせてくれるように懇願する。しかし、門番のほうも、立場上、そう何度も例外を認めるわけにいかない。兄妹は、母と同様に壁のなかで眠りたいのなら、盗みを働いて自分が囚人になるほかないと助言を受ける。冗談とも本気ともつかない言葉を真に受けた二人は、町へ繰り出し、一体何を盗めば手際よくしょっ引かれるかと、目ぼしい標的を探し始める
濡れ鼠 (2017年11月29日)
[投票]
★4 灰と土(2004/アフガニスタン=仏)
共産党によるクーデターが引き金になって国中を戦火で包み込む内戦が勃発してからどれくらい経ったかわからない頃。人里離れた涸れ谷をトラックの荷台に揺られて運ばれてきた老人と孫が対岸へ向かう分岐点で降りる。二人は国有鉱山への乗り継ぎを求めて橋の袂の検問所を尋ねるが、次の乗合車がいつ通るかわからないとつれない応対を受ける。老人は一度は自力で山を越えようとするものの、すぐに幼い同伴者の足では無理なことを悟る。おまけに、その子は、故郷の村が爆撃を受けたときに聴覚を失い、少し頭がおかしくなっていた。そうでなくても、老人には火急の要件があった。二人は、子供の父親に悪い知らせを伝えにきたのだが、血の気の多い男の反応について最悪の事態を恐れていたのだ
濡れ鼠 (2017年12月04日)
[投票]
★2 コンクリート作業(1958/スイス)
1953年にスイスのヴァレー州で着工されたグランド・ディクサンス・ダム。完成までに10年を費やしヴァレー州最大規模の威容を誇るが、着工の初期段階では600万平方メートルのコンクリートが投入されたのであった。それを砕いた岩塊とこねくり回してダム建設は着々とすすんでいく…。当時23歳のゴダールは現場で働いており、その傍らに撮りあげた短篇ドキュメンタリー。結果、これが彼の処女作となった。
けにろん (2017年11月26日)
[投票]
★4 パリのナジャ(1964/仏)
セルビア生まれで米国籍の女子大生ナジャ・テシック(本人)は、パリのソルボンヌ大学に留学中。学内のあっちこっちをぶらぶらするのも好きだが、やっぱりパリの街が好き。街路の出店や美しく歴史の刻まれた景観にドキドキ。ふと思いついてパブに入りワインを註文。すると隣のおっさんに怒られちゃった…。エリック・ロメールが、仏外務省の依頼で撮った短篇ドキュメンタリー。「フランス女性を描いた3部作」の初作。
けにろん (2017年11月26日)
[投票]
★4 裁き(2014/インド)
インドのムンバイ。初老の民謡歌手カンブレ(ヴィーラー・サーティダル)が逮捕された。彼の反体制的で扇動的な歌に触発されて、下水清掃人が自殺したというのだ。過去の犯歴や法律で有罪を主張する女性検察官(ギータンジャリ・クルカルニー)に、論理的に対抗する若手の人権派弁護士(ヴィヴェーク・ゴーンバル)、律儀で慎重な裁判官(プラディープ・ジョーシー)、さらに頼りない証人たちの登場で裁判は遅々として進まない。下級裁判所の公判に集う人々を通して、階級格差、庶民意識、多言語社会や根深い因習がユーモアを交えながら、さりげなく浮き彫りにされていく。27歳、チャイタニヤ・タームハネー監督の初長編作。(116分)
ぽんしゅう (2017年11月25日)
[投票]