コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(14/20)

★3 世界の涯ての鼓動(2017/英)
ノルマンディの海辺のホテルで二人は出会った。生物数学者のダニー(アリシア・ヴィキャンデル)と、アフリカで水の提供の支援をしているというジェームズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、情熱的な恋に落ちた。別れの日、二人はお互いに運命の相手だと気づくが、それぞれの仕事へ向かう。ダニーは仲間たちと深海の調査へと。そしてジェームズは、実はMI−6のエージェントで、ソマリアへ重要な任務に赴くが、テロリストに拘束されてしまう。一方ダニーは、潜水艇で極寒の海に潜るが、海底で操縦不能に陥ってしまう。命の危機を迎えた二人は、再び抱きしめあう日が訪れるのだろうか・・・。
プロキオン14 (2020年02月01日)
[投票]
★4 パピヨン(2017/米)
1931年。胸元の蝶の刺青から“パピヨン”と呼ばれた男(チャーリー・ハナム)は、無実の殺人の罪で、南米の仏領ギニアにある流刑地へ送られることに。その輸送船の中で贋札作りの詐欺師ドガ(ラミ・マレック)と出会う。「お金を隠し持っている」と思われるドガは、周りの囚人たちから命を狙われたが、その危機をパピヨンが救ったことから、二人は仲間となる。到着した悪魔(デビルズ)島は四方を海に囲まれた孤島で、脱出不可能と思われたが、劣悪で過酷な流刑地で、パピヨンは脱出を諦めていなかった・・・。 [more]
プロキオン14 (2020年02月01日)
[投票]
★3 マイ・ブックショップ(2018/スペイン=英=独)
1959年。イギリスの片田舎の海辺の町に、ひとりの女性がやってきた。彼女はフローレンス(エミリー・モーティマー)。戦争で夫を亡くしたが、夫との夢を実現させるために、ある古い家を購入し、街に一軒もなかった本屋をオープンさせようとする。ところがその家を別の目的にしようとしたかった街の有力者ガマート夫人(パトリシア・クラークソン)は、フローレンスに建物を売るように迫るが、彼女は本屋をオープンさせる。ところが、ガマート夫人からの嫌がらせが続き、経営が苦しくなる。そんな時、町はずれの屋敷に住む読書好きの老紳士ブランディッシュ(ビル・ナイ)が彼女の元を訪ねる・・・。
プロキオン14 (2020年02月01日)
[投票]
★3 パリの家族たち(2018/仏)
母の日を間近に控えたある日。フランスの女性大統領アンヌ(オドレイ・フルーロ)は、在任中に出産し、母親になる。職務と母親との間で悩みを抱えていた。ある三姉妹の長女で小児科医のイザベルは、認知症の母親の介護に疲弊していた。次女のダフネはシングルマザーのジャーナリスト。年頃の子供たちとはケンカばかり。三女の大学教授ナタリーの今日の講義は「母の日について」。母の日のプレゼントに苦悩する最悪な日だと力説する。彼女は年下の恋人との恋愛を楽しむが、「子供を作ろう」という彼氏の提案を拒絶する・・・。
プロキオン14 (2020年02月01日)
[投票]
★3 ミネソタ無頼(1964/伊=仏=スペイン)
無実の罪で、鉱山で強制労働をさせられている有名な早撃ちガンマン、ミネソタ・クレイ(キャメロン・ミッチェル)は、機を捉え脱獄する。向かった先は、ニューメキシコ州メサ・エンカンターダの町。その町に無実を証明できる証人、昔馴染みの賭博師フォックスがいるのだ。途中、盗賊団オルティス将軍(フェルナンド・サンチョ)の父と将軍の情婦エステッラ(エテル・ロホ)の馬車が、ならず者に襲われているのを、助ける。そして町に着くと、早速フォックスを探しに、酒場へ行く。が酒場で彼を取り囲んだのは、先程の襲った連中だった。(まだまだ続きます) [more]
KEI (2020年01月27日)
[投票]
★3 くもりときどきミートボール(2009/米)
大西洋の小島スワロー・フォールズの町。釣具店を営むロックウッドの一人息子フリントは、小さい頃から次々とアイディアが浮かび、変わってると笑われていたが、本人は発明が大好きだった。ヒモ靴の代わりに‘スプレーシューズ'を発明。足を樹脂で覆ってしまう。しかし永遠に脱げない・・・等々失敗は続いたが、母が励ました―「偉大な発明家は、皆決してあきらめない」と。その言葉を信じ、母が亡くなって大人になった今も、彼は発明を続けていた。島はイワシ漁で有名だったが、その缶詰工場が倒産する。住民はイワシしか食べるものが無くなった。彼は一大発明を考えた。それは・・・(もう少し続きます) [more]
KEI (2020年01月27日)
[投票]
★3 劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD(2019/日)
1年間の香港勤務を終えて帰国した春田(田中圭)は古巣、天空不動産の東京第二営業所で皆の歓迎を受ける。そこには悲しみを押し殺した営業部長、黒澤(吉田鋼太郎)の顔もあった。折しもそのとき、狸穴(沢村一樹)率いる本社のプロジェクトチーム「ジェネシス7」が現れ、第二営業所は彼らの支配下におかれた。そして、チームの一員には牧(林遣都)の姿も。動揺する春田であったが、気分を入れ替え新入社員のジャスティス(志尊淳)と仕事に向かう。一方で黒澤は滑って転んで春田の顔を忘れてしまうのだが…。真実の愛を描いて大ヒットとなったTVドラマの後日譚的な映画化作品。
けにろん (2020年01月25日)
[投票]
★3 勝利の朝(1933/米)
田舎からブロードウェイのスターになりたいとニューヨークに出て来たエバ・ラブレス(キャサリン・ヘプバーン)は、尊敬するプロデューサーのイーストン(アドルフ・マンジュー)の新作に役が無いかと事務所を訪ねる。そして自分と同じように役探しに来た脇役専門の老俳優ヘッジス(C・オーブリー・スミス)と、持ち前の積極さで親しくなる。そこへ主役のリタ(メアリー・ダンカン)が来る。イーストンは脚本家のシェリダン(ダグラス・フェアバンクスJr.)と打ち合わせ中だったが、リタを招き入れる。リタはイーストンと関係もあったが、何より客の呼べるスター。そしてその分、ワガママでもあった。(もう少し続きます) [more]
KEI (2020年01月24日)
[投票]
★3 陰謀の代償 NYコンフィデンシャル(2011/米)
2002年、現職警官のジョナサン・ホワイト(長じてチャニング・テイタム)は時々昔を思い出しては、夢にうなされていた。それは16年前の出来事だ。貧民街ニューヨーク市クイーンズ区の公営住宅団地で祖母と2人暮らしだった。ハンキーというヤク中毒者が、祖母に送られてくる小切手を郵便箱からいつも盗んでいた。銃も持っていた。ある日ジョナサンはその銃を盗み、そしてハンキーを射殺した。黒人の友だちヴィニー(ブライアン・ギルバート)と妹のヴィッキーが、傍にいた。(まだ続きます) [more]
KEI (2020年01月24日)
[投票]
★4 キャッツ(2019/英=米)
ロンドン。一台の車から袋詰めにされた猫が投げ捨てられた。あたりのごみ溜めを縄張りにする野良猫たちに、出てきた子猫はヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)と名乗る。彼女は一群の、人に媚びず自由に生きる猫たち「ジェリクルキャッツ」の仲間に招き入れられた。若い手品師猫ミストフェリーズ(ローリー・デヴィッドソン)は、今夜はジェリクルでもっとも価値ある猫が長老猫(ジュディ・デンチ)の力で天界に生まれかわる特別な夜だという。ジェリクルの猫たちは、かつてのスター猫、ヒマを持て余すオバさん猫、愛されないボロ猫などが顔を揃えていたが、我がままな魔法猫(イドリス・エルバ)は転生を望むあまりライバルを消してゆくのだった。〔110分〕
水那岐 (2020年01月24日)
[投票]
★1 引っ越し大名!(2019/日)
生涯に7回も国替えをさせられた実在の大名、姫路藩主松平直矩。その引っ越しを差配した書庫係を主人公に、その奮闘ぶりを描いた時代劇。歌あり、恋あり、立ち回りあり、の娯楽作。
動物園のクマ (2020年01月24日)
[投票]
★4 サンセット物語(1966/米)
15歳のデイジー・クローバー(ナタリー・ウッド)はサンセットでスターのブロマイドを売って暮らす日々。母(ルース・ゴードン)は日がな一日トランプ占いをするだけで、そんな日々に彼女は倦んでいた。ところが彼女に思わぬ朗報が飛び込む。新人女優募集の応募に送ったレコードが映画会社の目に留まったのだ。プロデューサーのスワン(クリストファー・プラマー)に呼ばれてスタジオに行った彼女はテストに合格。瞬く間にデビューが決まる。マスコミを呼んだお披露目パーティーの席上、彼女はある男に声をかけられる。新進スターのデュード(ロバート・レッドフォード)だった…。ロバート・マリガン監督第9作。
けにろん (2020年01月23日)
[投票]
★4 あなたの名前を呼べたなら(2018/インド=仏)
インド西海岸ムンバイ。夫を亡くし地方から上京したラトナ(ティロタマ・ショーム)は建設会社の御曹司、アシュビン(ヴィヴェーク・ゴーンバル)の新婚家庭の住込みメイドとしての職を得た。がしかし、結婚直前に婚約者の浮気が発覚し破談となる。新居のマンションで2人の暮らしが始まるが不可侵の階級差を弁えた生活が続く。アメリカでしばらく生活していたアシュビンは物書きとしての夢があった。ふと漏らした話にラトナは控えめに励ます。ある日、裁縫の勉強に午後の2時間をあてていいかとのラトナの申し出にアシュビンは快く承諾するのだが、そんな彼女に彼は贈り物をする…。欧州で映画を学んだロヘナ・ゲラ監督デビュー作。
けにろん (2020年01月23日)
[投票]
★5 殺さない彼と死なない彼女(2019/日)
「死ね! 殺すぞ!」が口癖の無気力な男子高校生れい(間宮祥太朗)は、リストカット常習者の死にたがり同級生女子・鹿野(桜井日奈子)が気になりギクシャクしながらも一緒に過ごすようになる。一方、自他ともに“カワイイ”と認める同じ学校のきゃぴ子(堀田真由)は、自信ありげに大学生の彼氏(金子大地)とのあやふやな関係を続けて、幼なじみでクラスメイトの親友・地味子(恒松祐里)をやきもきさせていた。そして後輩の撫子(箭内夢菜)は、地味子の弟・八千代(ゆうたろう)に無視されながらも「好き!」と言い続けてまとわりつくが、二人はそんな関係に満足しているようにも見えるのだ。原作はTeitter発の4コマ漫画。(126分)
ぽんしゅう (2020年01月22日)
[投票]
★3 ラストレター(2020/日)
裕里(松たか子)は自分と面影の似た姉の逝去を知り、その事実を伝えるべく、招待状の届いた姉の学生時代の同窓会に足を運んだ。あまりに若い頃とは異なった顔の皆の中、若さと美しさを失わない彼女は姉その人と誤解され、あまつさえ往時の思い人だった鏡史郎(福山雅治)の心までもざわつかせてしまう。恋心を募らせ、思いの丈を綴った彼のメールを発見した夫・宗二郎(庵野秀明)は激昂して裕里のスマホを水中へ叩き込み、裕里は鏡史郎に伝えるべきことばを手紙に載せて送らざるを得なくなる。だが、姉の名を騙った手紙の一通に、裕里の娘・鮎美(広瀬すず)は触れてしまった。母と鏡史郎、そして伯母の関係に興味をひかれた鮎美はひそかに動き始める。〔121分〕
水那岐 (2020年01月21日)
[投票]
★5 ジョジョ・ラビット(2019/米)
第二次大戦下のドイツ、父は出征し母スカーレット・ヨハンソンと暮らす10歳のジョジョローマン・グリフィン・デイヴィスは勇んで出かけたヒトラーユーゲントの軍事教練キャンプでジョジョ・ラビット=臆病者のジョジョと不名誉なあだ名をつけられてしまう。そんな彼を励ましてくれるのは心の(中だけにいる)友にして敬愛するアドルフ・ヒトラータイカ・ワイティテだ。ある日、母が外出中なのに家で物音がして不審に思い探しているとなんと!ユダヤ人の少女エルサトーマシン・マッケンジーが匿われていた。「あなたのお母さんの客よ」というエルサをどうしたものか、心の(中だけにいる)友アドルフと相談するジョジョだが…(109分)
シーチキン (2020年01月19日)
[投票]
★3 リチャード・ジュエル(2019/米)
1996年、五輪開催のアトランタで爆弾テロ事件が発生、不審物を発見した警備員が容疑者とされ、マスコミは彼を犯人として報道。その実話をクリント・イーストウッド監督で映画化。リチャード・ジュエルポール・ウォーター・ハウザーは母親キャシー・ベイツと二人暮らしで、正義を執行する警察に憧れつつ、今は警備の仕事をしている。警備中の公園で不審物を発見した彼は手順に従って爆発物処理班へ連絡、周辺を避難誘導するが爆発。被害を抑えた英雄視されるが3日後、地元紙がFBIは第一発見者の警備員を容疑者とみなしていると報道し、彼の周囲は一変。そして旧知の弁護士サム・ロックウェルに連絡をとるが…(131分)
シーチキン (2020年01月18日)
[投票]
★4 裏切りの街角(1949/米)
現金輸送会社の運転手スティーヴ(バート・ランカスター)は、地元ギャングの顔役スリム(ダン・デュリエ)の妻アナ(イヴォンヌ・デ・カーロ)と誘い合わせて町を出る計画を企てていた。その綿密な「計画」を実行するために、スティーブはスリム一味がたむろするナイトクラブに乗り込みギャングたちを挑発し騒動を起こすのだった。そんなスティーブの不穏な動きを察知していたラミレス警部(スティーブン・マクナリー)は、この機会に乗じてスリムを逮捕しようと現場に乗り込むだが・・・。それはまだ物語の序章にすぎず、この一触即発の事態に至るまでには、三人の複雑な事情と思惑があったのだ。(モノクロ/スタンダード/88分)
ぽんしゅう (2020年01月18日)
[投票]
★4 真昼の暴動(1947/米)
ウェストゲイト刑務所では、密かに脱獄を計画している囚人が重労働の現場にまわされ、瀕死の状態に追いやられるという事例が頻発していた。所長の座を狙う看守長のマンジー(ヒューム・クローニン)が、所内の混乱を引き起こすために手なずけた囚人による密告が原因だった。スパイの存在に気づいている囚人たちも、仲間からの信頼の厚いリーダーのジョー(バート・ランカスター)を中心に、裏切り者の密告者を事故にみせかけて粛清していた。そんな看守と囚人の攻防が続くなか、いよいよジョーは希望者を集めて集団脱獄計画を実行に移し始める。そして決行の日、計画は二転三転して大暴動に発展するのだった。(モノクロ/スタンダード/98分)
ぽんしゅう (2020年01月17日)
[投票]
★3 マザーレス・ブルックリン(2019/米)
ジョナサン・レセムの同名ハードボイルド小説をエドワード・ノートン監督・脚本・製作・主演で映画化。1950年代後半のNY、私立探偵のフランクブルース・ウィリスがでかいヤマを追いかけて何者かに殺された。孤児院で育ち彼に引き取られた部下のライオネルエドワード・ノートンは、突発的に意味不明な言動をしてしまう障害をもつが、記憶力は抜群だった。自分を「マザーレスブルックリン(母親のいないブルックリン)」と呼んでくれた恩人・フランクを殺した奴らに後悔させるために、対人関係が苦手なライオネルの調査が始まる。(144分)
シーチキン (2020年01月16日)
[投票]