コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(8/20)

★4 六月の勝利の歌を忘れない(2002/日)
2002年6月、初のアジア地区において韓国と日本で共同開催されたサッカーW杯。日本代表メンバーに選ばれた選手達を5月21日の代表合宿の初日から、6月18日のトルコ戦での敗北までを随時密着したカメラは描く。日本サッカー協会が資料として、撮影した数十時間に及ぶ資料映像を、岩井俊二が編集&監督を行った。全編デジカメ撮影、試合のシーンは権利問題からか、アニメーション処理されている。(220分)
Kavalier (2018年06月13日)
[投票]
★4 犬ヶ島(2018/米)
今から20年後の日本のメガ崎市。犬のあいだにインフルエンザが蔓延。小林市長(野村訓市)は、すべての犬をゴミ捨て場である“犬ヶ島”に隔離追放してしまう。そのゴミと瓦礫の島に一人の少年が降り立った。愛犬スポッツ(リーヴ・シュレイバー)を救出するために単身乗り込んだ市長の息子の12歳のアタリ(コーユー・ランキン)だ。アタリ少年は野良犬のチーフ(ブライアン・クランストン)ら5匹のはぐれ犬(エドワード・ノートン/ビル・マーレイ/ボブ・バラバン/ジェフ・ゴールドブラム)たちの力を借りてスポッツを探しに島の奥の禁断の地へと向かう。黒澤映画にオマージュを捧げたストップモーションアニメ。(101分)
ぽんしゅう (2018年06月13日)
[投票]
★5 ウィル・ペニー(1967/米)
もうすぐ50歳になるウィル・ペニーは、牛を運ぶカーボーイ。鉄道の支線まで運んだ後は汽車で牛を運ぶ為、そこで仕事は終わりだ。給料をもらって三々五々散って行く皆な。ウィルは紹介を受けた牧場へ向かうが、仲良くなった30歳前後のダッチとブルーと途中まで一緒に行く事にした。野宿した翌朝ブルーが林に鹿を見つける。撃とうとすると誰かが先に撃った。倒れる鹿。川向こうから現れたのは説教師と名乗るクイントとそのならず者の一家だった。鹿を巡って口論になり、一家の若者が発砲。銃撃戦になる。若者は死に、ダッチも重傷を負う。(もう少し続きます) [more]
KEI (2018年06月12日)
[投票]
★4 フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017/米)
6歳の女の子ムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)の家はディズニー・ワールドに隣接した安モーテル。定職のないシングルマザーのヘイリー(ブリア・ヴィネイト)は宿泊費を捻出しながら、その日暮らしの生活をおくっているのだ。そんな生活でもムーニーにとってパステルカラーに彩られたモーテル街はワンダーランドで毎日が大冒険。同じ境遇の男の子(クリストファー・リヴェラ)や女の子(ヴァレリア・コット)といたずら三昧の日々。モーテルの管理人(ウィレム・デフォー)は、規則を守らない親子たちに手を焼きながらも、彼らの境遇に理解を示し少しでも快適に過ごせるよう建物の管理や補修に余念がない。(112分)
ぽんしゅう (2018年06月12日)
[投票]
★3 ゾンビーワールドへようこそ(2015/米)
6歳のときからボーイスカウトを続けているベン、カーター、オギーの幼なじみ3人組。ちょっとハンサムなベンと女の子のことで頭がいっぱいのカーターは、いいかげんお年頃なこともしたいのにオギーがスカウトに熱心なのでなかなか辞めると言い出せない。オギーがスカウトの勲章をもらう記念のキャンプの夜に二人は抜け出して大人なパーティーに行くはずだったがゾンビが増殖し始めて…。ストリップ劇場で働くウエイトレスのお姉さんも合流し、みんなでゾンビと戦うぞ。(93分)
ロープブレーク (2018年06月11日)
[投票]
★4 プールサイド・デイズ(2013/米)
両親の離婚後、母トニ・コレットと暮らす14才の少年リーアム・ジェームズ。母の恋人スティーヴ・カレルとその娘と、恋人の別荘で日と夏を過ごすことに。その別荘の隣住む陽気な母アリソン・ジャニー、娘アナソフィア・ロブ、弟リヴァー・アレクサンダーとも知り合うが、少年は自分の居場所がないと感じていた。町で知り合った男 サム・ロックウェルが勤めるプールのバイトに誘われ引き受けることに。
とっつぁん (2018年06月11日)
[投票]
★2 ザ・マペッツ(2011/米)
ゲイリージェイソン・シーゲルとウォルター(マペット)の兄弟は、いつも一緒。ゲイリーが交際10年の記念に恋人エイミー・アダムスとのロサンゼルス旅行にもウォルターは一緒。マペットたちが大好きなウォルターのために、マペット劇場に行くが、今は訪れる人も少なく寂れている。ウォルターは石油王クリス・クーパーが劇場を取り壊して油田開発する話を聞いてしまう。マペットたちが劇場を取り戻すためには、所定の日までに1万ドルを集める必要がある。ウォルターたちはカーミットに会いに行く。
とっつぁん (2018年06月11日)
[投票]
★4 今日(2012/仏)
おめでとう、サッチェ!次に死ぬのは君の番に決まったよ!拍手喝采のもと、故郷の人々に暖かく送り出された男は、生前最後の日を、生まれ育った街のあちこちを再訪したり、自分の人生で重要な役割を演じた面々を尋ねたりして過ごすことにする。幼少の頃から秀才の誉れ高く、親族の出資で米国留学を果たしたサッチェは、自分に対する人々の意見が一枚岩でないことに気づかされる。親戚たちは彼のよそよそしい態度を責め、元カノは彼の行儀のよさを嘲笑う。そして、なぜ、自分が選ばれたのか納得のいかないサッチェに対して、叔父は人知を超えた神の意志を説くのだった。最後に彼は長らく音沙汰がなかった妻と幼い子供のもとに立ち寄り、ささやかながらも、和解の歩み寄りを試みる
濡れ鼠 (2018年06月11日)
[投票]
★4 スプリング、ハズ、カム(2017/日)
初春の東京。入る大学も決まり、広島育ちの璃子(石井杏奈)は通学する部屋探しに父親の肇(柳家喬太郎)とともにやってくる。すでに東京暮らしも板についた叔母(朴[王路]美)に励まされながら、不動産屋(角田晃広)の手を借りて家々をめぐる璃子は、ある年配の管理人(柳川慶子)のいるアパートで契約を結んだ。さまざまな人々との出会いを経て、同行する父との会話をかわす娘。父のことばから、己の誕生とともに亡くなった母親のことをはじめて意識する璃子は、父の死別した伴侶への思い、そして成長した自分との離別に寄せる感情を知るのだった。『あかぼし』の吉野竜平監督による商業的第2作。〔102分〕
水那岐 (2018年06月11日)
[投票]
★1 ウィッチ(2015/米=カナダ)
ウィリアム、キャサリン夫妻は5人の子どもたちと共に村を追われ、森の近くにある地で敬虔なキリスト教生活を送っていた。ある日、末っ子のサムが何者かに連れ去られてしまい悲しみに沈む家族。そんな中、父・ウィリアムは、トマシンが魔女ではないかと疑心暗鬼になる。
IN4MATION (2018年06月12日)
[投票]
★3 終わった人(2018/日)
東大卒業後、一流銀行へとエリートコースを進む筈だった壮介(舘ひろし)は、ライバルに負け子会社へと出向したまま定年を迎えることになった。妻の千草(黒木瞳)が長年勤務した美容院から、ついに夢かなって自分の店を開いた今、遊ぶしかない毎日に壮介は焦燥にかられる。だが、一念発起して大学院で文学研究にいそしもうと勉強を始めた壮介は、趣味のあう文化スクール勤務の久里(広末涼子)と恋に堕ちる。そしてジムで知り合ったある企業の若社長(今井翼)に、顧問を務めて欲しいと懇願される。チャンスに燃える壮介を応援する千草だったが、ある事件の解決を目論む彼の行動に異論を挟む。反発し我が道をゆく壮介だったが、彼を残酷な運命が待っていた。〔125分〕
水那岐 (2018年06月10日)
[投票]
★4 メイド・イン・ホンコン(1997/香港)
1997年。中国返還前夜の香港。借金取り立てで生計を立てるチャウ(サム・リー)は取り立て先で16歳の少女ペン(ネイキー・イム)と出会う。知的障がい者の弟分ロン(ウェンバース・リー)も交え3人はモラトリアムに香港市内を浮遊するのであった。そんな中、1人の女子学生が飛び下り自殺する。たまたま現場に居合わせたロンは彼女の2通の遺書を見つけ持ち帰る。少女の名はサン(エミィ・タン)。渡されたチャウは宛名の相手にそれを届けようとするが…。無名の新人がアンディ・ラウから譲り受けた期限切れ35ミリフィルムで撮ったという点でジャームッシュの逸話を想起させるフルーツ・チャンデビュー作。
けにろん (2018年06月10日)
[投票]
★4 ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017/仏)
西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)は穏やかに暮らしている民族が殺戮される悪夢から目覚めるのであった。相棒のローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)と合流し彼らが向かったのは千の惑星の都市との異名をもつアルファステーション。そこで、惑星キリアンの闇市場でエネルギー変換生物ミュールの奪取を命じられる。ヴァレリアンはローレリーヌにホの字であって再三プロポーズをするがシカトされていた。そんな微妙な関係の中、何とかミッションを遂行し本部に帰還するが、新たな指令が下される…。『スター・ウォーズ』に影響を与えたコミックをリュック・べッソンが万全を期して映画化。
けにろん (2018年06月10日)
[投票]
★3 空海―KU-KAI―美しき王妃の謎(2017/中国=日)
平安時代。修行の為単身、唐へ渡った空海(染谷将太)は、希望する青龍寺への入門も許されず、失意の日々を送っていた。そんな中、詩人の白楽天(ホアン・シュアン)と知り合う。そのころ長安では皇帝を始め権力者たちが次々と謎の死を遂げていた。折りしも役人、陳雲樵(チン・ハオ)の妻、春琴(キティ・チャン)の前に怪描が出現し庭を掘れば小判が出ると。一挙に金持ちになった陳雲樵は豪遊中に怪描に襲われるのだが…。その半世紀前の楊貴妃(チャン・ロンロン)、玄宗皇帝(チャン・ルーイー)、阿部仲麻呂(阿部寛)の挿話とクロスする夢枕獏原作をチェン・カイコーが自身の集大成として監督。
けにろん (2018年06月10日)
[投票]
★3 競泳選手ジャン・タリス(1931/仏)
1931年に400メートル自由形で世界記録を樹立したジャン・タリス(本人)は、その他の種目でも記録を続発し、フランスの国民的英雄であった。彼自身による速さを産み出すテクニックなどの解説を交えつつ、一方でお茶目な人柄をスクリーンに叩き付ける。ドキュメント紀行『ニースについて』をものにしたジャン・ヴィゴは彼の人柄を十二分に引き出しつつ様々な技法を無邪気に試している。特に水中撮影に於けるスローモーションは次作の『新学期 操行ゼロ』で開花するだろう…。
けにろん (2018年06月10日)
[投票]
★2 マンハント(2017/中国)
日本の大手製薬会社、天神製薬の顧問弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)はパーティの場で社長、酒井(國村隼)の秘書、希子(TAO)から誘惑され彼女の家に行くが何故か意識を失う。翌朝、目覚めた彼は希子の死骸を発見するのであった。一瞬の機転で警察をかわしたチウは街の雑踏に姿を消す。大阪府警の刑事、矢村(福山雅治)は無理矢理に新人、里香(桜庭ななみ)と組まされて事件を担当するが、独自の勘を働かせてチウを寸でのとこまで追い詰める。しかし、一方で凄腕の殺し屋、レイン(ハ・ジウォン)とドーン(アンジェルス・ウー)もチウを追っていた…。『君よ憤怒の河を渉れ』の再映画化。
けにろん (2018年06月10日)
[投票]
★2 海を駆ける(2018/日=仏=インドネシア)
かつて大津波に襲われたインドネシアのアチェ。復興支援の仕事をする貴子(鶴田真由)は、現地人の父を持つ息子タカシ(太賀)と暮していた。そんな貴子が、息子の大学の友人クリス(アディパティ・ドルケン)とジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)のインタビューを受けていたときに、海岸で記憶喪失の日本人らしい謎の男(ディーン・フジオカ)が見つかったとの一報が入り、身元が分かるまで預かることになった。ちょうど同じころ日本から来た姪のサチコ(阿部純子)も家に身をよせる。そして現地語で海を意味するラウと名付けられた、その寡黙な男の周りで次々と不思議な現象が起こり始めるのだった。(107分)
ぽんしゅう (2018年06月08日)
[投票]
★3 ダンケルク(1964/仏)
第2次大戦欧州戦線、仏は独軍の侵攻に喘いでいた。一兵士ジュリアン・マイア(ジャン・ポール・ベルモンド)とアレクサンドレと神父とデリーの4人は隊からはぐれ、北仏ダンケルク近くのズィドコート海岸にたどり着き、廃棄された医療用トレーラーで野営をする事にする。ダンケルクの海岸から英国へ行く船が出ているとの噂を聞くが、行く事にしたのはマイアひとりだった。行くと大勢の兵士が集まっており、‘英人は乗せるが仏人はダメだ’と断られる。が親切な大尉ロビンソンがブレ・デュヌの町の事務所で許可証をもらって来いと言ってくれる。(まだ続きます) [more]
KEI (2018年06月07日)
[投票]
★4 殺人者にスポットライト(1961/仏)
余命幾許もない大富豪のエルブ・ドゥ・ケルロケン伯爵が病床から跡形もなく姿を消したとき、子供たちは遺体が発見されて法医学的に死亡が確認されない限り、遺産分配を5年間保留しなければらないと宣告される。その間、厖大な領地の管理に必要な経費を捻出するために、城館を観光客に開放することを余儀なくされる。奇しくも資材を揃えてアトラクションとしての化粧替えに必要な準備を進め始めた矢先に、居合わせた者が次々と不審死を遂げる。果たして遺産の一人占めを狙う身内の仕業か?相続者の一人ジャン=マリの恋人で好奇心旺盛なパリ娘のミシュリンは、すっかり探偵気取りになって犯人探しに夢中になる。
濡れ鼠 (2018年06月07日)
[投票]
★4 カルテット!人生のオペラハウス(2012/英)
イギリスの郊外に、引退した音楽家たちの老人ホーム‘ビーチャム・ハウス’がある。そこは今、資金難に陥っていたが、ヴェルディの生誕記念のガラ(:特別な催し物)コンサートを開き、入場料というか寄付金で乗り切ろうと考えていた。そのホームの中に、いつも女と酒のウィルフ(ビリー・コノリー)、皆に可愛がられているシシィ(ポーリン・コリンズ)そして真面目なレジー(トム・コートネイ)がいた。3人共有名な声学家だった(昔は)。ある日1人の入居者が来る。超大物、マリア・カラスの再来といわれたジーン・ホートン(マギー・スミス)。拍手で皆が迎える中、1人だけ顔を背ける男がいた。レジーだ。(もう少し続きます) [more]
KEI (2018年06月06日)
[投票]