コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(2/20)

★5 母という名の女(2017/メキシコ)
メキシコ海辺の別荘で17歳のバレリアアナ・バレリア・ベセリルは姉クララホアナ・ラレキと二人暮らし。同い年の彼氏マテオエンリケ・アリソンの子を身籠り臨月を迎えたある日、クララは疎遠だった母アブリルエマ・スアレスにこちらへ手伝いに来てと連絡する。最初は身構えたバレリアだが献身的で理解のある母に安心して出産し、マテオとも同居して幸せなスタートに見えたが、赤ん坊の世話は大変だった。そしてある日、アブリルは思わぬ行動に出るのであった…(103分)
シーチキン (2018年08月05日)
[投票]
★4 夜は短し歩けよ乙女(2017/日)
京都。大学の送迎会で酒をあおっていた「先輩」(星野源)は、後輩の楚々とした美女ながら豪胆で底なしの酒豪である「黒髪の乙女」(花澤香菜)に思いを寄せ、なるべく彼女の目にとまる「ナカメ作戦」を実行していた。そんな事とは露知らぬ乙女は、皆と離れてじっくりカクテルのはしごをすべく、ひとり夜の街に繰り出すのだった。言い寄ってくる助兵衛親父・東堂(山路和弘)を撃退し、天狗を名乗る樋口(中井和哉)や羽貫(甲斐田裕子)と親しくなった乙女は、知る人ぞ知る酒「ニセ電気ブラン」の旨さを教えられる。一方乙女を追う先輩は、行く手に立ち塞がる長い夜を愉しむ人々を掻き分け、いつしか冒険の渦中に踏み入ってゆくのだった。〔93分〕
水那岐 (2018年08月05日)
[投票]
★3 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017/日)
茂下町に花火の季節がやってきた。中学生男子の一団はそれをめぐり意見を戦わせる。花火は丸く炸裂するのか、それとも平べったく広がるのか。仲間たちは花火大会でそれを確かめに向かおうと約束を交わした。だが、そのなかの典道(菅田将暉)は学級のマドンナであるなずな(広瀬すず)に一緒に駆け落ちしてくれと頼まれる。彼女は母親(松たか子)の都合で夏休みを迎え転居することを強いられていたのだ。行動に出たもののなずなは連れ戻され、残された典道は途方に暮れる。祐介(宮野真守)ら仲間にも責められた彼は、激情のままになずなが海で見つけた不思議な珠を放り投げる。その時異変が起こり、何故か典道の思うままに時間は巻き戻った…。〔90分〕 [more]
水那岐 (2018年08月05日)
[投票]
★4 ルームロンダリング(2018/日)
ルームロンダリング、それは事故、自殺、事件など「人死に」のあったワケあり物件に、不動産屋の息のかかった人間を一定期間、住まわせて、誤魔化してしまうこと。幼い頃、父が死に母が失踪し祖母に育てられた御子池田エライザは、誰とも話しをせず人付き合いも大の苦手。その彼女にいかにも怪しげな不動産屋の叔父・悟郎オダギリジョーは、隣人と交流しないように言い聞かせてルームロンダリングのバイトをさせ引越しを繰り返させる。しかし御子にはその部屋にいる(いた)彼、彼女(のユーレイ)が見えてしまうのであった!しかも隣人と話はしないけど彼、彼女とは話も出来てしまう御子の運命は…(109分)
シーチキン (2018年08月05日)
[投票]
★2 菊とギロチン(2018/日)
関東大震災直後の大正末期。世の中は重く不穏な空気に包まれていた。平等な社会を目指して権力者と富裕層を攻撃する結社「ギロチン社」の活動家・中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛一郎)は、憲兵によって惨殺されたアナーキスト大杉栄の仇をとるために甘粕正彦の命を狙って上京した。そこで二人は、岩木(渋川清彦)が率いる女相撲一座の興行に出会う。夫の暴力から逃れ、ひたすら強くなりたいと稽古に励む新人の花菊(木竜麻生)や、元遊女で朝鮮人の十勝川(韓英恵)ら女力士のひた向きな姿に接し、中濱と古田は心に通じるものを感じるのだった。瀬々敬久監督が長年暖めた構想を自主制作で実現させた長編群像劇。(189分)
ぽんしゅう (2018年08月05日)
[投票]
★4 ウインド・リバー(2017/米)
アメリカの先住民が追いやられた保留地で行方不明者が多発している現状を『ボーダーライン』脚本のテイラー・シェリダンが監督して映画化。米中西部ワイオミング州の高山地帯で、家畜等に害を及ぼす猛獣駆除を生業とするハンター・コリージェレミー・レナーは、保留地ウインドリバーで牛がピューマにやられたとの連絡を受けて赴く。そしてその追跡中に雪原で先住民の少女の死体を発見する。部族警察を通して連絡を受けたFBIは捜査官のジェーンエリザベス・オルセンただ一人を派遣する。保留地故に確証がなければ捜査員の増員も見込めない中、ジェーンはコリーに協力を頼むが…(107分)
シーチキン (2018年08月04日)
[投票]
★4 ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018/米)
MIシリーズ6作目。イーサントム・クルーズはIMFから3個のプルトニウムの奪還の任務を受け、ルーサー ヴィング・レームズ、ベンジーサイモン・ペグとチームを組むが敵の襲撃により失敗。プルトニウムを見失ったイーサンにCIAは敵と通じているのではと不審の目を向け彼に凄腕エージェント・ウォーカーヘンリー・カヴィルとの同行を強いる。パリの武器密売人ウィドウヴァネッサ・カービーに接近するイーサンだが、プルトニウムと交換にかつて「シンジゲート」を組織し逮捕されたレーンショーン・ハリスの逃亡を持ち出される。さらにかつて「シンジゲート」に身を置いたイルサレベッカ・ファーガソンも現れ…(147分) [more]
シーチキン (2018年08月04日)
[投票]
★5 夜(1961/伊)
モノクロの都会。降りていくエレベーターのカットにクレジットがあらわれ物語が始まる。倦怠期の夫婦が共通の友人を見舞う。じっと彼を見つめる妻ジャンヌ・モローと友人をなぐさめる夫であり作家マルチェロ・マストロヤンニは見舞いの後、別行動にでる。あてもなく街をさまよい妻は何を探しているのか? 日は暮れて夜のパーティに出かける二人。妻は独り黙ってパーティの喧騒を静かに見つめ、夫は魅惑的なモニカ・ヴィッティと心通わせる。たった一晩の夜会に人生がにじみだす。愛の不毛を描かせれば右に出るものはないミケランジェロ・アントニオーニが映し出す、とある夫婦の行方とは。
のこのこ (2018年08月01日)
[投票]
★1 ひるね姫 知らないワタシの物語(2017/日)
倉敷。父モモタロー(江口洋介)の経営する自動車工場で、高校生ココネ(高畑充希)は日々を過ごしていた。ところ嫌わず眠りにおちてしまう彼女の夢に現れる異世界は、妙に終始一貫したバックボーンに貫かれているのだった。厳格な老国王(高橋英樹)の押し進める一大工業国家。そこにいるココネは許されない魔法をもって奔放に振る舞う王女であり、祖父たる国王によって幽閉されていた。父に似たエンジニアにより逃亡を助けられた彼女を、国王の腹心(古田新太)が追う…。だが、現実に引き戻されたココネを父が逮捕されたとの一報が迎えた。父は無愛想だが決して悪人ではない。現実と空想の混濁のなか、警察の裏をかいてココネは救出行に出る。〔110分〕
水那岐 (2018年07月30日)
[投票]
★4 正しい日 間違えた日(2015/韓国)
ソウル近郊の観光都市、水原(スウォン)。自作の上映会で講演するために訪れていた映画監督のチュンス(チョン・ジェヨン)は、街を散策中に見かけた可愛く魅力的な地元の画家ヒジョン(キム・ミニ)に声をかけた。根っから女ぐせの悪いチュンスは、何とか彼女を口説き落そうと喫茶店に誘い、アトリエを訪れ、すし屋でしこたま酔っぱらい、地元の詩人のパーティーに合流するが・・・。そんな話しが二度繰り返され、二つの違った結末を迎えるトリッキーな一夜のナンパ物語。ロカルノ国際映画祭 金豹賞(最高賞)と主演男優賞を受賞。(121分)
ぽんしゅう (2018年07月29日)
[投票]
★2 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー(2018/米)
銀河帝国支配下にある時代。辺境スラムの惑星でストリートキッドとして育ったハン(エーレンライク)は、ギャング・ボスのブツを持ち逃げして幼馴染キーラ(クラーク)と共にドン底からの脱出を図るが、空港で彼女とはぐれてしまった。再会を誓い、捜査の目を欺くために帝国の徴兵に応じた彼は、パイロットとして銀河一に成り上がることを夢見るが、チャンスに恵まれずに冴えない歩兵として戦場を這いずり回る日々。そんな中、ベケット(ハレルソン)率いる戦場荒らしの一団に遭遇した彼は、彼らに惹かれ、「大きなヤマ」に同行することになる。そこに「運命の出会い」が待ち受けていた・・・ [more]
DSCH (2018年07月27日)
[投票]
★4 ワンダー 君は太陽(2017/米)
10歳の少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)。彼は生まれながらに顔に障害があり、27回もの手術を受けてきた。学校へ通わずに、自宅学習を続けてきたが、母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)は、普通の子供のように生活させたいと思い、新学期から学校へ通うことに。そして初日、オギーは素顔で登校するが、生徒たちはその「見た目」に驚き、避ける。そのことに怯えるオギーは、ずっと下を向いたまま下校をするが・・・。
プロキオン14 (2018年07月22日)
[投票]
★4 ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018/米)
2015年『ジュラシック・ワールド』の続編。遺伝子工学で新種の恐竜を産み出したジュラシックワールドの惨劇から数年後、恐竜の島と化した孤島では火山活動が活発になり孤島に生きる恐竜に絶滅の危機が。恐竜保護を求めるクレアブライス・ダラス・ハワードはかつてハモンドと共にジュラシックパークを創設した財団の要請を受け、島へ残された高い知能を持つ恐竜ラプトルの「ブルー」を救出すべく、かつて「ブルー」を飼育したオーウェンクリス・プラットに一緒に孤島へ渡ってほしいと頼むのだが、その背後にはクレアも知らない密かな思惑が…(128分)
シーチキン (2018年07月22日)
[投票]
★4 カメラを止めるな!(2017/日)
人里離れたいわくつきの廃墟で、そのホラー作品の撮影は行われていた。クライマックスシーンにさしかかり撮影は難航。ヒロインの逢花(秋山ゆずき)の演技に、監督の日暮(濱津隆之)がなかなかOKを出そうとしないのだ。何かに憑りつかれたように監督の要求はエスカレートし、ついに撮影は一旦休憩に入る。あまりの監督の非常識な執拗さに、逢花と恋人役の若手人気男優、藤丸(藤村拓矢)、そしてベテランのメイク晴美(しゅはまはるみ)は呆れ果て愚痴り始めるのだった。やがて襲いかかる怒涛の恐怖を3人はまだ知るはずもなかった・・・。まるまる一本、ワンカットで撮りあげられたノンストップ・ゾンビ映画、のようなコメディ映画。(96分) [more]
ぽんしゅう (2018年08月07日)
[投票]
★3 すべてはその朝始まった(2005/米)
メリッサ・ジョージと持病のある娘アディソン・ティムリンと暮らす男クライヴ・オーウェン。ある朝、通勤電車の中で女ジェニファー・アニストンと知り合う。女と浮気しようと安ホテルの部屋に入ると強盗ヴァンサン・カッセルが現れ財布を奪われ、女をレイプしようとする強盗を止めようとして酷く傷めつけられる。強盗がいなくなった後、男は警察に届けようとするが、女が夫に知られたくないと止める。さらに強盗から男に電話があり金をゆすられる。 [more]
とっつぁん (2018年07月22日)
[投票]
★3 マルクス・エンゲルス(2017/仏=独=ベルギー)
「資本論」を著し今も知の巨人として注目を集める思想家にして革命家カール・マルクスの若き姿を、終生の盟友フリードリヒ・エンゲルスと出会い「共産党宣言」を発表するまでの激動の日々を描く伝記映画。1840年代のドイツ、絶対王政により寄稿していたライン新聞が発刊停止になりフランスへ追放されたマルクスアウグスト・ディールは、妻イェニーヴィッキー・クリープスと幼子を連れ貧乏に追われながら無政府主義者プルードンらと論争していた。そしてある日、イギリスの裕福な紡績工場主を父に持つエンゲルスシュテファン・コナルスケと出会い、語り合う中で新たな革命のスローガンを掲げるべきだと一致するのだった…(118分)
シーチキン (2018年07月22日)
[投票]
★3 クライムダウン(2011/英)
5人の山登りチーム。山ガールのアリソン(メリッサ・ジョージ)、経験のない若いエド、リーダーのログ、そして夫婦のアレックスとジェニーだ。途中の林の中で、彼らは咆哮を聞く。何だろう?獣か?声のする方へ行ってみると、そこには地中から突き出たパイプが。助けて(?)という声も。土を掘り起こすと、木箱が出て来て、中に少女がいた。言葉も通じず(外国人か)おびえるだけの少女。5人はとにかく山を下りようとするが・・・(まだ続きます) [more]
KEI (2018年07月20日)
[投票]
★4 君の名前で僕を呼んで(2017/伊=仏=米=ブラジル)
僕の名はエリオ(ティモシー・シャラメ)。両親とともに北イタリアで夏休みを過ごしていたが、大学教授の父の助手として、アメリカ人の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー )がやってきた。遺跡の発掘などを手伝いながら、僕のうちで一緒の夏を過ごすことに。友人たちは「去年の人よりいい男ね」とか言うが、自信家でクールなオリヴァーの態度に、なんだか僕は苛立ちを覚えるんだ。でも気が付くと、僕は自然に彼の振る舞いを目で追っているんだ。この気持ちはいったい何なんだろう・・・。 [more]
プロキオン14 (2018年07月20日)
[投票]
★4 太陽は光り輝く(1953/米)
南北戦争が終り40年たったケンタッキーのある町。判事のプリースト(チャールズ・ウィニンジャー)は、元南軍のラッパ手で親友のレイク医師(ラッセル・シンプソン)らが集う退役軍人会の世話役を務めていた。酒好きで南部気質が抜けないプリーストだが、住人からの信頼は厚かった。ところが、今回の判事選挙ではプリーストの古い体質を批判する対立候補があらわれ苦戦をしいられていた。さらに町に舞い戻った名家の息子アシュビー(ジョン・ラッセル)やレイク医師の養女リー(アーリーン・ウィラン)の出自をめぐるトラブルが起きてしまう。ユーモアを交え人道を問うジョン・フォードの人情劇。(モノクロ/スタンダード/90分)
ぽんしゅう (2018年07月19日)
[投票(1)]
★3 ステイ(2005/米)
精神科医ユアン・マクレガーは、自殺未遂を図ったことがある恋人ナオミ・ワッツと暮らしている。体調を崩した同僚ジャニーヌ・ギャロファロの代わりに、大学生ライアン・ゴスリングを診ることになったが、大学生は3日後の21才の誕生日に自殺すると告げる。 大学生は、晴れた日に、午後は雹が降ると言い当てたり、精神科医の知人ボブ・ホスキンスを死んだ父だと言ったり理解しがたい発言を繰り返す。やがて精神科医も不可解な体験をするようになる。
とっつぁん (2018年07月16日)
[投票]