コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(19/20)

★4 彼の見つめる先に(2014/ブラジル)
生まれつきの全盲である少年レオ(ジュレルメ・ロボ)は、悪童たちの悪戯につねに晒されていたが、長年つちかった勝気さと、幼馴染みの少女ジョヴァンナ(テス・アモリン)のフォローから相手にすることもなくやり過ごしていた。それゆえレオは強気に海外留学すらも望み、過保護の母親(ルシア・ホマノ)たちを慌てさせるのだった。淡々と過ぎてゆく生徒生活のなかで、そんなレオたちの前に現われたのが転校生の少年ガブリエル(ファビオ・アウディ)だった。人懐っこい彼はレオの後ろの席に座ったことをきっかけに、彼と友情を育むべく様々な誘いを持ち掛け、その心を揺さぶってゆく。ジョヴァンナの性別を超えた嫉妬を引き出してしまうまでに…。〔96分〕
水那岐 (2019年01月01日)
[投票]
★4 サファリ(2016/オーストリア)
動物の皮や頭部のはく製を目的に狩猟をする「トロフィー・ハンティング」は、欧米の中産階級向けのレジャーとして合法的な産業となっている。その実態を醒めた視線で描くウルリヒ・ザイドゥルのドキュメンタリー映画。商業化したハンティング・ツアーは、今やアフリカ諸国の重要な観光資源のひとつとして定着し、業者の手で繁殖された動物は種別ごとに値段を付けてハンターたちに提示され、現地ガイドが獲物のいる場所まで案内してくれるのだ。ナミビアを舞台に嬉々として動物を狩るドイツやオーストリアのハンターたち。食用の肉を得るために獲物の解体作業に従事する現地人たち。彼らを淡々と追うカメラは人間の業や矛盾をあぶりだす。(90分)
ぽんしゅう (2019年01月01日)
[投票(1)]
★2 ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して(2013/仏)
第二次大戦に従軍した米先住民のジミー(ベニチオ・デル・トロ)は、帰郷後激しい頭痛などの症状に悩まされていた。彼の母代りの姉ゲイル(ミシェル・スラッシュ)に付き添われて、カンサスの軍病院を訪れた彼の症状を誰も分析できず、先住民の研究に心を砕いていた仏人医師ジョルジュ(マチュー・アマルリック)が招聘された。ここから始まった対話式の分析法により、ジョルジュはジミーに精神疾患がないことを見抜き、彼の幼児期より現在に至る女性遍歴の特異さに目をとめる。そんなジョルジュは恋人マドレーヌ(ジーナ・マッキー)に過去をめぐり責められながらも、いつしかジミーとのあいだに友情をはぐくみ、関係を深めてゆくのだった。〔117分〕
水那岐 (2019年01月01日)
[投票]
★3 ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で(2016/カナダ)
2009年、一人の女性が短い一生を終えた。彼女の名はネリー・アルカン(ミレーヌ・マッケイ)。デビュー作の「ピュタン」が多くの賞を受賞し、ベストセラーになる。その内容は、モデルはネリー自身では?といわれるエスコートガールを主人公としたスキャンダラスな物語。金髪に濃い目の化粧と胸元のあらわなドレスでマスコミの前で奔放に振る舞い、セクシーアイコンとして時代の寵児となる。しかし自室のドアを閉めれば、そこには、自作の評価に苦悩し、人気作家としての虚勢に疲れ、自分が生み出した登場人物に蝕まれてゆく、孤独な一人の女性がいた。36才の若さでこの世を去った女性作家の物語。 [more]
プロキオン14 (2019年01月01日)
[投票]
★4 ウェスタン(2017/独=オーストリア=ブルガリア)
ブルガリア南西部の国境地帯。一群のドイツ人作業員が、山中の工事現場に籠もって働いている。麓に村があるが、よそ者に対する不信は、どうやら言葉や文化の壁のためだけでなさそうだ。ドイツ人は仮設の宿舎に母国の国旗をこれ見よがしに掲げ、川辺に水浴びに来る村娘を冷やかしたりする。成人の娘がいるマインハルトは、言葉少なな一匹狼だ。過去の経歴は不明だが、アフガン戦争に従軍した元傭兵であることを仄めかしたりする。そのためか、同国人と一緒にいるよりも、言葉もろくに通じない人々の間にいるほうを好む。一日の仕事の後は、独りで村に繰り出し、片言ながらもなんとか現地人と交わろうとする。じきにマインハルトは、相互に反感を募らす両陣の間に挟まれて厄介な事態に陥る
濡れ鼠 (2019年01月17日)
[投票]
★2 スターシップ9(2016/スペイン=コロンビア)
地球の汚染から逃れ宇宙船「スターシップ9」は遠い惑星を目指していた。乗員は生れて以来この宇宙船で暮らしている20歳のエレナ(クララ・ラゴ)だた一人。両親は3年前に酸素を節約するため泣く泣く宇宙船を去っていたのだ。ある日、酸素供給装置の不具合を修理するため母船からエンジニアの青年アレックス(アレックス・ゴンザレス)がやってきた。エレナにとって両親以外に初めて接する生身の人間であり男だった。エレナは、このまま人間らしい生活を知らずに年をとってしまう不安を嘆きアレックスにキスを求めて迫るのだった。人類の未来を賭けた重大な使命のなか恋に落ちた二人には、思いもかけない“新たな未来”が待っていた。(95分)
ぽんしゅう (2019年01月01日)
[投票]
★3 はじまりの街(2016/伊=仏)
ローマの主婦アンナ(マルゲリータ・ブイ)は、度重なる夫の暴力に耐えきれず息子ヴァレリオ(アンドレア・ピットリーノ)と家を後にした。彼女の親友であるカルラ(ヴァレリア・ゴリーノ)は温かく出迎え、演劇活動の拠点に使っているトリノの家の一室をアンナと息子に貸し与える。こうして親子の生活は再出発を迎えたのだが、厄介なことは活発な少年であったヴァレリオの変節だった。友を作れずに孤独な日々を送る息子は、ある日母親が隠した父からの小包を見つけ、感情を爆発させる。母とのすれ違いに傷つき、ヴァレリオは街に出て食堂の主人マチュー(ブリュノ・トデスキーニ)や娼婦ラリッサ(カテリーナ・シュルハ)に友情を求めるのだった。〔107分〕
水那岐 (2019年01月01日)
[投票]
★3 ガザの美容室(2015/パレスチナ=仏=カタール)
真夏のパレスチナ。不穏な気配をはらむ外界の空気を締め出すかのように、ロシア出身のクリスティン(ヴィクトリア・バリツカ)が経営する美容室は今日も女たちの熱気に溢れていた。離婚騒動の渦中にあるエフィティカール(ヒアム・アッバス)、臨月を迎える妊婦ファティマ(サミラ・アル・アシール)、敬虔なムスリムとしてヒジャブの下を決して世間に晒さないゼイナブ(ミルナ・サクラ)…それは社会の縮図のさまを呈していた。だが、アシスタントのウィダド(マイサ・アブドゥ・エルハディ)の恋人が属するマフィアとハマスとの戦闘が、美容室のある街を停電させ女たちの闊達な会話を奪う。戦闘は激化し、店にも苛立ちの匂いが漂い始めた。〔84分〕
水那岐 (2019年01月01日)
[投票]
★3 どこでもない、ここしかない(2018/スロベニア=マケドニア=マレーシア=日)
スロバニアの首都リュブリャナ。トルコ系移民のフェルディ(フェルディ・ルッビジ)は、折りしもの不動産ブームに乗っかって儲けていた。仕事ができると勘違いした彼は生来の女癖の悪さから経営するゲストハウスの宿泊客に手を出しまくり。そんな彼の所業に糟糠の妻ヌーダン(ヌーダン・ルッビジ)は家出するのであった。妻のことを邪険にしていたフェルディであったが、失って初めて妻への想いに気づく。彼はヌーダンの故郷マケドニアに向かうのだが…。何の目算もないまま現地へ行き成り行きで知り合った人々を使って撮り上げたシネマドリフターを標榜するリム・カーワイ長篇第6作。
けにろん (2019年01月01日)
[投票]
★2 大きな古時計(2005/日)
旅行客(藤村ちか)は沖縄のホテルを訪れ、そこで11時5分で止まった柱時計を目にする。元オーナーの爺さん…コウイチは、それが自分の分身のような時計だと語る。若き日のコウイチ(松田悟志)はシェフになる夢を、弟のマサヤ(藤沢大悟)は画家になる夢を抱いていたが、突然の両親の事故死でホテルを継がざるを得なくなる。しかし客は来ず、ふたりが退屈を持て余していた時、闖入してきた初めての客がアヤカ(松本まりか)だった。柱時計は彼女を歓迎するように鳴り、アヤカをはさんで兄弟は夢のような季節を過ごした…。だが彼女はある日去り、画業が思い通りにゆかないマサヤは、東京で絵を学ぶために時計を売り払ってしまった。〔80分/カラー/スタンダード〕
水那岐 (2019年01月01日)
[投票]
★4 ハローグッバイ(2016/日)
高2のはづき(萩原みのり)は仲良しグループと行動をともにしながら、友人の彼氏と肉体関係をもっていることを秘密にしていた。そんな彼女が厄介ごとを押し付ける相手が、控えめな「委員長」葵(久保田紗友)だった。ある日葵が道に迷ったらしい老婆・悦子(もたいまさこ)の相手をしているのに出くわしたはづきは、謝礼目当てで仲間に加わる。どうやら悦子は恋文を手渡す相手を探しているようだった。結局娘の早紀(渡辺真起子)に迎えられた悦子から謝礼をもらい忘れたはづきは、このことに関心を失う。だが、葵は十万円を払うから悦子の行動に手を貸してほしいと詰め寄る。十万円とは、はづきが秘密にしていたある行為の代金の額だった。〔80分〕
水那岐 (2019年01月01日)
[投票]
★2 スティルライフオブメモリーズ(2018/日)
スティル・ライフとは“静物”の意味。若手の写真家、春馬(安藤政信)の写真展を訪れた地方の写真美術館の学芸員の怜(永夏子)は、彼の“静物”写真に魅入られてしまう。後日、春馬に怜から撮影の依頼が入る。条件は何も訊ねないこと、ネガは怜が買い取ること、そして被写体は彼女自身の性器。当初は戸惑った春馬だが、やがて撮影に没頭しはじめ、その被写体に本気で取り組む決心をし、妊娠中の恋人、夏生(松田リマ)にいきさつを告白するのだった。四方田犬彦の評論「映像要理」で紹介されたフランスの画家・写真家アンリ・マッケローニの「女性器写真集」に着想を得た矢崎仁司のアート風ムービー。(107分)
ぽんしゅう (2019年01月01日)
[投票]
★3 わさび(2016/日)
寿司屋「やま乃」は主人(杉本凌士)の鬱症状によりずっと休業状態だった。家に閉じこもる彼を見かね、一人娘の葵(芳根京子)は父の生活をフォローしながら高校生活を続けていた。担任教師のみならず、いまは離婚して別の男と暮らしている母(富田靖子)もきわめて安直に、大学進学組に鞍替えし母と暮らす道を選べとさとす。だが、父の稼業を継ごうとする娘は首をタテに振ることはなかった。ある日、葵は少し前まで野球部で腕をふるっていた習慣から、バッティングセンターで憂さを晴らす。そんなとき、彼女のコーチをしていた従業員(下條アトム)に再会する彼女。葵はかつて打てなかったコーチの投球を見せてほしい、と頼み込んだ。〔29分〕
水那岐 (2019年01月01日)
[投票]
★4 メトロ42(2012/露)
モスクワの優秀な医師アンドレイは、娘のクシューシャを学校へ送るために地下鉄の42号列車に乗った。その路線は、旧ソビエトの冷戦時代に作られた古い路線で、防空壕や軍事機密などために、入り組んだ脆い構造だった。突然トンネル内に大量の水が流れ込み、列車は急停車するものの、脱線し、衝突した。車内には大勢の死者や負傷者があふれかえり、生き残った者は脱出しようと逃げ惑う。アンドレイと娘も脱出しようとする。一緒に逃げることになったのは喘息もちの少女と、彼女に一目ぼれした青年、中年の看護婦の女、それに、アンドレイの妻の浮気相手の実業家のウラドがいた・・・
プロキオン14 (2019年01月01日)
[投票]
★4 Miss Peach ミス・ピーチ(2005/日)
桃をキャンペーンするミスピーチのミキ(林由美香)と準ミスのサキエ(薫桜子)とアケミ。3人にはミスフルーツインターナショナルの日本選考が目前に控えていた。ミキには暗い過去があり、今は亡き沖田との子供をもうけていたが赤ちゃんの時に施設に預けていた。そしてミキは現在、ゲイの二階堂の自宅に同居している。ある日、ミキは雑誌の取材を受けることになり編集者の宇都宮と出会う。かつての恋人・沖田そっくりの宇都宮にミキは驚きを隠せないが、彼はミスコンに対して偏見を持っており、ついにはミキを怒らせてしまう。一方で、サキエはミキに敵対し、ミスコンの座を狙っていたが…(60分)2005年6月に急逝した林由美香の遺作。
ナッシュ13 (2019年01月01日)
[投票]
★4 ユニットバス・シンドローム(2004/日)
別れた彼女を忘れられないフジモト(山中崇)はユニットバスの天井裏に彼女との思い出を大切に隠し持っている。友人ダイスケ宅で行われた失恋パーティでも、ついユニットバスの天井裏を覗き込んでしまう。するとそこには、別れた彼女にそっくりなシノハラ(勝俣幸子)が座っていた。[75分/カラー/スタンダード]
freetree (2019年01月01日)
[投票]
★3 虹色★ロケット(2007/日)
転入生のユカ(松永祐佳)は、クラスに問題視されている「芸術的銀河科」を選んだ。たった6人の生徒で構成されるクラスを…。同級生には、日がな一日眠っているシュンタ(伊藤峻太)がおり、彼女の秘密にしている「病気」のことも一瞬のうちに見抜かれてしまうのだったが、焦りながらもその日は帰宅したユカだった。翌日、音楽科から来たというコウヘイ(宮川広平)に、どうして移ってきたかを聞くユカは、音楽科が一時期ドラッグの巣窟であったことを知る。そして、ユカは次第に皆の「命」について抱えた悩みに気づいていく。現役高校生の手になるフィルムながら、その完成度に商業公開された一作。〔74分/カラー/ヴィスタ〕
水那岐 (2018年12月31日)
[投票]
★3 くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ!(1997/米)
ある日、目覚めたプー(声カミングス)はドアの外にハチミツの壷が置いてあることに気が付く。大好物だけど誰のものだが解らない。そこでプーは大好きなクリストファー・ロビン(声ブラハム)に相談しようとするが、どこにも姿が見つからない。やがて、そのハチミツの壷にクリストファー・ロビンが遠い場所に居ると書いてあるらしい手紙が張り付いてることに気付く。プーと100エーカーの森の仲間たちは、大好きなクリストファー・ロビンを探すために果敢にも冒険の旅に出かけるのだった!。(カラー 74分)
TOBBY (2018年12月31日)
[投票]
★3 ザ・ベイ(2012/米)
アメリカ・メリーランド州チェサピーク湾に面した海辺の町クラリッジ。大学でジャーナリズムを専攻するドナ(ケサー・ドナヒュー)は、独立記念日を祝うカーニバルで賑わう町を取材している。ストックマン市長(フランク・ディール)は海水濾過施設とそれを利用した鶏の飼育工場が自慢で、豊かな水資源こそが町の原動力だと演説。だが、その「水」に触れた町の人々に、突如として謎の疫病が発症する。全身の発疹、短時間で壊死する四肢、ズタズタに破壊される内臓……いったいこの町で何が起こっているのか! [more]
MSRkb (2018年12月31日)
[投票]
★4 セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!(2017/スペイン=キューバ)
1991年ソ連が崩壊する中、かつてソ連に留学し今はキューバでマルクス主義哲学を教えている大学教授のセルジオトマス・カオは執筆した教科書もなかなか出版されず、ソ連崩壊のあおりによる経済的苦境もあって生活は大変。趣味のアマチュア無線に没入しているとなんと!ソ連宇宙ステーション・ミールに滞在するただ一人の宇宙飛行士セルゲイエクトル・ノアスと交信でき互いの境遇を語り合い友情を深める。しかしセルゲイはソ連崩壊の混乱で地球帰還が相次ぎ延期、妻の誕生日にも帰れず人間の宇宙滞在記録を更新する羽目に。なんとかしてやりたいとセルジオはNYに住む無線仲間のピーターロン・パールマンに相談を持ちかけるが…(93分) [more]
シーチキン (2018年12月31日)
[投票]