コメンテータ
ランキング
HELP

新着あらすじ(11/20)

★3 キンキンのルンペン大将(1976/日)
何をやらせてもワンテンポずれ、失敗してしまうダメ中年清十郎(愛川欽也)は、とうとう女房に追い出され故郷の山形を後にした。上野でこれからの行動を練ろうとする彼だったが、財布をスラれ貴重品を巻き上げられて一文無しになってしまう。そんな彼に救いの手を差し伸べたルンペンの会長(伴淳三郎)の庇護のなか、清十郎は公園を根城とするようになる。そして彼が出会ったのが、同じ山形から東京に来たものの会社が潰れ途方に暮れる娘・秋子(坂口良子)だった。彼女の身を案じた清十郎は、俄然気力を呼び起こされ靴屋の就職先を得てふたりで寝られる場を得るが、ボヤを出してクビになってしまった。もう面倒はかけられないと、秋子は姿をくらますが…。〔86分〕
水那岐 (2020年04月02日)
[投票]
★3 秋のマラソン(1979/露)
旧ソ連のレニングラード。大学講師で翻訳家のアンドレイ(オレグ・バシラシビリ)は、気が弱く誰にでも良い顔をする優柔不断な男だ。その場しのぎでバレバレの嘘ばかりつくものだから、妻のニーナ(ナターリヤ・グンダレワ)と愛人アーラ(マリーナ・ネヨロヴァ)の間で板挟み状態。仕事の方も、行き当たりばったりで守れもしない約束をするので、後輩の女性翻訳家やちょっかいを出したタイピスト、デーマーク人の教授、酒のみの隣人(エフゲニー・レオーノフ)に振り回されっぱなし。腕時計のアラームに急き立てながら右往左往の日々が続くのでした。あの『不思議惑星キン・ザ・ザ』のゲオルギー・ダネリア監督の不倫コメディ。(90分)
ぽんしゅう (2020年03月28日)
[投票]
★3 ナイチンゲール(2018/豪=カナダ=米)
19世紀、オーストラリア。微罪で流刑に処されたアイルランド女のクレア(アシュリン・フランチオージ)は、美貌と美声を英軍将校ホーキンス(サム・クラフリン)に愛され、囲われ女として過ごしていた。だが、そんな日々から解放される日は確実に予定されていたにも関わらず、全く機会が与えられないことにクレアの夫エイデン(マイケル・シーズビー)は反発する。それは激しい口論に発展し、ホーキンスはクレアを凌辱、そしてエイデンと幼子を殺害してしまった。そのまま逃げるように地方の上官のもとに向かったホーキンスを仇と狙い、クレアは愛馬と、アボリジニーの案内役ビリー(ベイカリ・ガナンバー)とともに復讐の旅に出るのだった。〔136分〕
水那岐 (2020年03月28日)
[投票]
★3 大西部無頼列伝(1971/伊=スペイン)
1867年、オーストリア領メキシコに再革命[下記参照]の動きが出始めた頃、ガンマン、サバタ(ユル・ブリナー)はベニト・ファレス[実在。後の大統領]の同志というオカニョから極悪非道な政府軍のスキメル大佐(ジェラルド・ハーター)を倒す為、革命軍のリーダー、エスクド(ペドロ・サンチェス)に手を貸して欲しいと依頼される。それは武器調達のために、スキメルが保管している砂金を奪おうとする企てだった。(まだまだ続きます) [more]
KEI (2020年03月26日)
[投票]
★4 私はモスクワを歩く(1964/露)
小説家志望のシベリアの青年ワロージャ(アレクセイ・ロクテフ)は、作品を褒めてくれた作家に会うためにモスクワの飛行場に降り立った。右も左も分からないワロージャは地下鉄で知り合った同じ年ころのコーリャ(ニキータ・ミハルコフ)と意気投合。その日、結婚式を挙げることになっているコーリャの親友サーシャ(エフゲニー・ステブロフ)や、ナンパしたレコード店の店員アリョーナ(ガリーナ・ポルスキー)を交えてドタバタのモスクワの一日を過ごすことに・・・。『不思議惑星キン・ザ・ザ』のゲオルギー・ダネリア監督初期の瑞々しくも洒脱な青春映画。カンヌ映画祭で一躍注目を集めた33歳の出世作。(73分/白黒/シネマスコープ)
ぽんしゅう (2020年03月24日)
[投票]
★3 レ・ミゼラブル(2019/仏)
パリの郊外、モンフェルメイユの街に、新たに赴任した警官ステファン(ダミアン・ボナール)は、犯罪防止班の先輩警官らと街のパトロールへ出かけるが、移民たちや低所得者などが多く暮らす街は治安が悪く、多くのグループが一触即発の状態で、薄氷の均衡を保つためには、警官らは強引な手法で取り締まることも多く、彼らは人々からは敵対視されていた。ある時、イッサという少年が引き起こした「事件」が、街を戦いの渦に飲み込んでゆく・・・。
プロキオン14 (2020年03月26日)
[投票]
★3 コナン・ザ・バーバリアン(2011/米)
有史以前の物語。かつて王たちの骨で作り魔術を施した仮面によって文明世界を支配した暗黒帝国アケロンは、バーバリアン(未開人)の手によって倒され、仮面は砕かれた。仮面の破片は世界へと散らばったが、仮面を復元させた者が再び世界を制すと予言が残された……。キンメリアという国で、戦のさなかに母の命と引き換えに生まれた赤ん坊がコナン(ジェイソン・モモア)と名付けられた。原作はロバート・E・ハワードの小説。(112分)
ダリア (2020年03月21日)
[投票]
★4 コレット(2018/英=米)
19世紀末のフランス。田舎娘のガブリエル・コレット(キーラ・ナイトレイ)は、人気作家のウィリー(ドミニク・ウェスト)と恋に堕ち結婚する。ウィリーの横溢する才能に憧れていたコレットだったが、実は他者の才能を見出し発掘することに長けた男が彼と知り、少なからず失望する。だが、ウィリーはその才能でコレットの文才をも見抜き、自伝的作品「クロディーヌ」のウィリー名義での出版を実行する。自己の欲求に正直である才女の物語は爆発的ヒットとなるが、当のコレットはゴーストライターとして才能を搾り取られるだけの生活に不満を燻らされる。ウィリーの浮気も重なり、コレットは女性紳士ミッシー(デニース・ゴフ)に心を移してゆく。〔111分〕
水那岐 (2020年03月19日)
[投票]
★3 チャーリーズ・エンジェル(2019/米)
ある巨大企業が開発した新しいエネルギー源「カリスト」が、実は殺人兵器に転用される恐れがあることを告発しようとした天才エンジニアのエレーナ(ナオミ・スコット)は何者かに命を狙われることに。護衛にあたることになったのは、特殊訓練を受けた女性エージェント“チャーリーズ・エンジェル”。変装と潜入捜査が得意なサビーナ(クリステン・スチュワート)、武器のエキスパートで元MI6のジェーン(エラ・バリンスカ)は連絡役のボスレーと一緒に捜査を始めるが、カリストは謎の組織に奪われようとしていた・・・。 [more]
プロキオン14 (2020年03月18日)
[投票]
★4 ガン・ファイター(1961/米)
一人の男(ロック・ハドソン)がメキシコの町でオマリーを捜している。デリンジャー(銃身が短い小型銃)を使いあごにえくぼがある、という。誰もが知らないと言うと、出て行く。そのオマリー(カーク・ダグラス)は、牧場に馬を進めていた。夕涼みで皆が、母屋の前に居る。「オマリーといいます」。女(ドロシー・マローン)が進み出、「ブレッケンリッジの妻です。夫が居たら泊まって行けと言うわ」。一人娘メリッサ(キャロル・リンレイ)は、目を輝かせ彼を見つめる。夜も更けて女房が、来客用のベッドがある納屋へ彼を連れて行く。中へ入ると、戸を閉めた。「どうしてここが分かったの」「ベル、会いたかった」(まだ続きます) [more]
KEI (2020年03月17日)
[投票]
★3 雷神 RAIJIN(2008/米=カナダ)
米のメンフィス市。女ばかりを殺すサイコキラーが現われる。市警の雷神と呼ばれ、過剰防衛で問題の刑事ジェイコブ(スティーヴン・セガール)と黒人の相棒は現場に飛ぶ。女の胸に時計付きプラスチック爆弾が埋め込まれ、カウントダウン状態だ。ジェイコブが言う「こんな場合は、どこかで犯人が見ているぞ」。そして向こうのビルへ行った彼は、3Fの部屋で犯人を発見。叩きのめし、聞く「切ればいいコードは、黒か黄か?」・・・さぁ、どっちだ?(まだまだ続く) [more]
KEI (2020年03月15日)
[投票]
★5 さらばバルデス(1973/米=仏=伊)
西部。ニューメキシコ、夕刻。1人の少年が山越えで、馬を進めている。旅姿だ。遠くに家が一軒見えた。家戸から出て来たのは、男の影。「僕、仕事を探しています」「こんな所でか?・・まぁ、入れ」独り住まいの屈強なインディオ(原住民)[伊語の原題は‘混血児バルデス’]だ。室内で、彼は肉をぶった切る。少年はヤバッと思って、出て行こうとする「僕、用事が―」。が「もうじき夜だ。飯くらい食っていけ」と言われる。そして、この少年ジェイミー(ヴィンセント・ヴァン・パタン)と男チノ・バルデス(チャールズ・ブロンソン)の生活が始まる。(もう少し続きます) [more]
KEI (2020年03月15日)
[投票]
★4 ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019/米)
NYで記者として働くフレッド(セス・ローゲン)は頑固な性格のためにクビになって失業中。友人に誘われたパーティーに出かけた時に、彼が幼い頃にシッターをしてくれた憧れのお姉さんだったシャーロット(シャーリーズ・セロン)と再会する。彼女は現在、なんと国務長官として活躍し、さらに次期大統領選への出馬も噂されている、全米が注目の女性だった。彼女のスピーチの原稿を書く仕事の依頼をされたフレッドは、彼女のチームスタッフとして行動を共にするが、いつしか惹かれあう二人。しかし彼女に周りには「難敵」が多く、大統領選も、恋の行方も前途多難だった・・・。
プロキオン14 (2020年03月21日)
[投票]
★3 星屑の町(2019/日)
東北の小さな町に、コンサートを開こうとするムード歌謡グループ「山田修(小宮孝泰)とハローナイツ(大平サブロー/ラサール石井/渡辺哲/でんでん/有薗芳記)」がやってくる。ひとりを除けば素人同然から始まったこのグループも衝突することは多く、ドサ廻りを続けながらも前座のベテラン、キティ岩城(戸田恵子)に力を借りて何とかやってきたのだ。山田にとってはこの町は故郷であり、家を継ぐ問題で遺恨を残した弟・英二(菅原大吉)の待つ町であった。そして、英二の息子・啓太(小日向星一)の友人・愛(のん)が歌手に憧れ、スナックで出会ったメンバーに弟子入りを求めたことから騒動は起こるのだった。〔102分〕
水那岐 (2020年03月18日)
[投票]
★4 人魚の眠る家(2018/日)
娘・瑞穂の小学校のお受験が終わるまでは夫婦の体を保つこと。このように約束しつつ破綻した夫婦関係にある播磨和昌と薫子夫妻に突然の悲報が届く。―娘がプールで溺れた―。病院の医師曰く「おそらく脳死」という現実に直面するふたり。一旦はその現実を受け入れ脳死判定を受けようとしたとき、瑞穂の身体がピクリと動く。これを見た薫子は「娘はまだ生きている」と脳死判定を拒み、医師も驚く方法で娘の介護に取り組む。過酷な運命に苦悩する薫子。その愛と狂気は成就するのか。
IN4MATION (2020年03月10日)
[投票]
★2 Red(2020/日)
塔子(夏帆)は主婦として、古風だが優しい夫・真(間宮祥太朗)や穏やかな義母(山本郁子)、愛らしい独り娘と温かな家庭を築いていた。だが、妻や母としての評価のみに満足しない塔子は、それだけで朽ち果ててゆく生活に我慢できなくなっていった。ある日夫の取引先のパーティーに足を運んだ彼女は、偶然そこで、かつてその助手となって建築デザインで協力していた男・鞍田(妻夫木聡)と再会する。男として、そして上司として過不足ない存在であった鞍田の会社に、夫の同意をやっと得て塔子は入社する。だが、それを境によき妻、よき母の虚像を脱し、独りの人間としての欲求に生きるようになった塔子に、真は明らかな非難を向けるようになるのだった。〔123分〕
水那岐 (2020年03月10日)
[投票]
★4 37セカンズ(2019/日=米)
23歳のユマ(佳山明)は生まれてくるときに呼吸が37秒間停止したために障害が残った。車椅子が必要な彼女を、シングルマザーの母(神野三鈴)は責任を感じてか過剰にかまい管理下に置こうとする。漫画家を目指すユマは、今は幼なじみの親友で人気漫画家(萩原みのり)のゴーストライターに甘んじている。家庭的にも社会的にも満足しきれないユマは、自立したい一心でアダルト漫画の編集部に作品を売り込みに行くのだった。主演の佳山は実際に脳性麻痺で俳優未経験者。米国で映画を学びこれが初長編作となるHIKARI監督によってオーディションで選ばれた。ベルリン映画祭でパノラマ部門観客賞と国際アートシアター連盟賞受賞。(115分)
ぽんしゅう (2020年03月18日)
[投票]
★3 グリンゴ/最強の悪運男(2018/米=メキシコ=豪)
ハロルドデヴィッド・オイロウォは製薬会社を経営する友人リチャードジョエル・エドガートンのコネでその会社の部長となり真面目に仕事に励んできたが、メキシコの工場に出張した際に誘拐され、会社に500万ドルの身代金を払えと脅迫がきた。経費節減で誘拐保険を解約していた共同経営者のエレーンシャーリーズ・セロンは身代金を値切ろうとするし、誘拐保険は解約したが生命保険は解約し忘れており、彼が死ねば多額の保険金がおりる事に気がついたリチャードは…さらに最愛の妻の不倫まで発覚したハロルドは一体どうなることやら…(111分)
シーチキン (2020年03月09日)
[投票]
★4 ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018/フィンランド)
フィンランドで画商を営むオラヴィヘイッキ・ノウシアイネンは高齢で店を畳む事も考えつつ「最後に名画にかかわりたい」と願っていた。あるオークションの下見で画家のサインがなく作者不明で「男の肖像画」とだけ題された絵画を見かけ、そのタッチから名画に違いないと直感する。その頃、疎遠だった娘レアピルヨ・ロンカから窃盗の補導歴のある息子オットーアモス・ブロテルスを「職場体験授業」で預かってほしいと頼まれ、一度はすげなく断るが仕方なく引き受ける。そして謎めいた「名画」の由来と作者を調べるために孫に手伝わせ、落札するための資金繰りに奔走する中で、娘と孫の暮らしを知っていくのだが…(95分) [more]
シーチキン (2020年03月09日)
[投票]
★3 ジュディ 虹の彼方に(2019/米)
幼くして銀幕の寵児となった、『オズの魔法使』の主役少女ジュディ・ガーランドダーシー・ショウ)。芸能活動の犠牲とされる自由を渇望する彼女に、上役は言った。「自由を得たなら、君はただの冴えない娘になり誰からも愛されなくなる」…長じて子供たちの母となったジュディ(レニー・ゼルウィガー)は、度重なる遅刻・欠勤で信用を失い、巡業ツアーで食いつないでいた。元夫(ルーファス・シーウェル)は子らの親権を主張するが彼女は聴く耳を持たず、新天地ロンドンでのし上がる計画を実行する。マネージャーのロザリン(ジェシー・バックリー)や若き協力者ミッキー(フィン・ウィットロック)の協力を得、再起の時は来たかに思われたが…。〔118分〕
水那岐 (2020年03月08日)
[投票]