コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

プロキオン14

ん?登録時間の時刻がGMTになってる?
e-mailgomeisa44@pdx.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1299コメント2036
55あらすじ28
POV12

Comments

最近のコメント 10
★3マイティ・ソー バトルロイヤル(2017/米)「ラグナロク/終末の日」という割には、冒頭からツェッペリンの「♪アアア〜」で大暴れ。この感じは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に似てる。 [review][投票]
★4gifted ギフテッド(2017/米)この手の映画は、子役の子供の「かわいさ」に左右される。 [review][投票]
★4ジャスティス・リーグ(2017/米)ヒーロー界も、単体じゃなく、人気モノが集合しないと、興業的に難しいのか、露骨に『アベンジャーズ』に対抗してますね。 [review][投票]
★5女神の見えざる手(2016/仏=米)久しぶりに「女優魂」が炸裂した映画に出会った。隅々までよく練られた、きめの細かい、尚且つパワーのある作品です。 [review][投票]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)内容的には4点でもいいのだが、ライカスタジオの「熱意」に感動しました。★5を献上いたします。 [review][投票(1)]
★5DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(2017/米)よくもまぁ、こんな無茶な企画が実現したもんだ!と感心しました。実は「初・鷹の爪」だったんですが、十分楽しませていただきました。 [review][投票]
★3ブルーム・オブ・イエスタディ(2016/独=オーストリア)あまりにも主役二人がエキセントリックすぎて、見ながら「引いた」のは確か。 [review][投票(1)]
★3ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)前作を見ていないので、幸か不幸か、真っ白な気持ちで鑑賞(ただし、いっぱい予告編は見たけど)。やっぱり三分の一ぐらいは、理解しきれなかった。 [review][投票]
★3ザ・サークル(2017/米)風にはためくサークルの社旗が、「日の丸」に見えたのは、何かの意図か? [review][投票]
★3ブラック・ハッカー(2014/スペイン=米)覗き見してる罪悪感と優越感がある映画だが、技術的に自分が置いてゆかれている劣等感も味わう、少し痛い作品。久しぶりのイライジャ・ウッドは、ニ十代前半に見える。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4gifted ギフテッド(2017/米)亡き姉にかわり7歳の少女を育てるフランク(クリス・エヴァンス)。少女メアリー(マッケナ・グレイス)は一般の小学校に通いだす。しかし授業で超人的な数学の才能を発揮してしまい、校長から特別な学校への転向を進められるが、「普通に育てたい」という姉の意思を尊重し、今の学校にとどまることを希望する。ところが、メアリーの祖母イブリンが二人の前に現れる。彼女はメアリーの才能を無駄にすべきではないと、裁判を起こし、メアリーの親権を主張する・・・。[投票]
★5DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(2017/米)映画『ジャスティス・リーグ』公開直前になって、なんとバットマンがジャスティス・リーグを脱退してしまう。その機に乗じてジョーカーらヴィラン達は日本へ。狙いは鷹の爪団の秘密兵器。二束三文で買い占めたジョーカーは秘密兵器で大暴れ。ヒーロー達も日本に到着、ヴィランを迎え撃つが、彼らが華麗に活躍すると、鷹の爪映画の予算はあっという間に底をつき、落書き風の省エネモードになってしまい、ザコ敵すら倒せなくなってしまう。この事態を打開するには、脱退したバットマンの「財力」に頼るしかない。その為に、ヒーローたちは鷹の爪団と協力して、バットマンを呼び戻そうとするが・・・。 [more][投票]
★3ブラック・ハッカー(2014/スペイン=米)僕はニック(イライジャ・ウッド)。憧れの女優ジル(サーシャ・グレイ)の応援私設ブログを開設してるんだけど、新作映画のキャンペーンで開催された、ブログコンテストに優勝し、ジルと食事できるブロガーに選ばれたんだ。超ラッキー!。ラスベガスのホテルの一室で待っていたら、突然「会食は中止になった」と連絡が。一体どうしたんだ?と思ったら、僕のPCに謎のツールが送られてきた。・・・?何だこれ?とクリックしたら、なんと、ジルのプライベートを覗き見できるウィンドウが開いた。しかしまだ僕は気づいてなかった。恐ろしい罠が待ち受けていることに・・・。[投票]
★4スイス・アーミー・マン(2016/スウェーデン=米)遭難し、無人島に漂着した青年ハンク(ポール・ダノ)。水も食料もなく、救助も望めない状況に絶望し、自殺をしようとしたが、目の前に一人の男(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。すぐに駆け寄るが男はすでに死んでいた。しかし体から噴出するガス(おなら?)でジェットスキーのように海を滑りだす死体に乗って、無人島の脱出に成功する。たどり着いた陸地で、人の住む場所を目指すが、その死体はスイス・アーミーナイフばりに、役に立つばかりか、話し相手となり、二人には友情が芽生えていたが・・・。[投票]
★4ゴッホ 最期の手紙(2017/英=ポーランド)アルルに住む青年アルマンは、郵便配達夫の父から、1年前に自殺した友人の画家フィンセント・ファン・ゴッホが出し忘れた「最期の手紙」を届けるように依頼される。宛先の弟のテオを訪ねてパリへと向かうが、画商のタンギーから、テオがすでに亡くなっていることを聞かされる。手紙の行方に困ったアルマンは、フィンセントが亡くなったオーヴェールの村に住む主治医のガシェを訪ねるが、医師は留守。戻る間に家政婦や宿屋の娘からフィンセントの話を聞くうちに、彼の自殺について、大きな疑問を抱くことに・・・。125人の画家がゴッホを模して描く6万枚以上の絵をもとに際作された「動く油絵」の映画。 [more][投票]