コメンテータ
ランキング
HELP

緑雨さんの人気コメント: 更新順(35/48)

人気コメント投票者
★2ギャング・オブ・ニューヨーク(2002/米=独=伊=英=オランダ)ドラマの背景に関わる座標軸が多すぎ、各登場人物が座標のどこに位置するのか、どんなポリシーをもって行動しているのかが非常にわかりにくかった。残念。ダニエル・デイ・ルイスの怪演だけが収穫。冷たさ暖かさの両方を湛えた目が凄い。わっこ, 水那岐, きわ[投票(3)]
★3ダイ・ハード2(1990/米)続編をド派手映画にしてしまうのは別に構わないけど、根本的にストーリー構成に欠陥があると思う。 [review]イリューダ, ババロアミルク[投票(2)]
★4フェリーニのアマルコルド(1974/仏=伊)冒頭の”綿毛”にヤラレた。 [review]ぽんしゅう, けにろん, モノリス砥石, ゑぎ[投票(4)]
★3タンポポ(1985/日)改装前の方が美味そうな店に見えたのは、私だけ? [review]カレルレン, ぽんしゅう, はしぼそがらす, けにろん[投票(4)]
★2グロリア(1980/米)オバサンひとりに翻弄されるマフィアがマヌケすぎて興ざめ。ラストのスローモーションもちっともいいと思わない。TOMIMORI[投票(1)]
★4影武者(1980/日)映像美に見惚れる。冒頭の信玄・信廉・影坊主が三角形を成し正面を見据える構図から目を奪われる、合戦シーンもスケールの壮大さはもちろん、色分けが見事な景観をもたらす。芸術作品的テーストもあるが、娯楽作品としてとっつきにくさも意外に感じない。直人[投票(1)]
★3黄昏(1981/米)湖面に反射する黄昏時の柔らかな陽光。豊かな木々の緑。たたずむ水鳥たち。ピアノバージョンのテーマ曲をバックにしたオープニングシーンがとても気に入った。 [review]けにろん[投票(1)]
★3シェーン(1953/米)わざと殴られてるようにしか見えない、お互いあまりに無防備な乱闘シーンが見もの。平板なお話だけど、突っ込めば面白いドラマになりそうな要素もあるんですよね。 [review]Lunch, ぽんしゅう[投票(2)]
★3八月の狂詩曲(1991/日)全体のうち9割くらいは見るに耐えない幼稚さ。特に、井川比佐志根岸季衣が出てくる場面は演技が達者なだけに幼稚な脚本で演らされてるのが痛々しい。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★3戦場のピアニスト(2002/英=独=仏=ポーランド)リアリズムに徹すると映画はつまらなくなる…ということか。 [review]わっこ, リア, Pino☆, すやすやほか16 名[投票(16)]
★3ムーンライト・マイル(2002/米)ジェイク・ギレンホールの暖かみのあるキャラが、優柔不断だが誠実な主人公にマッチしていた。脚本の踏み込みが甘いので、せっかくの豪華キャストを生かしきれていない。 [review]わっこ, アルシュ, トシ, 水那岐[投票(4)]
★4エターナル・サンシャイン(2004/米)「男の未練」の詩情溢れる映像化。 [review]hideaki, わっこ, makoto7774, ねこすけほか8 名[投票(8)]
★3お早よう(1959/日)映画一本だけで終わってしまうの残念だなぁ、この設定。連続ドラマなんかの形で、いろんなエピソードを観てみたいぞ。直人[投票(1)]
★2ボーイズ・ドント・クライ(1999/米)社会的に阻害される者のつらさ、深刻さがある程度伝わってきたのは確かだし、そんな境遇の下、主人公はあんな行動に出てしまわざるを得なかったというふうに理解できなくはないのだが・・・ [review]デナ[投票(1)]
★3インファナル・アフェアIII 終極無間(2003/香港=中国)相変わらず、このシリーズは俳(男)優が良い。もちろんその魅力は優れた演出の上に成り立っているものではあるけれど。それに比べると、女優の使い方が下手、というか全体の調和を乱している。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★2害虫(2002/日)説明描写を廃したことにより、人物造形がわかりやすくなり過ぎたのか。監督の「腕試し」に付き合うつもりはない。 [review]G31, てれぐのしす, トシ, ぽんしゅうほか6 名[投票(6)]
★2セレンディピティ(2001/米)冒頭の出会いから「幸福な偶然」に再会を託した別れまでのシークェンスの美しさは絶品。 [review]プロキオン14[投票(1)]
★4シザーハンズ(1990/米)好きな相手でも触れれば傷つけてしまう悲しさ。エドワードに興味本位で近づき、深く理解しようともせず手のひらを返して憎み始める、大衆の無責任さと残酷さ、こちらもよく描かれていた。雪の中で舞うウィノナ・ライダーが美しい。ymtk, ダリア, まゆ, いくけんほか12 名[投票(12)]
★3WASABI(2001/仏=日)映画の見方としては全く間違ってますが「あっ秋葉原」「おっ湯島天神」とロケ地発見していくのはけっこう楽しい。広末も良かったし、全然正確ではないけど日本を(外国人から見て)魅力的に撮ろうとする姿勢は伝わってきた、と自分は思います。 [review]おーい粗茶, きわ[投票(2)]
★3日の名残り(1993/英=米)時は流れ、世界は激動しても、ただもう邸に括りつけられたかのような彼の人生。羽ばたくことをしない姿をじれったく感じないのは、可愛らしさすら漂うアンソニー・ホプキンスの上品な演技あってこそ。直人, ジェリー, 紅麗[投票(3)]