コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アビス(1989/米)
- 更新順 (1/3) -

★5これより青の美しい映画を知らない (ペンクロフ)[投票]
★2大国のエゴも人の俗も描ききれないまま純情ぶった愛に逃げる中途半端な前半のアクションパートと、人知を超えた聖性が幼稚の域を出ない上から目線の未知との遭遇パートの噛み合わせが悪く、どうにも退屈。キャメロンには初心に返って金と時間の有効活用を願う。 (ぽんしゅう)[投票]
★4トイレから指輪を拾うシーンは、なぜか時々思い出す。 (dipod)[投票]
★5魂の・・・ [review] (DSCH)[投票(2)]
★3キャメロンの一連の大作群の中ではちょっと魅力が薄いか。 (赤い戦車)[投票]
★3なかなかいいんだけど、どこか物語が中途半端。 (NAO)[投票]
★3最後のアレって・・・ [review] (ヒエロ)[投票]
★4メアリー・エリザベス・マストラントニオが溺死する場面からエド・ハリスが裂け目に落ち溺死する場面へ至るこの畳み掛けはジェームズ・キャメロン生涯最高の造型だろう。裂け目で無応答になる際の「映画の感情」は先のマストラントニオのシーンが導いている。いずれのシーンもエド・ハリスの独創性に拠っている部分が大きいが。 (ゑぎ)[投票(4)]
★4キャメロンの作品は大がかりな見せ場ばかりが目について好きではないのだが、これはハリスが実にキュートでよかった。後半の展開はやり過ぎの感もある。 (O-Maru)[投票]
★4キャスティング・脚本・映像・技術すべてに感動。 泣かせるセリフに、地球への素朴な提言。シンプルなだけに3時間という大作の中ではものすごく響きます。まさに骨の髄まで楽しめる作品。 偶然面白い映画に出会ってしまった・・・そんな気分になっちゃいました。評価は5点に近い4点です。実質4.8点かな。 (たーー)[投票]
★3金に糸目を付けぬ海溝描写には時折堪能させられるものの、行き着いたところが絶対神的異生物による人類救済となれば否応なくテーゼに於いて『未知との遭遇』との類似性を想起せざるを得なく、となればキャメロンの作家としての矜持を疑わざるを得ない。 (けにろん)[投票(2)]
★2デプス』と混ざって記憶していた。見直した印象は本作より『デプス』の方が強烈に覚えていた。また何年かしたら記憶は混ざりそう。怖い=デ、優しい=ア、と受験生は記憶しろ。しかし、たまにはこういうキャメロン流お説教映画も悪くない。 (IN4MATION)[投票]
★4 水の恐ろしさ、水の美しさが迫り来る傑作。映像的にはSF映画のひとつの到達点ではないか? ストーリーがもうちょっと魅力的だったら最高だったのに。 (桂木京介)[投票]
★3キャメロン監督、『2001年宇宙の旅』にインスパイアされてこの作品を作ったんじゃないの?(敢えてパクリとは言わないよ。単体でちゃんとした映画になってるから) [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★5ジェームス・キャメロンの演出は当然素晴らしいが一番の見所はやはり人間ドラマ。それ以外にも見せ場がたくさんあり客を飽きさせない。お涙派にもアクション派にも楽しめる内容。 (HILO)[投票]
★4海SFでは今のところ一番の出来。基本に忠実な音楽も良。 ()[投票]
★3CGとか、特撮とかで話題になって観るけど、実際観ると、平和とか違うことを考えさせられるでしょ?そういう部分が好き‥‥‥。 (stimpy)[投票]
★3本編の殆どが水中撮影と言う、信じられない事実。まさに力作野心作。さぞかし大変な撮影だった事だろう。だが監督の随所に肩に力の入った野心ぶりが、あちこちで空回りしている印象。「前向きな失敗作」って感じでしょうか。 [review] (uyo)[投票(4)]
★3完全版のみ観賞。どれを物語の軸にしたかったのか分からない。色々と詰め込みすぎ。ヤマは何個合ってもいいけど物語の方向性が分かる程度にね。 (JKF)[投票]
★4ジェームズ・キャメロンのこういった側面はもう観ることは出来ないのでしょうか?『タイタニック』にはがっかりだったからなー (サニーデイ)[投票]
★3水圧よりも指圧の方が効果ありな作品 つかみにくい (どらら2000)[投票]
★5自分でも情けなくなる程、泣いた。ケチつけたい部分もあるけれど、こんなに「愛」を感じられる映画はそうない。(完全版鑑賞 '02.06) [review] (peacefullife)[投票(13)]
★5SFとしては大失敗、最悪のラストだが、深海の閉塞緊張感と夫婦愛ドラマが魅力的!テーマはキャメロン毎度の自己犠牲愛で、T2やタイタニックではダメだったがこの夫婦愛は胸を打つ。 (埴猪口)[投票]
★3深海の話は苦手。逃げ場が無くて常に死を意識してしまうような息苦しさが嫌。この映画にも強烈に感じたのはジェームズ・キャメロンの上手さでしょうね。 (marina)[投票]
★3完全版:とにかくながっ。でも、これだけお金をかけていろいろ詰め込んでも、心に残るのは一組の愛の物語だけ。というのはすごく良きこと。 (ALPACA)[投票(1)]
★4深海の描写はよかったと思う。ただ、人間描写はクリーンすぎた感がある。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(2)]
★3せっかく途中までいい感じだったのに・・・ 変にいろんな事やろうとしすぎたんじゃないかな? (らーふる当番)[投票]
★3スリルと感動、映像のすごさと経費の多さ。ジェームズ・キャメロンらしい作品。 (ウェズレイ)[投票]
★5深く潜っていけばいくほど「こっちは大丈夫」という安心感に包まれ心地良い。 [review] (ドド)[投票(3)]
★3劇中戦争や惨事の記録映像が挿入される。これからは去年のN.Y.の映像が使われることだろう。皮肉にもキャメロンがぶっ飛ぶくらいのスーパーリアルな映像として。考えさせられた。 (dahlia)[投票(1)]
★3こういう幻想的な光は好きだ。単純だけど。でも、よくできた映画とは思えない。 [review] (空イグアナ)[投票(4)]
★3完全版の前半=ハラハラサイエンス・アドベンチャー/後半=SFファンタジー(B級)という展開の変わり方に違和感。しかも長くて分けて観たのよね。そしたら前半で期待が高まっちゃって…本当に別映画に分けたらどうよ? (LOPEZ que pasa?)[投票(1)]
★5妻に対する無償の愛が映し出された水壁。その鏡を作り出したエイリアン像に、キャメロンの美徳を感じた。SFが、重箱の隅をつつくような野暮な科学考証に埋没せずに、心を持ちえたという意味では、俺の中で『コンタクト』と双璧。 (kiona)[投票(4)]
★5SF云々よりも夫婦愛の部分に泣けた。そこに注視すれば、ここまでちゃんと描いているものはなかなかない。大作なのにメッセージ自体が結構陳腐なのは肩すかしだが、その部分だけで得点あげたい。それにしても夫婦愛で泣けるなんて俺も歳とったなあ。 (tkcrows)[投票(7)]
★4とにかく映像がキレイ!さすがキャメロン監督ですよね (おいら)[投票]
★3てっきりエイリアン襲来の深海映画と思ってたら「ありゃりゃ…」ってな感じでした。まあ中盤のスペクタルシーンまでは盛り上がりますけど、それ以降はちょっとつらい。ヒロイン(?)も何かなあ、好みじゃないっす。 [review] (takamari)[投票]
★3この映画・・・長―イよ。途中寝ちゃいそう・・・でも、大津波のシーンは凄い!特殊視覚効果賞受賞だとか?のちにそれを聞いてもう一度見てみた、途中を早送りして。軍関係者って実際にも任務には厳しくあんなに頭、固いのだろうか? (かっきー)[投票]
★4ぷっはぁ〜〜っ!く、苦しかった・・・。小さい頃、水だろうが空気だろうが、要は吸ったり吐いたりすればいいんだろうと思って、洗面器の中の水を思いっきり吸ったことがある。死にそうになった。 (ALOHA)[投票(3)]
★2最初から最後まで何が言いたいのか意味不明。エド・ハリスマイケル・ビーンは『ザ・ロック』と全く違う雰囲気だった (箸尾人)[投票]
★3海中の描写はよかったです。 (ロボトミー)[投票]
★3く、苦しい〜。深海モノは苦手だ。ラストはなんだか拍子抜けした覚えが。 (は津美)[投票]
★4深海が舞台の映画を見て息苦しくなるって事は、それだけ監督の見せ方が巧いんだと思う。これは息苦しくなるシーンがたくさんあった。未知の生命体とか海兵隊との戦い等、見所は多いけど、基本的には夫と妻の愛を描いた話なのかな。 (Ryu-Zen)[投票]
★3これは夫婦愛の映画.ジェームス・キャメロンは宇宙だろうが,豪華客船だろうが,深海だろうが,役者をどんな状況を閉じこめようとも,その主役は「人間」であることだけは外さないので好感が持てます. (じぇる)[投票(2)]
★4CGとシナリオ双方にとってよかったと思う映画。癒される感じ。劇場で観直したいなぁ (CGETz)[投票]
★2劇場で観たけど何も覚えていない。だからつまらなかったのだろう・・・ (クワドラAS)[投票]
★3愛情劇には感動した。未知の世界を見せてくれるSFXはすごいが、実際に具体的なイメージになっちゃうとこれが・・・。 [review] (ざいあす)[投票(1)]
★4「完全版」を最初に観ましたが、当初の印象と観た後の印象は良い方向に変わってました。異星人モノ映画でも、こんな仕上がりにできるんだなぁって。脚本とキャスティングの勝利かな。映像世界に頼らなかったのが良かったのかも。いや、映像は映像で良いんですけどね。 (ついまっど!)[投票]
★4深海に住む生き物がかわいらしい。人間以外の生き物を怖がるのではなく、地球に共に住む共同体として歓迎できる柔軟さを持ちたい。 (ゆう)[投票]
★4原理としては海底版『2001年宇宙の旅』か海底版『未知との遭遇』という感じ、どういう訳かエド・ハリスが悪役に見えてしまった事を覚えている。 (わっこ)[投票]
★4主人公はタイトルの通り深淵。 [review] (アルシュ)[投票(1)]