コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

空イグアナ

「からイグアナ」「くうイグアナ」と読む人もいるみたいですが、「そらイグアナ」です。ウミイグアナ、リクイグアナがいるから、次はソライグアナ▼M・ナイト・シャマランが好き▼もともとは怪獣や特撮が好きで、そこから映画の世界に足を踏み入れる▼男。
e-mailkaba-505u@a06.itscom.net
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
490コメント593
POV6

Comments

最近のコメント 10
★4ソーシャル・ネットワーク(2010/米)「もしも『ファイトクラブ』の監督が、NHKの『プロジェクトX』を監督したら」 [review][投票(2)]
★3SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010/日)CMで「必然性があれば着ます。」と言った黒木メイサも、この映画ではやっぱり脱がなかったな。と、いうのはあまり気にしてなくて、個人的にはジョン・ウー的な男泣き映画にして「戦う男、燃えるロマン」を表現してほしかった。 [review][投票(3)]
★5告白(2010/日)「心の闇」の料理人である湊かなえの原作を、現代邦画界の「映像の詩人」である中島哲也が映画に仕上げた。これぞ化学反応。 [review][投票(4)]
★2NANA(2005/日)一本の煙草が壊すリアリティ。こういう細部への配慮の足りなさが、映画全体の安っぽさを生んでいる気がする。 [review][投票]
★3キッズ・リターン Kids Return(1996/日)タイトルは「あのガキどもが帰ってきた」とも「たけし、子供に返る」とも取れる。「俺が若い頃にはさあ……」と自慢話にならない回想フィクション。[投票]
★2ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(2010/日)ガダルカナル・タカ曰く「大切なのはメリハリです!」 ―――何よりもメリハリが必要なのって、この映画だよなあ。 [review][投票(4)]
★4フェイス/オフ(1997/米)個人的には刑務所の電気椅子のくだりが一番泣ける(奥さん、妹は気の毒だが)。男の涙あり、夫婦愛、父親と娘、兄弟……いろいろなドラマあり。十年後にまた見てみたい。[投票]
★5マルホランド・ドライブ(2001/米=仏)夢か、現実か。「長いトンネルを抜けると、そこはトンネルであった。」ああ、映画に酔いたい。ナオミ・ワッツに酔いたい。[投票]
★3涼宮ハルヒの消失(2009/日)悲劇は喜劇なり。驚天動地な出来事もユーモラスに描くのが、このシリーズの面白さではなかったか?今一つ笑えなかったぞ。 [review][投票(1)]
★5アバター(2009/米)ネイティブアメリカンと出会ったアメリカ人は、こんな気持ちだったのだろうか。素敵な旅をありがとう、キャメロン。そして映画は変わる。 [review][投票(2)]