コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

甘崎庵

amasaki2@infoseek.jp メールはこちらの方に。   ▲「あまさき いおり」映画は快楽装置。私を異空間に誘ってくれる不思議な機械。衝撃を求めて映画を探す日々を送る。サイトの名前も同じく「甘崎庵」。こちらは「あまさきあん」。
URLhttp://amasakian.fool.jp/top.htm
BBS: 甘崎'sルーム掲示板主に自己紹介と(偏った?)映画の観方について語り合う掲示板です。現在スレッド式掲示板BBS...[詳細]
http://bbs6.cgiboy.com/amasaki/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
5676コメント4078
37あらすじ8

Comments

最近のコメント 10
★2ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017/米)思い入れもない、愛もない、あるのは有名俳優だけ。結果スッカスカな作品になった。 [review][投票]
★3スプリット(2016/米)最近のマカヴォイ、頭に特徴が出てきたな。 [review][投票]
★2セル(2016/米)シングルアクションを突き詰めるなら、アクションに逃げるな。[投票]
★3スパイダーマン:スパイダーバース(2018/米)今のアニメーションの中で昔風のアニメーションキャラを使ったら、『ロジャー・ラビット』感が増した。 [review][投票]
★3グッバイ・クリストファー・ロビン(2017/英)親の心子知らず。子の心親知らず。 [review][投票]
★3運び屋(2018/米)“今の”イーストウッドだからこそ作れた作品。ちゃんとその年代だから作れる役だった。 [review][投票(2)]
★5グリーンブック(2018/米)ロードムービーの傑作がまた一つ誕生した。 [review][投票]
★3アリータ:バトル・エンジェル(2018/米)原則既読の読者にとっては「懐かしい」だけ。そうではなく「驚いた」がほしかった。 [review][投票]
★4大冒険(1965/日)全体的なバランスで言うなら、シリーズ屈指の作品。和製007を一本挙げろと言われたら、真っ先に挙げられるのが本作だろう。 [review][投票]
★3ランペイジ 巨獣大乱闘(2018/米)マッチョすぎる金田正太郎の活躍。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★2ネズラ(2002/日) 密かにアメリカ軍の要請を受けて対細菌兵器の研究を進めていたDNカンパニー研究所で緊急事態が発生した。実験に使用していたマウスが突然変異によって巨大化したのだ。暴れ回った怪物によって研究所は汚染し、やがて閉鎖された施設から細菌が漏出する。政府とアメリカ軍とは共同してこの事態に対処しようとする。により視察を命じられた米軍兵士ジョンと自衛隊員麻生、そして研究員洋子の3人は、 封鎖された研究所に向かう。そこで彼らを待ち受けていたのは… [投票]
★3アリババと40匹の盗賊(1971/日)かつて40人の盗賊をやっつけ、それで王となったアリババ。しかし、子孫の今では多量の宝も使い尽くされ、同じ名前のアリババ王は、今や赤貧に喘いでいた。そんな時に魔法のランプを見つけるアリババ王。ランプから現れた怪物を用い、町から略奪を繰り返すのだった。そんな町に住む少年ハックは猫のカジルから、自分がかつてアリババによって殺された盗賊の末裔であることを聞かされる。先祖の敵、そして暴虐の限りを尽くす王への義憤が燃え上がる… [投票]
★3キング・ソロモンの秘宝 ロマンシング・アドベンチャー(1985/米)アフリカのドンゴラで考古学者ヒューストン教授は、ソロモン王の秘宝のありかをしるした像を発見するが、ドイツ軍に捕まってしまう。教授の娘ジェシー(ストーン)は、父を捜して冒険家のアラン=クォーターメイン(チェンバレン)をガイドにして、ドンゴラにやって来ていた。ワイルドなクォータメインに嫌悪感を隠せないジェシーだったが、彼らを次々に襲う敵を前に共同して逃げ回ることに…[投票]
★2レッド・ブル(1988/米)米ソにまたがる麻薬密売ルートの大ボスであるビクター・ロスタビリ(エド=オーロス)を追いつめたモスクワ警察特捜部イワン=ダンコー刑事(シュワルツェネッガー)だったが、すんでの所で相棒を殺され、逃げられてしまう。半年後、ビクターがシカゴの刑務所にいるとの情報が入り、身柄引き取りのため、ダンコーはひとりシカゴへと向かった。そこでシカゴ市警のはみだし刑事アート=リジック(ベルーシ)と出会い、二人で脱走したビクターを追うことに…[投票]
★3巨人ゴーレム(1920/独)ボヘミアのプラーグ(現在のチェコのプラハ)ではユダヤ人の迫害が行われていた。そんな中でユダヤ寺院の中で発見された巨人像があった。ユダヤ人の博士レーウ(ドイッチュ)の秘術により、ゴーレムとして命を与えられた像(ヴェゲナー)。博士はこれを用いてプラーグの王に力を誇示し、何とかユダヤ人の虐殺を防ぐことに成功するが、やがて自我が目覚めたゴーレムは、博士の娘に恋心を抱くようになり… [投票]