コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

甘崎庵

amasaki2@infoseek.jp メールはこちらの方に。   ▲「あまさき いおり」映画は快楽装置。私を異空間に誘ってくれる不思議な機械。衝撃を求めて映画を探す日々を送る。サイトの名前も同じく「甘崎庵」。こちらは「あまさきあん」。
URLhttp://amasakian.fool.jp/top.htm
BBS: 甘崎'sルーム掲示板主に自己紹介と(偏った?)映画の観方について語り合う掲示板です。現在スレッド式掲示板BBS...[詳細]
http://bbs6.cgiboy.com/amasaki/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
5541コメント4084
37あらすじ8

Comments

最近のコメント 10
★3クレージー大作戦(1966/日)クレイジーキャッツの最高作品とは言わないけど、最もバランスの取れた作品かも。 [review][投票]
★4ハドソン川の奇跡(2016/米)裁判映画の定式に則った上で、ちゃんと個性を出す。これが一流監督だ。 [review][投票]
★3オズ(1985/米)たとえ安易な続編ではあっても、職人気質に泣ける。[投票]
★2利休にたずねよ(2013/日)海老蔵を観るためだけの映画。ファンでないと苦痛な時間が続く。[投票]
★3黒い家(2007/韓国)原作、邦画版、本作はどれも精神的に嫌なものを見不快感が作品の味になっているのは共通してるが、闇の深さは本作が一番凄かった。少なくとももう観たいと思えないレベルで。 [review][投票]
★4スーサイド・スクワッド(2016/米)色々理屈を言ったが、私にとってこの作品で言えることは一つ。「ジョーカー最高!」と言う事になるかも? [review][投票]
★3ローラーガールズ・ダイアリー(2009/米)一流どころがみんな楽しそうに演じてる。良い意味で自主映画っぽさがあって、それが本作にしかない魅力になってる。[投票]
★2白銀のレーサー(1969/米)最も観たくなかったレッドフォードの姿を見せられてしまった。[投票]
★3紅の流れ星(1967/日)まだ渋さが出る前の渡哲也の貴重な一本。 [review][投票]
★4怒り(2016/日)シン・ゴジラ』を『君の名は。』の狭間に公開…きっつい戦いだ。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3アリババと40匹の盗賊(1971/日)かつて40人の盗賊をやっつけ、それで王となったアリババ。しかし、子孫の今では多量の宝も使い尽くされ、同じ名前のアリババ王は、今や赤貧に喘いでいた。そんな時に魔法のランプを見つけるアリババ王。ランプから現れた怪物を用い、町から略奪を繰り返すのだった。そんな町に住む少年ハックは猫のカジルから、自分がかつてアリババによって殺された盗賊の末裔であることを聞かされる。先祖の敵、そして暴虐の限りを尽くす王への義憤が燃え上がる… [投票]
★3キング・ソロモンの秘宝 ロマンシング・アドベンチャー(1985/米)アフリカのドンゴラで考古学者ヒューストン教授は、ソロモン王の秘宝のありかをしるした像を発見するが、ドイツ軍に捕まってしまう。教授の娘ジェシー(ストーン)は、父を捜して冒険家のアラン=クォーターメイン(チェンバレン)をガイドにして、ドンゴラにやって来ていた。ワイルドなクォータメインに嫌悪感を隠せないジェシーだったが、彼らを次々に襲う敵を前に共同して逃げ回ることに…[投票]
★2レッド・ブル(1988/米)米ソにまたがる麻薬密売ルートの大ボスであるビクター・ロスタビリ(エド=オーロス)を追いつめたモスクワ警察特捜部イワン=ダンコー刑事(シュワルツェネッガー)だったが、すんでの所で相棒を殺され、逃げられてしまう。半年後、ビクターがシカゴの刑務所にいるとの情報が入り、身柄引き取りのため、ダンコーはひとりシカゴへと向かった。そこでシカゴ市警のはみだし刑事アート=リジック(ベルーシ)と出会い、二人で脱走したビクターを追うことに…[投票]
★3巨人ゴーレム(1920/独)ボヘミアのプラーグ(現在のチェコのプラハ)ではユダヤ人の迫害が行われていた。そんな中でユダヤ寺院の中で発見された巨人像があった。ユダヤ人の博士レーウ(ドイッチュ)の秘術により、ゴーレムとして命を与えられた像(ヴェゲナー)。博士はこれを用いてプラーグの王に力を誇示し、何とかユダヤ人の虐殺を防ぐことに成功するが、やがて自我が目覚めたゴーレムは、博士の娘に恋心を抱くようになり… [投票]
★4エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア(1994/米)映画『エルム街の悪夢』(1984)のリメイクの企画が進み、監督のウェス=クレイヴン(本人)はオリジナルのスタッフとキャストを集めるのだが、彼らの周囲で奇怪な出来事が続発した。SFXマンと結婚し、幼い息子と共に女優業を送っていたヘザー=ランゲンカンプ(本人)も、度重なる悪夢に悩まされ始める。クレイヴンの描く脚本通りに…そのころ、ロバート=イングランド(本人)も、自らの身体の変調に気付いていく…[投票]