コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

IN4MATION

女性の好みがつり目から離れ目に変わりましたw
e-mailin4mation@gol.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1120コメント2401
10あらすじ31
17POV42

Comments

最近のコメント 10
★3アナと雪の女王(2013/米)レリゴーよりゆきだるまだな、個人的には。しょんぼりアナの「わかったよぉ」は何度見ても泣けてくる。 [review][投票]
★3テス(1979/英=仏)僕の周囲にいる美人はみな不幸になっている。美人は醜女より言い寄ってくる男が多い分、悪い男と遭遇する確率も高くなってしまうからだと僕は思っている(その分玉の輿に乗れるチャンスも醜女より多い筈ではあるが)。本作のナスターシャ・キンスキーもその美貌ゆえに幸せとは言えない人生を送ってしまう。 [review][投票]
★3ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016/米)冒頭から本編とは関連のない知らない人物がわらわら出てくる。加えてすぐに年月が経ち風貌も変化。その上さらに人物は増える。笑 物語的には「それ、必要?」というシーンも多く、完全なる後付け設定スピンオフ作品。CGが綺麗過ぎて質感の伴わない「絵」みたいに見えちゃうのも問題あり。別に観ても観なくてもいいレベル。 [review][投票]
★4アンストッパブル(2010/米)デンゼル・ワシントンに任せておけば万事大丈夫という安心感で観ていたが、途中から「もしかすると『アルマゲドン』的な人柱ラストでは?」と最後までハラハラさせられる。軋む車輪、飛び散る火花、傾く車輌、凶悪的な777のビジュアル、不安を煽るカメラアングル。どれを取っても暴走機関車モノの最高峰。 [review][投票]
★3ウォールフラワー(2012/米)パトリックがとにかくいい奴。高校生活だろうと社会人だろうと、今この瞬間が楽しいかどうかはその時々に周囲にいる連中で決まる。ただ、「真実か挑戦」でメアリーじゃなくサムとキスをするのはルール違反! 気持ちはわかるけどね。笑 [review][投票]
★1トゥルーマン・ショー(1998/米)自分の友達が、突然真顔でCMっぽい商品説明を始めたらカメラを探そう。ていうか、トゥルーマン以外みんな騙し役とはいえ、人生掛けてるよね?笑 特に妻役とか全世界に向けて売春してるようなものだろ? これはトゥルーマンを騙してる番組ですよ、と冒頭で明かしてしまうより、唐突にそのことと対峙する方がトゥルーマンとシンクロできたかもしれない。俯瞰で見せられてるせいでどこにも感情移入できない。[投票(2)]
★3吉原炎上(1987/日)借金の為に売られ娼婦になった女が、意地で花魁道中をするまでの話っちゃそれだけなんだけど、さっさと足抜けする花魁、裏切られて死を選ぶ花魁、性病で狂い死する花魁と様々な女の生き様を魅せつける。風俗嬢がさっさと借金返してその世界から足抜けできずにいつまでも身体を売り続ける理由も垣間見た気がした。 [review][投票]
★2コンプライアンス 服従の心理(2011/米)実話であることが信じられない。振込詐欺のレベル。電話越しで人を信用してはいけないかよくわかる事件。[投票]
★4アルゴ(2012/米)位置的にはアメリカ人のためのアメリカ万歳映画なのだが、作品がドキュメンタリーチックに始まるので割と中立な立場で上手いこと「観せられた」。実話ベースではあるが、こんな嘘みたいな作戦だったんだね。笑 [review][投票]
★3雪の女王(2012/露)アナと雪の女王』の2年前に製作された本作。物語の進行は比較的原作に忠実だが、登場人物のバックボーンが大幅に省かれているため、登場する意義は薄い。特にとある国の王とその子供たち・海賊・魔女らはその必要性を感じない。単にソリ・トナカイ・帆船を与えるだけの役どころ。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5ちはやふる -結び-(2017/日)上の句』、『下の句』に続く最終章『結び』。本作では綾瀬千早(広瀬すず)らカルタ部の部員は3年生になっていた。新規に部員が入部しなければそのまま廃部になってしまう水沢高校カルタ部にようやく2人の新人が加入する。そして、夏。全国大会を前に、千早への思いとカルタへの情熱とで葛藤しつつも受験勉強を言い訳に退部を決めてしまう太一(野村周平)。一方で、新(新田真剣佑)は福井で同じ高校に入学してきた準クイーンの我妻伊織をはじめとする1年生らと共にカルタ部を創設する。どうなる、水沢カルタ部! どうなる、クイーン戦! どうなる、千早と太一と新の関係性! 原作より一足お先にオリジナルの結末までを描く。[投票]
★2コンプライアンス 服従の心理(2011/米)大勢の客で混み合う週末のとあるファストフード店。警官のダニエルズと名乗る男から店に電話が入り、お宅の女店員に窃盗の嫌疑がかかっている、と告げられた女性店長のサンドラは思わずショックを受ける。早速彼女は、疑わしい女店員ベッキーを呼び出しその件を問い質すが、ベッキーは身に覚えがないと無実を訴える。それに対してダニエルズは、ベッキーを全裸にして身体検査を行うよう電話越しにサンドラに命じる……。 [more][投票]
★3雪の女王(2012/露)世界は強い魔力を持った雪の女王により氷に閉ざされていた。女王によって魔法使いだった父を氷像にされ、弟・カイとも生き別れ、孤独に育ったゲルダ。ある時、弟のカイと偶然施設で再会を果たす。しかし、その喜びもつかの間、女王の使いによって今度はカイまでもさらわれてしまう……。大切な家族を救うため、世界を救うため、ゲルダは今、冒険の旅に出る。アンデルセンの童話『雪の女王』が原作。[投票]
★4DESTINY 鎌倉ものがたり(2017/日)作家の一色正和(堺雅人)は年の離れた妻・亜紀子(高畑充希)との新婚旅行を終え、今まさに幸せの絶頂にあった。そしてそんな幸せがいつまでも続くと思っていたある日。階段で転倒してしまった亜紀子は突如身体を失ってしまう。霊体となってしまった彼女は死神によって黄泉の国に連れて行かれるのだが......。亜紀子がいなくなって改めて彼女への愛を感じた正和は、単身、黄泉の国に向かうことを決意する。[投票]
★3謝罪の王様(2013/日)どんなトラブルでも謝罪で解決する東京謝罪センター所長・黒島(阿部サダヲ)のもとに、追突事故で借金を背負ってしまった典子(井上真央)が訪ねてくる。黒島の謝罪で窮地を救われた典子は助手として黒島の下で働き出す。二人は大物芸能人の謝罪会見・セクハラ問題、家族間のトラブルから果ては国際問題まで依頼人に降りかかる様々な問題を謝罪で解決していく。[投票]

Points of View

最近のPOV 5
お城好きが見ておくべき映画【天守閣の有無に関わらず!】[投票]
日本百名城スタンプラリーを周ってる方、特に必見! 
パパ・ママ 家族映画[投票(2)]
A:パパ B:ママ C:ばあちゃん D:兄弟姉妹 E:番外  映画の★とは違う観点で★をつけてみました。
大滝秀治はかく言う。「つまらん」[投票]
宇宙人映画は除く。キリがないから。
脱いじゃったと言えば脱いじゃった[投票(6)]
邦画で一定のレベル以上の女優限定。QNB(急に脱がれてびっくり)
身に覚えあり(?)そうな映画[投票(2)]
僕の周囲で起こったり起こってなかったり、友達から聞いたことあるようなないような、似たような恋愛憎劇。アクションやSFもいいけど、たまにはリアルを追体験してみませんか。はい、ある、ある〜。ない?