コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

IN4MATION

女性の好みがつり目から離れ目に変わりましたw
e-mailin4mation@gol.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1109コメント2390
10あらすじ31
17POV42

Comments

最近のコメント 10
★1斉木楠雄のΨ難(2017/日)この手のシュールなギャグ漫画(未読)はアニメ化(視聴済み)は成功しても実写可はスベることがハッキリした。濁声の橋本環奈(しかも青メッシュ入り)には「おっふ」する気にもならん。 [投票]
★2団地(2016/日)真城さんたちの服の中を見せないのはこちらの想像に委ねた、ということか? ならラストのアレも必要ないと思うのだが。団地住民の井戸端会議と噂の一人歩きは笑えない。真城さんの「言い間違え」も虚しく上滑り。 [review][投票]
★4海賊とよばれた男(2016/日)原作既読。「海賊」と呼ばれていた戦前パートよりも戦後(鐵造60歳以降)に物語の軸足を置くのであるならば、國村隼と対峙する岡田准一のキャスティングは正直微妙。青年期と戦後の配役は別の役者、例えば役所広司などが適任だったように思う。CGなどのVFXはお見事という他ない。 [review][投票]
★3鬼畜(1977/日)親に捨てられ、継母に疎まれ、父に虐げられる子供が可哀想過ぎる。捨てる菊代も菊代だが、お梅も嫌ならさっさと離婚すればいいのに!としか思わなかった。妻と妾との三者面談(しかも子供つき)はもうホラーとしか言いようがない。笑 [review][投票]
★2ナバロンの嵐(1978/米)任務地が既にナバロンじゃないしっ!笑 マリッツアのおっぱいも見られないし、集団に遭遇するたびに連行されるし、何より『ナバロンの要塞』の続編だと知ってたら見てなかったしっ!笑 [review][投票]
★2ギャラクシー街道(2015/日)異性人たちの通過地点という舞台設定はサイコーによいが、物語がつまらない。キャラクターに魅力もない。三谷脚本が面白かった時代の終焉を改めて確認した。[投票]
★5ミスト(2007/米)スーパーマーケットから始まるゾンビ映画の亜流。一見、何でも揃っている店内に留まるのが最善の策だと思われるのだが......。霧で覆われた未知の異生物だらけの世界も怖いが、妄信者に洗脳されていく店内の集団ヒステリーも怖い。僕なら店内で目立たないように腹を満たす。 [review][投票]
★3プレデターズ(2006/米)プレダターの正体がわかるまでの方がやっぱりドキドキする。 [review][投票]
★4フルスロットル(2014/米)冒頭にあるリノのパルクールアクションを駆使した逃走に、「既視感あるなぁ」と思ったら『アルティメット』のリメイクだそうで。身長が違うだけでリノとダミアンの髪型・髭が似過ぎていて最初は混乱すること必死笑 [review][投票]
★3長州ファイブ(2006/日)幕末。薩摩藩士が生麦事件を起こした頃に「生きたるきけぇ(機械)」になるために荷物としてイギリスに密航留学した5人の話だが、渡英してからがようやく面白くなる。ホストファミリーや娼婦が言う言葉にハッとさせられ、薩摩藩の留学生との交流や聾唖のエメリーとのやり取りが心温まる。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★1斉木楠雄のΨ難(2017/日)超能力を持つ高校生・斎木楠雄は普通の生活に憧れ目立たないように暮らしていた。しかし、彼のクラスメイトたちは個性的な変人ばかり。バカすぎる燃堂、中二病の海藤、元ヤンキーの窪谷須、そして妄想美少女の照橋らが文化祭でトラブルを巻き起こし、斎木に災難が降りかかりまくる。たかが文化祭なのに、ついには地球滅亡の危機まで訪れてしまい......。[投票]
★4海賊とよばれた男(2016/日)1912年。日本のエネルギー産業においてまだ石炭が主流だった時代、國岡鐵造は北九州・門司で石油業を起こす。鐵造は船に軽油を積み、海の上で直接燃料を販売する商法を思いつく。下関の石油業者は鐵造の「境界線を越えた暴走」を止めようとするものの、「國岡商店」は心強い仲間たちを従えて急激に成長していく。原作は百田尚樹の同名小説。モデルは出光興産創業者の出光佐三氏である。 [投票]
★3プレデターズ(2006/米)未知の惑星に連れてこられた戦いのエキスパートたち。メンバーは傭兵のロイスをはじめ、メキシコ暗殺集団、ロシア特殊部隊、CIA天才スナイパー、連続殺人犯の死刑囚、日本人ヤクザ、謎多き医師の8人。彼らはプレデターの狩りの獲物としてここに集められたのであった。[投票]
★4アントマン(2015/米)仕事も家庭も失った刑務所帰りのスコットはある日、窃盗団に加わり豪邸に忍び込む。そこで盗んだスーツを着てみると身体が蟻のように小さくなった。スコットはこのスーツを開発したピムからある陰謀を阻止するよう言い渡される。愛する娘のため、スコットはアントマンとして協力することを誓うのだが......。[投票]
★3TAXi4(2007/仏)今回のサプライズVIPはジブリル・シセ。シセをオランピック・ドゥ・マルセイユのホームスタジアムに送り届けたタクシードライバー・ダニエルは、マルセイユ警察のエミリアンと共にサッカー場に子供たちのサッカー見学に出かけた。仕事に戻ったエミリアンには大きな仕事が待っていた。武装強盗53件、殺人の共謀122件、全欧州から指名手配されている「ベルギーの怪物」をジベール署長と共に引き取りに行くことになるのだが......。[投票]

Points of View

最近のPOV 5
お城好きが見ておくべき映画【天守閣の有無に関わらず!】[投票]
日本百名城スタンプラリーを周ってる方、特に必見! 
パパ・ママ 家族映画[投票(2)]
A:パパ B:ママ C:ばあちゃん D:兄弟姉妹 E:番外  映画の★とは違う観点で★をつけてみました。
大滝秀治はかく言う。「つまらん」[投票]
宇宙人映画は除く。キリがないから。
脱いじゃったと言えば脱いじゃった[投票(6)]
邦画で一定のレベル以上の女優限定。QNB(急に脱がれてびっくり)
身に覚えあり(?)そうな映画[投票(2)]
僕の周囲で起こったり起こってなかったり、友達から聞いたことあるようなないような、似たような恋愛憎劇。アクションやSFもいいけど、たまにはリアルを追体験してみませんか。はい、ある、ある〜。ない?