コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

IN4MATION

e-mailin4mation@gol.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1164コメント2539
11あらすじ32
17POV44

Comments

最近のコメント 10
★2ラプラスの魔女(2018/日)原作未読。当初、ガリレオ(物理学者・湯川学)の続編かと思っていたが、どうやら別の教授(地球化学の青江修介教授)の話。最後までオカルト(似非科学)で突っ走られて開いた口が塞がらない。 [review][投票]
★3打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017/日)実写版未見。なんとも面白みのないストーリーだが、及川なずな(広瀬すず)が歌う瑠璃色の地球は良かった。[投票]
★4人魚の眠る家(2018/日)原作既読。臓器提供に承諾をしないと脳死判定を行わない、という日本の臓器移植法に物申している本作。原作の核はここ。本作では意外にあっさり表現されていて拍子抜け。また、原作では奇妙なロボット的に描かれている娘・瑞穂をどのように表現するのだろうと不安だったが杞憂に終わった。その点は高評価。 [review][投票]
★3セイント(1997/米)どれだけ変装しても、サイモンさんの面はしっかり割れてるし、ずっと逃げてるシーンばっかりで、なんだかなぁ。[投票]
★2愛の嵐(1973/伊)回想される過去がいちいち細切れすぎて。笑 サブリミナルかと思うくらい。 [review][投票]
★5スノーピアサー(2013/韓国=米=仏=チェコ)歪な格差社会を列車内という限られた閉鎖空間に上手く落とし込んだ作品。ノアの方舟の汚い現実というか、銀河鉄道999というか。笑 [review][投票]
★3いぬのえいが(2004/日)映画の作品性というか、犬が好きか嫌いかを問われている踏み絵的な作品な気がする。笑 犬は好きだがこの映画はそれほどよい出来とは思えない。ポチにあのボールはデカ過ぎると思う。顎が外れそう。 [review][投票]
★3ニュースの真相(2015/豪=米)裏取り大事。先入観ありきの調査・報道はいかがなものか、と。メアリーは本当に中立な立場で取材していたか? 本作は最後まで自分に都合のいいことしか考えず、反対意見は認めません!的な姿勢で描かれている。そこに違和感を覚える。原作がメアリーの自叙伝だからそういう偏りがあるのは間違いないだろう。 [review][投票]
★5最強のふたり(2011/仏)全て想定内のラストに向けてしっかり進み続けていく佳作。ドリスと出会ってからフィリップの笑顔が次第に増えていく。Earth, Wind & Fire が流れるシーンはどちらも印象的。ふたりの距離がどんどん詰まっていく過程が丁寧に描かれた脚本も良い。面白かったら難しいこと考えずに笑えばいいと思うよ。物語の核はそこじゃない。 [review][投票]
★4サブウェイ・パニック(1974/米)地下鉄が乗っ取られたというのに、ガーバーから「動き出したぞ!」と言われて連絡を受けた誰も彼もが「何がだ?」と返答する連中が変過ぎて笑った。ペラム123以外に話題ないだろ?笑 古い映画だけに犯人には思想も何もなく展開もやや間延びしてる。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★1祈りの幕が下りる時(2018/日)明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が「越川睦夫」という謎の男の家で遺体で発見された。捜査を担当する松宮は、5km離れた河川敷において、焼死体で発見された男との関連を疑い、その遺品の中から日本橋を囲む12の橋の名前が書き込まれたカレンダーを発見する。そのことを従兄弟である加賀恭一郎に伝えたところ、加賀も同じ情報を握っていた。ただ、その情報源は死んだ自身の母の遺品の中からだった。ここに、加賀が日本橋に「新参者」としてやってきた謎が明かされる。[投票]
★4はなちゃんのみそ汁(2015/日)ある日突然の癌宣告を受けた千恵(広末涼子)は恋人・信吾(滝藤賢一)のプロポーズを受け夫婦になる。抗癌剤治療の最中に奇跡的に妊娠する千恵。再発のリスクを覚悟で無事女児を出産し、「はな」(赤松えみり)と名づける。しかし、幸せな日々は長くは続かず余命わずかと悟った千恵は、「はな」に一人でも生きていけるように料理や家事の大切さを教え始める。 [more][投票]
★4人魚の眠る家(2018/日)娘・瑞穂の小学校のお受験が終わるまでは夫婦の体を保つこと。このように約束しつつ破綻した夫婦関係にある播磨和昌と薫子夫妻に突然の悲報が届く。―娘がプールで溺れた―。病院の医師曰く「おそらく脳死」という現実に直面するふたり。一旦はその現実を受け入れ脳死判定を受けようとしたとき、瑞穂の身体がピクリと動く。これを見た薫子は「娘はまだ生きている」と脳死判定を拒み、医師も驚く方法で娘の介護に取り組む。過酷な運命に苦悩する薫子。その愛と狂気は成就するのか。[投票]
★1シャンハイ(2010/米)1941年。中国の魔都・上海では、英・米・仏、そして日本と列強各国が共同租界を置き互いにしのぎを削っていた。そんな緊迫した状況の中、同地を訪れた米国諜報員のポールは同僚であるコナーの変死事件と直面。上海の裏社会を牛耳る黒幕・アンソニーとその妻・アンナ、日本軍大佐ののタナカらとの出会いを重ねながら、ポールは忽然と姿を消したコナーの恋人・スミコを追う。[投票]
★4僕たちは世界を変えることができない。 But,we wanna build a school in Cambodia.(2011/日)2005年8月。医大に通う大学2年生の甲太は、友人の芝山や矢野とそれなりに楽しい日々を過ごしていたが、何か物足りなさを感じていた。そんな時、ふと立ち寄った郵便局で海外支援案内のパンフレットに目が留まる。「子供たちに屋根のある小学校を!」果たして甲太たちはカンボジアに屋根のある小学校を建てられるのか?[投票]

Points of View

最近のPOV 5
お城好きが見ておくべき映画【天守閣の有無に関わらず!】[投票]
日本百名城スタンプラリーを周ってる方、特に必見! 
パパ・ママ 家族映画[投票(2)]
A:パパ B:ママ C:ばあちゃん D:兄弟姉妹 E:番外  映画の★とは違う観点で★をつけてみました。
大滝秀治はかく言う。「つまらん」[投票]
宇宙人映画は除く。キリがないから。
脱いじゃったと言えば脱いじゃった[投票(6)]
邦画で一定のレベル以上の女優限定。QNB(急に脱がれてびっくり)
身に覚えあり(?)そうな映画[投票(2)]
僕の周囲で起こったり起こってなかったり、友達から聞いたことあるようなないような、似たような恋愛憎劇。アクションやSFもいいけど、たまにはリアルを追体験してみませんか。はい、ある、ある〜。ない?