コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのお気に入りコメント(500/818)

小さな恋のメロディ(1971/英)★4 現在の自分にメロディーがいないことよりも、昔の自分にメロディーがいなかったことを思い出し少し哀しくなった。 (24)[投票(11)]
小さな恋のメロディ(1971/英)★4 「結婚しようよ」・・・あまずっぱ!! [review] (kazya-f)[投票(4)]
小さな恋のメロディ(1971/英)★2 虫歯になりそう。 リアルタイムで観ないとダメな作品なんでしょうが…。 [review] (たかやまひろふみ)[投票(2)]
小さな恋のメロディ(1971/英)★5 音楽がいいとそのシーンが消去不可のごとく私の脳のハードディスクに焼きついてしまう。金魚を見るたびに、石畳や線路を見るたびにそのデータが溢れてくるのを私には止められない。 (sawa:38)[投票(5)]
コーラスライン(1985/米)★3 ミュージカル映画の見方について悩んでしまった。 [review] (みか)[投票(3)]
コーラスライン(1985/米)★4 踊りとは上達するとパターンの組み合わせになっていくのは確かだけど、あんな複雑な順番を一回で覚えて披露させ、それに採点がつけられるという凄さ、厳しさ。物語そのものより肉体の躍動感や美しさを観る映画。実際、物語と言えるほどの内容はない。 [review] (tkcrows)[投票(3)]
コーラスライン(1985/米)★3 ボブ・フォッシーが監督していたらどうだったろう。 [review] (chokobo)[投票(1)]
鬼畜(1977/日)★3 岩下志麻小川真由美以上に男の子が怖かった。 [review] (檸檬)[投票(2)]
ピアニスト(2001/仏=オーストリア)★5 人は誰でもピアニスト。 [review] (たわば)[投票(3)]
フォーガットン(2004/米)★1 「映画制作は計画的に・・」 [review] (STYX21)[投票(2)]
どろろ(2007/日)★2 チン・シウトンがアクション監督との事で楽しみにしていたが…大惨敗。主役の二人は大健闘と思うが、アクションシーンの見せ方がカッコ良くない。チャン・イーモウはいい仕事をしたと改めて感じた。敵のどいつも強そうに見えないのもゲンナリ。 (牛乳瓶)[投票(2)]
どろろ(2007/日)★3 本来連続ものに向いている長篇なのだからかなりリスキーな作品なのは認める。だが駄作なのは隠しようがない。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
どろろ(2007/日)★3 原作の描くべき所をちゃんと描き、省くべき所をテンポ良くコミカルに流していて上手くまとめているし、ラストを原作と変える事によって物語としては格段に映画らしくなってはいる。['07.1.28MOVIX亀有] [review] (直人)[投票(7)]
どろろ(2007/日)★3 ジプシーキングスばり音楽の格闘シーンは、細かいカットだらけのやりたい放題で観づらい。中井のはぶたいやら珍妙なお城とか、どこまで本気なのか悩むようなデキだが、2時間半を超えてるとは思えない疾走感で走りきる。柴咲のキャラ立ちが凄い。 [review] (chilidog)[投票(2)]
どろろ(2007/日)★4 まともに時代スペクタクルを描ききれぬがゆえに、無国籍演出を行なうインチキ作品から本作もまた抜け出ていないが、俳優各々の真剣さがこれを凡作から大いに救っている。 [review] (水那岐)[投票(8)]
春婦伝(1965/日)★3 まあ前衛!映像の表現を模索。にしてはストーリーがこれ?ドラマも映像もどっちつかず。アクションとしては清順、あなたは凄い。 (バーボンボンバー)[投票(1)]
卍(1983/日)★2 どーも女性二人が魅力的じゃない。ダンナが一番キャラ立っちゃうってのは卍じゃねーべ。悪い時代の邦画の象徴っぽくて、どーも貧乏くさく、妖しさが足りない。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票(2)]
沈黙の戦艦(1992/米)★3 箱から出てくるシーンがトラウマになるほど脳裏に焼き付いた。 (これで最後)[投票(1)]
リトル・ダンサー(2000/英)★1 こんなにも少年が汗水流して踊っているのにリアルじゃないのはなぜだ! [review] (つゆしらず)[投票(2)]
まぼろしの市街戦(1967/仏=伊)★4 我々もどちらかの世界を選択できるのだ。 [review] (sawa:38)[投票(1)]