コメンテータ
ランキング
HELP

けにろんさんのお気に入りコメント(200/790)

浮雲(1955/日)★4 男「今日泊まってもいいかい?」 女「泊まるつもりで来たんじゃないの?」 男「ああ。」 女→ [review] (muffler&silencer[消音装置])[投票(8)]
浮雲(1955/日)★4 だらしない男たちに振り回される女たちを描いた作品。登場人物が心に持っている陰鬱な感じが画面からにじみ出てくる。今じゃ絶対撮れないと思う。 (ゆーこ and One thing)[投票(1)]
浮雲(1955/日)★5 戦後を描いた日本映画としては、私はこれ以上の作品を知らない。その当時の絶望感、脱力感が21世紀になった今観てもありありと画面から伝わって来るような。『二十四の瞳』に比べて高峰秀子が生々しい「おんな」を演じていていい。森雅之は、現在彼のようなズルい男のニヒリズムを出せる人はいないでしょう。二人の絶望的恋愛映画としてみてもその呼吸は一級品。 (takud-osaka)[投票(3)]
アベンジャーズ(2012/米)★3 3.8。期待されていることをほぼ完璧にやり遂げ、あわよくば「それ以上」を狙わんとする志の高さも感じられる。派手だが退屈な「イベントムービー」だろうと高をくくって見に行ったが、しっかり作られた堂々の「娯楽映画」だった。 [review] (MSRkb)[投票(9)]
るろうに剣心(2012/日)★4 アクション監督が別に居るそうなのでどの位大友監督のお手柄なのか判りませんが、期待に応えた出来だったと思います。☆4.5点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
愛のメモリー(1976/米)★2 ソフト・フォーカスかけすぎ。 (Lostie)[投票(1)]
さらば愛しき大地(1982/日)★3 ただ洗車しているだけで見ている側が耐えがたいほどの狂気。 (黒魔羅)[投票(1)]
サバイバル・オブ・ザ・デッド(2009/米=カナダ)★3 孤島の権力闘争と州兵愚連隊、どちらの物語も中途半端で散漫な印象。軍曹が吐く田舎町への呪詛が、そのままこの映画への批判となっている。 (ペンクロフ)[投票(1)]
女囚さそり けもの部屋(1973/日)★3 題名から内容が逸れている。 [review] (t3b)[投票(1)]
女囚さそり けもの部屋(1973/日)★3 シリーズが進むに連れ、さそりがどんどん物語の中心から外れていく。今作は「さそりの物語」ではなく、「さそりを巡る女たちの物語」だ。そして僕が観たいのはやっぱり「さそりの物語」なんだな。 [review] (Myurakz)[投票(3)]
女囚さそり けもの部屋(1973/日)★3 サソリは捕らわれていてこそ毒を生む。都市の小市民的悪事の中になど、サソリの怨念に拮抗し得る暴力など存在するわけがない。ドブネズミよろしく下水溝に追い込んだところで物語が矮小化するだけ。ところで、ナミの手配ポスターが凄くいい。ぜひ1枚欲しい。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
女囚さそり けもの部屋(1973/日)★4 荒唐無稽さはトーンダウン [review] (ガラマサどん)[投票(3)]
ローマの休日(1953/米)★5 スタジオから、そして閉塞のアメリカからローマの青空の下へと飛び出し撮り納められたこの映画は未来永劫、自由と解放のシンボルで在り続けると思う。ワイラーとトランボ(変名)が渇望したもの、アン王女が求めたものを、オードリー・ヘップバーンが飾り気の無い笑顔で掴み取る。それを優しく支えたグレゴリー・ペックの存在も得難いもの。 [review] (町田)[投票(2)]
ローマの休日(1953/米)★5 ヘプバーンについては何もいう事なし。 [review] (takud-osaka)[投票(1)]
ローマの休日(1953/米)★5 酒臭いという台詞、ベッドから転がすアクション、ドオモの前の本当に暑そうなロケ、けっこう狡い登場人物たち、そして最後などなど。較べると、現在のロマンスストーリーのほうが、予定調和で夢物語な気がする。オードリー物の凄いのは、おとぎ話のようで、案外、どれもリアルなことではないかな、と、いつも思います。 (エピキュリアン)[投票(4)]
ローマの休日(1953/米)★5 最後の「ローマ!ローマです!」というセリフで号泣! (stimpy)[投票(1)]
ローマの休日(1953/米)★3 「今観ても色褪せない」 んなこたぁない。色褪せてないのはヘプバーンの美しさとぺックの哀愁とワイラーの的確な演出。映画には脚本という大事な要素があるのを忘れないで欲しい。 [review] ()[投票(1)]
ローマの休日(1953/米)★5 夢のような映画。ラストシーンは屈指。 (buzz)[投票(1)]
ローマの休日(1953/米)★5 おとぎ話と現実のバランスがいい。でも、 [review] (なつめ)[投票(13)]
ローマの休日(1953/米)★5 ここで終わるから映画はイイんだよね。 [review] (G31)[投票(12)]