コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

トリコロール/赤の愛 (1994/スイスポーランド)

Trois couleurs: Rouge

[Drama]
製作マラン・カルミッツ
監督クシシュトフ・キェシロフスキ
脚本クシシュトフ・キェシロフスキ / クシシュトフ・ピェシェビッチ
撮影ピョートル・ソボチンスキ
美術クロード・ルノワール
音楽ズビグニエフ・プレイスネル
出演イレーヌ・ジャコブ / ジャン・ルイ・トランティニャン / フレデリック・フェデール / ジュリエット・ビノシュ / ジュリー・デルピー
あらすじジュネーブに住む女子大生のバランティーヌ(イレーヌ・ジャコブ)は、モデルとしても活躍。イギリスに住む恋人とはすれ違い状態。ある日、彼女は電話の盗聴が趣味の退官判事と出会う。トリコロールの最終エピソードにして、キェシロフスキ監督の遺作。 (アルシュ)[投票(1)]
Comments
全28 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5しかし眼差しが最も力強く美しいのはイレーヌ・ジャコブ。生の賛歌へと舞い降りたシリーズ最高傑作。と言うかここまでで1つと考えた方が良いのだろう。 (ドド)[投票(2)]
★5青、白、赤国旗の順に見といて良かった。あのPHILIPSの電話、結構かっこいいと思いません?ほしいなぁ。 (nene)[投票]
★4すれ違いは、同時につながりでもある。 [review] (24)[投票(6)]
★4うーん、遺作か。生、愛に対する気持ちは上昇的だね。エネルギーに満ちている。それより、この映像のクリアさ、色彩の大胆な使用は美の極地。うっとりしながら、人生の機微をじっくり見れました。ありがとう、キェシロフスキ! (セント)[投票(2)]
★4ふたりのベロニカ』同様、この監督の映像には強く惹きつけられる。静かで淡々としたストーリーだが、訴えかけるものは多い。3部作悼尾を飾るにふさわしい作品。最後に前2作と繋がる場面は強引だがうれしいサービスにびっくり。 (ことは)[投票(2)]
★4これほど遺作然とした遺作も珍しい。全編を覆う大らかな境地。ラストに漂う楽観性は、「運命」や「偶然」などキェシロフスキが悩んできたことからの解放を感じさせる。このシリーズを青、白、赤と順番に観てきて本当に良かった。プレイスネルの音楽がまた泣かせる。 (赤い戦車)[投票(1)]
★4フランス革命の精神で言うとこれは自由なのかな?3作の中でこれが一番見やすいかも。愛を断絶したとは言えこれはタイミングの問題かも。人間として再びを信じる心は大切にしたいです。しかし、やってくれましたね、憎い演出でした。 (かっきー)[投票(1)]
★4瓶を捨てる老人を助けるヴァランティーヌ。前2作では存在しなかった形の愛を彼女は体現した。暖かい赤色はだれもがそこから安らぎと優しさを感じ取る。 (くろねずみ)[投票(1)]
★4ジャコブ美しすぎます。ラストは無理がある気がする (nori)[投票(1)]
★4普段何気ない表情をしていても、人はそれぞれ大きな悩み・苦しみを抱えて生きているんだなぁ、と改めて気づかされた。 (fraise)[投票(1)]
★3劇場で男が自らを語り始める。女と対峙する。途中邪魔が入る。この緊張感。・・・人間にとって「愛」を告白する時が人生にとって最もサスペンスなのだ。そして「過去」を告白する時はドラマティックである。細かい演出手腕に痺れる。 (sawa:38)[投票(1)]
★3前2作の愛とは違う、これもまた男女の愛なのだけれど、もっと広がった関係性を感じる。成る程、これで「博愛」と云う訳か。3作通じて見る事で、それぞれの愛がより理解できるのだと思う。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3秘密は人間関係のあるところにしか存在しない。老判事の盗聴趣味は、秘密を持って生活する健全な人間たちへの嫉妬に他ならない。 (ジェリー)[投票(1)]
★3三部作の中で最もインパクトがない。というのもデルピーやビノシュのほうがが僕にとって大切に感じられるから、それだけです。 (ハム)[投票(1)]
★3イレーネがどうにもモデルに見えず設定に疑問を持つ一方でトランティニャンの出歯亀爺いをヤケにもったいぶって見せるがさしたる内実を欠いている。単一テーマで強度を得た前2作に比し総括的な何かを模索した形跡はあるのだがスカシっ屁で終わった。 (けにろん)[投票]
★3トリコロール三部作では常に裁判所が登場し、本作では裁く側の人に焦点があてられる。これが遺作となったキェシロフスキの念頭には、人が人を裁くことへの疑問が存在したと考えるなら、三部作で描かれた三色の愛は「裁ききれないもの」もしくは「それを越えうるもの」の提示だったのかもしれない。 (グラント・リー・バッファロー)[投票]
★3ジャン・ルイ・トランティニアンの存在に満足。 3作中一番の美女イレーヌ・ジャコブの清楚な魅力。 [review] (トシ)[投票]
★3見えない愛。それが赤。 (らーふる当番)[投票]
★3雰囲気勝負な映画。イレーヌ・ジャコブがミニスカートで走る! (ころ阿弥)[投票]
★2悪くはないけど、フランス映画ってなんか寂しい世界ですね。 (NAO)[投票]
★2変なじいさんに魅せられるヒロイン、というぐらいしか・・・。盗聴とかあのラストとか、テーマとどう関わっているのかしら。色の使い方は3部作の中でいちばんウマイが・・。 (_)[投票]
★1電話の音だけは、今でも頭の中で、りんりん鳴っている。 (愛の種)[投票]
Ratings
5点11人*****.
4点54人***************************
3点63人*******************************.
2点16人********
1点2人*
146人平均 ★3.4(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
巨匠の遺作に名作なし? (ペペロンチーノ)[投票(37)]次点の歴史 外国映画篇 (ナム太郎)[投票(8)]
ゲンダイ外国語辞典-副読本 (LOPEZ que pasa?)[投票(8)]ヨーロッパ映画代表作[投票(8)]
日本人は「愛」が好き? (peacefullife)[投票(7)]CINEMA色の風景 (いくけん)[投票(4)]
〓ドッペルゲンガー〓 (ドド)[投票(4)]映像の美しさに酔う (ことは)[投票(4)]
【イレーヌ・ジャコブ】の魅力 (ことは)[投票(3)]−アカデミー賞脚本・脚色賞ノミネート作品(90年代前半)− (kawa)[投票(2)]
私的フランス映画 (ハイズ)[投票(2)]同じような時期に公開された類似作品 (verbal)[投票(1)]
『汚れた血』(1986/仏)を駆け抜けた三人のそれぞれ (skmt)[投票(1)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「トリコロール/赤の愛」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Trois couleurs: Rouge」[Google|Yahoo!]