コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

kawa

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
664コメント1155
8あらすじ38
115POV120

Comments

最近のコメント 10
★3マッシュ・イタリアーノ 全員集合!(1972/伊=仏)ロバート・アルトマンの『マッシュ』とは無関係。 [review][投票]
★3ナイトメア・シティ(1980/伊=メキシコ=スペイン)DVDジャケットの絵がスゴイ。 [review][投票]
★4ジョン・ランディスのステューピッド おばかっち地球防衛大作戦(1996/英=米)クリストファー・リーのフィルモグラフィーはすごいと常々思う。 [review][投票]
★2ドーベルマン・ギャング2(1973/米)前作と比べると、ややパンチ不足。アイデアが良いのですが。[投票]
★3ナイトチャイルド(1975/伊)ニコレッタ・エルミ主演のオカルト映画。 [review][投票]
★5ターミネーター3(2003/米)重量感溢れるアクション・シーンの連打は見ていてとても痛快でした。特にターミネーターの重量に拘ったバトル・シーンは、切れも良く小気味良さがあって良かった。音楽、画面の明るさも良いです。 [review][投票(4)]
★4魔のバミューダ海域(1974/米)キム・ノバク主演のホラー映画。海洋ミステリー。[投票]
★3エイリアンVS.プレデター(2004/米=独=カナダ=チェコ)20世紀フォックスが創造した宇宙の覇者は、エイリアン...?それとも、プレデター...? [review][投票(8)]
★4夜空の大空港(1966/米)トワイライト・ゾーン』のロッド・サーリング脚本。航空パニック映画。[投票]
★4エクソシスト・ビギニング(2004/米)製作に関してかなりの紆余曲折があり、緊急公開ということもあって懸念しつつ鑑賞に望んだのですが...手堅い感じのホラー映画になっていると感じました。 [review][投票(7)]

Plots

最近のあらすじ 5
★5アメリカン・ヒーロー ワンダー・フライト(1981/米)高校教師ラルフ(ウィリアム・カット)は修学旅行先でUFOと遭遇。超人的能力を得られるスーパーマン・チックなコスチュームと取り扱い説明書を手渡され、地球の平和のために、日々活動するよう使命を受ける。彼は引き受けたものの取り扱い説明書を紛失してしまったため、コスチュームの正しい扱い方がまったく分からず、悪戦苦闘する羽目となってしまう。(本編120分)[投票]
★3マニアックコップ3 復讐の炎(1993/米)アメリカ、ニューヨーク。犯罪現場に駆けつけた女性警官ケイト(グレッチェン・ベッカー)は犯人を射殺するも、返り討ちにあい自らも重傷を負ってしまう。事の一部始終を録画していたマスコミはビデオを改竄して、ケイトの過剰捜査であるように報道する。市民の非難を恐れた当局は昏睡状態にあるケイトを告訴。ケイトの同僚刑事であるマキニー(ロバート・ダビ)は彼女の汚名をすすぐべく捜査を開始するが、同じ頃埋葬されていたはずのマニアック・コップ=コーデル(ロバート・ツダール)は自分に似た境遇のケイトに深く同情、彼女の復讐を行うため墓場から復活する。(本編85分/公開日1993年9月)[投票]
★3空飛ぶ戦闘艦(1961/米)1886年アメリカのペンシルバニア州の火山が噴火。兵器メーカーのオーナー、ブルーデントとその娘ドロシー、彼女の婚約者と政府から派遣された役人ストロック(チャールズ・ブロンソン)の計4人が調査のため、新型の気球に乗り込んで火山口を目指した。火山口に差し掛かったとき、ふぃにロケット弾を撃たれて気球は落下。気が付くと、4人はロバー船長(ビンセント・プライス)が指揮する「空飛ぶ戦闘艦」の中に捕らえられていた。ロバーは世界中から戦争の火種をなくすために、この戦闘艦を建造、戦闘中止の警告を受け入れない国に対しては、上空から攻撃を行うと宣言する。(本編104分/公開日1961年12月)[投票]
★4続・恐竜の島(1977/英)前作『恐竜の島』でただ一人孤島キャプローナに取り残されたタイラー(ダグ・マクルーア)を救出するために、友人ベン(パトリック・ウェイン)は救出チームを組んで、帆船でキャプローナへと向かう。極寒の地を訪れたチームは飛行艇に乗り込み氷山を越えるが、着いた先には恐竜が闊歩するロスト・ワールドが展開されており、一行は圧倒される。(本編91分/公開日1977年12月)[投票]
★3姿なき殺人(1967/英)ジョーン・クロフォード扮する女性団長が長年指揮を執っている旅回りのサーカス一座。順風満帆の興行振りを見せていたが、綱渡り師が興行中に転落死して以来、団員たちが次々と奇怪な死を遂げていく。捜査に当たった警部は団員の中に犯人がいると確信するが...(本編96分/公開日1968年6月)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
−別の俳優、監督が関わるはずだった映画−[投票(40)]
出演が予定されていたにも関わらずスケジュール的に合わなくなり出演を断念、出演オファーされたものの、脚本・役柄に納得がいかず降板、製作者と意見が衝突し監督の座を降りたなど、本来なら、別の俳優・監督が関わるはずであった映画を集めてみました。 ※噂段階のものも含めていますので、もし違っていたらごめんなさい。※A:60年以前 B:60年代 C:70年代 D:80年代 E:90年代 F:2000年代
−海外SF小説の映画化作品−[投票(18)]
海外SF小説を映画化した作品を集めてみました。一言コメント=(「原作小説の題名」/原作者名 ) です。 ○アルファベット表記は、製作年代です。A=50年代以前 B=50年代 C=60年代 D=70年代 E=80年代 F=90年代  G=2000年代                                                        ○映画登録リクエスト中にある該当作品...『ナイトフォール 夜来たる』(2000)。 ○未リクエストの作品...『龍宮城』(1929)、『獣人島』(1932)、『縮みゆく人間』(1957)、『脳を喰う怪物』(1958)、『金星ロケット発進す』(1961)、『いれずみの男』(1968)、『ミステリー島探検/地底人間の謎』(1972)、『縮みゆく女』(1981)、『火星人ゴーホーム!』(1989)。 ○テレビ・シリーズ化されている小説。◆不思議な村(1971)、火星年代記(1979)、デイ・オブ・ザ・トリフィド(1981)、新・宇宙戦争(1988)。
−ウィリアム・キャッスルと関連作品−[投票(10)]
観客を驚かすために客が座る椅子に電気ショックを与えるギミックを取り付ける、観客が死亡した場合を考慮して、映画館に看護婦を待機させて、あらかじめ保険も用意しておく、自ら霊柩車に乗って劇場に駆けつけては棺桶から登場して驚かしてみせる、など見せ物に徹した映画製作を続けたプロデューサー、ウィリアム・キャッスル(1914生−1977没)の関連作品を集めてみました。 A=プロデュース作品などキャッスルに直接関連した作品 B=キャッスルに影響を与えたもしくはオマージュを捧げた作品 C〜F=大きく謳われた宣伝方法などキャッスル作品を連想させられる作品(C=保険/D=音響効果/E=立体映像/F=上記以外)
−終末を描いたSF映画−[投票(12)]
核戦争、人口過剰、天体衝突etc。様々な題材で描かれてきた人類の受難。古今東西の終末SF映画を集めてみました。※受難後にたくましく生き抜こうとする人々を描いた作品も含めました。 A=50年代 B=60年代 C=70年代 D=80年代 E=90年代 F=2000年代 ○登録リクエスト中にある該当作品...マッド・ライダー、グランド・クロス。 ○その他該当作品。スレッズ、テスタメント、地球全滅。
−ビデオ・DVD発売希望のサスペンス・ホラー映画−[投票(4)]
古典的スリラー、隠れた逸品、多大な影響を与えた作品など、ビデオ再販、DVD発売を特に希望したいサスペンス、ホラー映画を集めてみました。登録リクエスト中にある希望作品。暗闇にベルが鳴る。