コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

家族を想うとき (2019/ベルギー)

Sorry We Missed You

[Drama]
製作総指揮パスカル・コーシュトゥー / グレゴワール・ソラー / ヴァンサン・マラヴァル
製作レベッカ・オブライエン
監督ケン・ローチ
脚本ポール・ラヴァティ
撮影ロビー・ライアン
美術ファーガス・クレッグ
音楽ジョージ・フェントン
衣装ジョアン・スレイター
出演クリス・ヒッチェン / デビー・ハニーウッド / リス・ストーン / ケイティ・プロクター / ロス・ブリュースター
あらすじケン・ローチ監督が事実上の労働者ながら、個人事業主としてフランチャイズ契約に縛られ働かされている「宅配ドライバー」の過酷な労働を背景に描く。建設業で働いてきたリッキークリス・ヒッチェン は安い賃金と親方にこき使われるのに嫌気がさして、「自営業」として大手企業の宅配ドライバーの契約を結ぶ。自前の車を確保するためパートの介護士として働く妻アビーデビー・ハニーウッドの車を売って1日14時間は働いた。アビーはバスでの移動を余儀なくされ長時間の勤務で、二人は家族のために働いているはずなのに高校生の息子リス・ストーン、小学生の娘ケイティ・プロクターと語る時間はどんどん削られていく…(100分) [more] (シーチキン)[投票(1)]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5物流と介護という社会構造の皺寄せが鋭角的に顕現する分野で功利主義的経営論理が従業する者を疲弊させていく。悪意なき消費者や庇護されるべき老人という前提が幼い娘を泣かせ良妻に怒号させる。誰かが言わねばならない現代の矛盾を分析的筆致で紡いだ提言。 (けにろん)[投票(4)]
★5正直でまじめであることはもはや生きにくい象徴である。どんなに見過ごされようと、振り向いてももらえず、システムに乗れなければ「再配達」さえされないのだ。 [review] (jollyjoker)[投票(3)]
★5i don't blame you! is it all my fault? ダンサーインザダーク以来の衝撃だね。こっちのほうがファンタジーがない分堪えるわ。  [review] (ぱーこ)[投票(2)]
★5もう、見終わった後には、どっと疲れました。でも泣いてるヒマはない。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★4効率は時間を利潤に変えるが、無駄は時間を自由に変える。だから時間を独占する者が現れれば、残された者は利潤も自由も奪われる。彼らは蟻地獄に気づかずもがく蟻だ。あまりに救いのない“事実”を見せつけられ、じゃあどうすればいいんだという絶望だけが残る。 [review] (ぽんしゅう)[投票(6)]
★4せめて正しい方向性を示す邦題にしようよ。この映画の家族より観客が可愛そうだ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★4宅配業者の皆さん、本当にごめんなさい。自分で出来る事をしてませんでした。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(3)]
★4私は優しくはなれない。社会システムの批判より個人の在り方に気が向いてしまう。 [review] (K-Flex)[投票]
★4特にこれと言う程のドラマもないままに、ゆっくりと、気がつかないうちに壊れていく幸せを描いた映画。リアルで、ありふれた日常を描きながら、いや、映画としてそれを描いているからこそ、その異様さが強烈に感じられる。 [review] (シーチキン)[投票]
Ratings
5点7人*******
4点8人********
3点0人
2点0人
1点0人
15人平均 ★4.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「家族を想うとき」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Sorry We Missed You」[Google|Yahoo!]