コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

パブリック・エネミーズ (2009/)

Public Enemies

[Crime/Drama]
製作総指揮G・マック・ブラウン
製作マイケル・マン / ケビン・ミシャー
監督マイケル・マン
脚本ロナン・ベネット / マイケル・マン / アン・ビダーマン
原作ブライアン・バーロウ
撮影ダンテ・スピノッティ
美術ネイサン・クローリー
音楽エリオット・ゴールデンサル
衣装コリーン・アトウッド
出演ジョニー・デップ / クリスチャン・ベール / マリオン・コティヤール / ビリー・クラダップ / スティーヴン・ドーフ / ジェームズ・ルッソ / スティーブン・ラング / デヴィッド・ウェンハム / クリスチャン・ストルティ / スティーブン・グレアム / ジェイソン・クラーク / ジョヴァンニ・リビージ / チャニング・テイタム / ビル・キャンプ / ブランカ・カティチ / ピーター・ジェレティ / スペンサー・ギャレット / リーリー・ソビエスキー / ロリー・コクレイン / リリ・テイラー / ジョン・キッシュライン / マット・クレイヴン / アラン・ワイルダー / デヴィッド・ウォーショフスキー / ランス・ベイカー / スティーヴ・キー / ダイアナ・クラール / ドン・フライ / ジョン・オーティス / エミリー・デ・レイヴィン / ショーン・ハトシー
あらすじ1930年代前半、大恐慌後のアメリカで銀行強盗を繰り返したが、客からは一銭も奪わなかったために「義賊」として一世を風靡した実在のギャング、ジョン・デリンジャーの姿をマイケル・マン監督、ジョニー・デップ主演で描く。仲間を刑務所から脱獄させ銀行強盗を繰り返すデリンジャージョニー・デップに対し、黎明期のFBIは彼を「社会の敵ナンバー1」として指名手配、敏腕のパーヴィス捜査官クリスチャン・ベールを専任させる。一方デリンジャーはシカゴで出会ったビリーマリオン・コティヤールに一目惚れして彼女を連れて行く。パーヴイスはベテラン捜査官たちを集め、着実に包囲網をせばめていくが…(141分) (シーチキン)[投票]
Comments
全31 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5冒頭の刑務所脱出劇からスピーデーな演出。カット割りもうまく、映像がうっとりするほど鮮明で美しい。メジャー映画でこれほど洒落た映画も少ないわい、ニヤニヤしながら映像を追う。 [review] (セント)[投票(3)]
★4印象深い瞬間を多く持つ。冒頭の刑務所と空の画面。ディジタル撮影における「黒」に意識的な山荘の銃撃戦(発砲音の低さが迫力に貢献している)。捜査本部潜入シーンの夢幻性。最後に場をさらうスティーヴン・ラング。二度の映画館シーンの緊迫感もよい。メロドラマとしての淡白さが好悪の分かれ目か。 (3819695)[投票(6)]
★4複数形のタイトルに大きな意味を込めているんだろう [review] (HAL9000)[投票(6)]
★4やはり見応えがある。一番の見どころは夜の森のシーンかなと思う。森の中のアジト。仲間が殲滅される一連のシーン。夜の闇と機関銃の発砲の光。それにも増して、デップとマリオン・コティヤールが出会い、「Bye Bye Blackbird」にのってダンスするシーンが印象深い。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★4カウントダウン、あるいはハンティング。[091213 地元のシネコン] [review] (浅草12階の幽霊)[投票(1)]
★4ピカレスクロマン香る派手なアクションギャング映画として十分楽しめるし、かっこ良い。だが品格を感じさせるラストは、この映画にそれ以上の魅力を添えている。 (シーチキン)[投票(1)]
★3分からんではないのだが、結果として「あの時代の銃は味があったね」と言ってるだけの映画。やってることは『マイアミ・バイス』と変わらん。危険だなあマイケル・マン。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★3ウォーレン・オーツ主演の名作『デリンジャー』がギャング映画なのに対し、こちらはデリンジャーの生涯の後半の名場面集。エピソード間の連続性が薄いし、仲間との深い繋がりも感じられない。ジョニー・デップクリスチャン・ベールに頼った浅い映画。 (ノビ)[投票(4)]
★3この物語が何を語りたがっているのか、どこに向かうのかがつかみかねる前半が私にはきつかった。一度観て話の流れがわかった上でもう一度見直したら面白いかも。 [review] (おーい粗茶)[投票(2)]
★3映像派マンによるノワールムードとジョニデのファッショナブルな出で立ちだけが見物のSO-SO作品 [review] (junojuna)[投票(2)]
★3暗闇で光る銃撃の閃光と音だけは際立って素晴らしいが、もっと粗野で男臭いドラマが見たかった。決して破天荒になることなく、良くも悪くも監督の個性を殺さないデップベールらの個性が今回は凶と出た。ラストのラングもやや浮いた感が残る。 (ナム太郎)[投票(1)]
★3見所はコティヤール。「オスカー女優という肩書き」だけの存在だった前半と違い、「変装」以降の後半は水を得た魚のように、活き活きとしていた。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★3デップのロマンスにクリスチャン・ベールの童貞軍団が煽られるまではよいとしても、けっきょく両者に話の段取りを語らせるほどの能力はなく、事件は偶然に振り回される。この中折れ映画に活を入れるのがわれらが“大佐”スティーブン・ラングである。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★3総じてキャラの描きが浅く、またデリンジャーとヒロインのロマンスもアッサリしたもので、画面の中の盛り上がりが観客にまで届かない感じ。一体何に焦点をあてて描きたかったのか中途半端です。 (takamari)[投票(1)]
★3良い意味でも悪い意味でも、いかにも「マン監督映画」っぽい仕上がりです。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3強盗犯=善、FBI=悪とあからさまに分けている感じで、ややジョン・デリンジャーを美化しすぎな気がする。 [review] (わっこ)[投票]
★3マン監督の執拗なドンパチ演出は今回も健在。デップはいい芝居だが、顔面が端正すぎて監督の持つ男臭さを消臭してる気がする。ベールも救いには至っていない。ムードはいいがドラマの淡白さとキャストの浮き具合に足元すくわれた感じ。 (Ryu-Zen)[投票]
★2マイケル・マンは信用しません。 [review] (chokobo)[投票]
★2わが愛しのジョニー・デップ! 麗しのクリスチャン・ベール! そして、何よりも実話に基づいたストーリー! 面白くないはずがない!!! [review] (うさこ)[投票]
Ratings
5点3人***
4点15人***************
3点36人************************************
2点12人************
1点0人
66人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ジョニー・デップ万歳! (ふくふく)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「パブリック・エネミーズ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Public Enemies」[Google|Yahoo!]