コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

junojuna

「春夏秋冬、映画と共に!」 映画の技術的見地 映画の産業的見地 映画の学究的見地 の三見分立が批評ポリシーです。
[参加掲示板] [招待者: ナッシュ13]
→気に入られた投票気に入った→
271コメント159
3あらすじ

Comments

最近のコメント 10
★3掌の小説(2009/日)フェティッシュな様式美に応答するSO-SO文芸映画 [review][投票]
★3真夜中の弥次さん喜多さん(2005/日)完全なるファルスに徹したヴァージョンのクドカンはSO-SOだったデビュー作 [review][投票]
★3海炭市叙景(2010/日)淡々としすぎている。絶妙な物語装置を活かしきれなかったドラマツルギーの薄弱を思うにSO-SO [review][投票]
★4仕立て屋の恋(1989/仏)映画的身振りの純度の高さと程よく抑制の利いた演出が冴えたGOODドラマ [review][投票(1)]
★4刑事物語(1982/日)武田鉄矢全盛期の奇跡的な作品。日本映画の健康的ないかがわしさといったものが充満しておりGOOD [review][投票(2)]
★3アラバマ物語(1962/米)監督が違えば、例えばワイルダーワイラーロッセンが撮っていたらもう少しGOODなポジションに据えられていたであろうSO-SO作品 [review][投票(1)]
★2アンナ・カレーニナ(2012/英)原作世界に対するリアクションの薄さ、不味さに、現代的な映画作りの拙さが伺えてBAD [review][投票]
★4風の谷のナウシカ(1984/日)ジャパニメーションを決定づけた世界観の創造は、クールジャパンの原風景として誉れ高くGOOD [review][投票(3)]
★4紅の豚(1992/日)劇的なキャラクター造形の妙に尽き、なお郷愁誘う世界観のパッケージングに成功しているGOODアニメ [review][投票(2)]
★3魚影の群れ(1983/日)海洋スペクタクル、人間ドラマどちらも不味く、相米慎二の映画職人的趣味の限界を浮き彫りにしてSO-SO [review][投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3掌の小説(2009/日)第1話『笑わぬ男』路地裏の古いアパートにある若い夫婦が暮らしていた。「桜が見たい」という妻のために男は桜が咲き誇る裏山へと向かう・・・。 第2話『有難う』私婦として生きる菊子は毎晩違う男と枕を並べながら、かつて故郷で出会った、今はもう逢うことのないある青年のことを思い返す。ちょうど桜の咲き誇る季節に・・・。 第3話『日本人アンナ』ある寒い日、ロシア人少女・アンナに主人公である私は財布を掏られてしまう。翌年の春、満開の桜の下で、偶然の再会を果たすが・・・ 第4話『不死』来る日も来る日も同じ木の下で凧をあげ続ける新太郎。そこはかつての恋人が亡くなった場所だった。ようやく恋人に再会することができた新太郎は、満開の桜の木の下で凧をあげる。[投票]
★2アンナ・カレーニナ(2012/英)十九世紀末のロシアを舞台に、来たるべき世紀の女性のモデルを描いた文豪トルストイ原作による文芸大作。政府高官カレーニンの妻アンナは、華やかな社交界での注目とは裏腹に、夫との愛のない生活に空虚な毎日を過ごしていた。ある時、兄夫婦の離婚の危機をきっかけに、ロシアのモスクワへと訪れることになったアンナは、その地で若き野心家の美貌の青年将校ヴロンスキーと出会うことになる。ヴロンスキーの激しい求愛に戸惑いを隠せないアンナは、やがてヴロンスキーとの逢瀬を重ねていくことになるが…[投票]
★3WEAPONS(2008/仏) テロの脅威が蔓延る現在、世界中の諜報機関とテロ組織は日々激しい情報戦を繰り広げているという。学業を断念したディアーヌは潜入部隊に、母の愛情を渇望するピエールはテロリストにと、二人の若者の運命は強大な組織の闇に翻弄される。[投票]
★4SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム(2010/日)前作で病死した‘伝説のDJ’タケダ先輩が生前繰り広げた伝説の野外ライブの聖地を探しに群馬へとやってきたイック&トム。しかし、その地には我こそがタケダ先輩のDNAと名乗る地元の女子5人組がいた。タケダ先輩への思い、ラップにかける情熱が渦巻いて北関東は大荒れ状態!?・・・[投票]
★3高校大パニック(1976/日)1970年代、高度経済成長の影響で大学進学率が大幅にアップした日本では「受験戦争」という造語が当たり前に使われるようになった。「数学できんで何が悪いとや!」受験指導という名のもとに抑圧された少年の心は狂気へと向かう。猟銃をもって学校を占拠する少年を待っていたものは・・・[投票]