コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

バッテリー (2007/)

[Drama]
製作総指揮井上文雄 / 濱名一哉
製作黒井和男
監督滝田洋二郎
脚本森下直
原作あさのあつこ
撮影北信康
美術磯見俊裕
音楽吉俣良
出演林遣都 / 山田健太 / 鎗田晟裕 / 蓮佛美沙子 / 萩原聖人 / 上原美佐 / 濱田マリ / 山田辰夫 / 塩見三省 / 岸部一徳 / 天海祐希 / 岸谷五朗 / 菅原文太
あらすじ中国地区児童野球大会で注目された天才ピッチャー原田巧(林遣都)は、病気がちな弟(鎗田晟裕)の療養のために両親(岸谷五朗天海祐希)とともに祖父(菅原文太)が暮らす街に引っ越してきた。並外れた才能のためか、両親や周囲に対しては横柄な巧だが、弟には不器用だがいたわりを持って接していた。そんな巧は、彼のピッチングに魅了された地元チームのキャッチャー永倉豪(山田健太)とともに中学の野球部に入部。だが監督の戸村(萩原聖人)は、彼の才能と限界を見抜き恩師でもある巧の祖父の元を訪ねた。少年たちの絆と友情を描くあさのあつこのベストセラー児童書の映画化。(119分/シネマスコープ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全21 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5苛立ちも葛藤も、すべて野球の中にある。こんな野球映画を待っていた。 [review] (林田乃丞)[投票(4)]
★5野球好きの小学生の子供たちと見るには最適な映画だった。ベタで綺麗な映画。特撮あるにしてもうまいなあと思いきや林遣都君、山田健太君は両方共野球経験者とのこと。特に林遣都君は走り方も綺麗。 (Toshiki)[投票]
★5原作は一冊目で挫折しましたが、今回は大甘で満点ということで。 [review] (あちこ)[投票]
★4昨今流行りの流す涙の量で競う強引な感動ではなく、物語の中を吹き抜ける爽快感の強さが巻き起こす心地よい感動。子役たちの個性的な風貌を活かしながら、過不足なく丁寧に描かれる少年たちの心の動き。そこに「素直さ」という子供の行動原理が存在している。 [review] (ぽんしゅう)[投票(6)]
★4豪少年(山田健太)の屈託のない笑顔、寺の息子(米谷真一)の豊かな表情の変化が忘れられない。トゲを振りたてて青春を歩んできた巧(林遣都)も、彼らには笑顔を許すのも肯ける、きわめて自然な少年の姿がそこにはあった。 [review] (水那岐)[投票(4)]
★4滝田作品かぁと引いて観ていたが、意外や時間配分も的確に、丁寧に描かれた青春の1頁。「余計なコト好き」なこの監督、強いて重箱の隅を突けば、弟の終盤の展開なのだけど、これがなくとも本編が力強く邪魔されていない。ラストのまとめ方もすっきりしてて個人的には好印象。思わぬ拾い物。 (tkcrows)[投票(2)]
★4漫画っぽいストーリーに少し距離を置いていたが、だんだんテーマとして存在する野球というものを通しての人と人のつながりを強く感じるようになる。 [review] (セント)[投票(1)]
★4アニメ版を見て実写版を再見。前半は巧の反抗期と母親の八つ当たり、青波の病と抑えきれない巧の野球への情熱、巧と豪、バッテリーの信頼関係の崩壊と、見ていてイライラが募る。何もかも歯車が噛み合わない感じ? ただ、最期まで観ると...... [review] (IN4MATION)[投票]
★4ピュアな野球少年たちの物語で清々しさをおぼえる。 [review] (RED DANCER)[投票]
★3敵役(悪役)が全く出てこないことに違和感を感じました。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★3主人公のピッチングフォームが綺麗なので、それだけで安心して見られる。 (TOMIMORI)[投票(1)]
★3“子供が主役の、ちょっと爽やかで、ちょっと感動出来るスポーツ物”と思ったら、ヤラれる。何ともシビアで冷酷で、子供の醜く汚い部分を美化する事無く描いていてビックリ。それ故に終盤は、いかにもじゃない感じで泣けるのだが。['07.4.1MOVIX柏の葉] [review] (直人)[投票(1)]
★3林遣都の目がいい。最大の収穫。ベタな話は好きなのだが、さすがにラストは必然性もなく、クサいだけ。しかしその後のクレジットロールの曲「春の風」が良かった。立ち上がるのを止めたほど、爽やかだった。 (KEI)[投票]
★3文太爺さんの傍で「なんなら」と怒鳴らせるのは楽屋落ちか。日活青春映画の子供版焼き直しがやたら多い当節、本作は優等生の受難を扱ってユニークだが [review] (寒山)[投票]
★3よく笑い、よく怒り、よく泣く。少年たちのバカ正直な感情表現が気持ちいい。あとニッポンの田舎風景が、なかなか丁寧に撮られてて美しい。 [review] (Ryu-Zen)[投票]
★3野球は何のためにやってる?野球は誰のもの?決して熱血野球マンガになり切らず、子供たちの活き活きとした表情にそれが表れている。 (NAO)[投票]
★3病気の子を出したら、泣けます。でも、ストーリーはどうってことない。 (ぱちーの)[投票]
★3どこかにいそうな感じの少年達その点はいい感じもしたけど、いかんせん話が何だか早くて感情移入は仕切れない。 [review] (あき♪)[投票]
★2主人公のいけ好かないキャラクター、つまらない脚本。 [review] (プロデューサーX)[投票(1)]
★2まっすぐな瞳とまっすぐな球。他の演出は凡庸だがその「まっすぐ」さだけは気持ちが良い。 (ina)[投票]
★0ま、大人の男が見るような映画じゃありませんでした。安い脚本、安いセリフ、安い演出、安い編集、安いドラマ、安い音楽の集大成。点数もつけられない。 (これで最後)[投票]
Ratings
5点6人******
4点16人****************
3点20人********************
2点2人**
1点0人
44人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
あっ!はえてきた・・・ (ぽんしゅう)[投票(5)]シネマスケープ学園高等科 部活紹介! (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
Links
検索「バッテリー」[Google|Yahoo!(J)|goo]