コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (2018/)

Jurassic World: Fallen Kingdom

[Action/Adventure/SciFi]
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ / コリン・トレヴォロウ
製作フランク・マーシャル / パトリック・クロウリー / ベレン・アティエンサ
監督J・A・バヨナ
脚本デレク・コノリー / コリン・トレヴォロウ
撮影オスカル・ファウラ
美術アンディ・ニコルソン
音楽マイケル・ジアッキノ
衣装サミー・シェルドン
出演クリス・プラット / ブライス・ダラス・ハワード / ジャスティス・スミス / ダニエラ・ピネダ / ジェフ・ゴールドブラム / B・D・ウォン / ジェームズ・クロムウェル / テッド・レヴィン / イザベラ・サーモン / ジェラルディン・チャップリン / ピーター・ジェイソン / レイフ・スポール / トビー・ジョーンズ / チャーリー・ローズ
あらすじ2015年『ジュラシック・ワールド』の続編。遺伝子工学で新種の恐竜を産み出したジュラシックワールドの惨劇から数年後、恐竜の島と化した孤島では火山活動が活発になり孤島に生きる恐竜に絶滅の危機が。恐竜保護を求めるクレアブライス・ダラス・ハワードはかつてハモンドと共にジュラシックパークを創設した財団の要請を受け、島へ残された高い知能を持つ恐竜ラプトルの「ブルー」を救出すべく、かつて「ブルー」を飼育したオーウェンクリス・プラットに一緒に孤島へ渡ってほしいと頼むのだが、その背後にはクレアも知らない密かな思惑が…(128分) (シーチキン)[投票]
Comments
全12 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5きょうりゅうだいすき!! (pom curuze)[投票]
★4まあ、ストーリーは子供でも楽しめる内容になっている。2時間強、CGでない恐竜が見られるシーンの醍醐味。迫力が画面をみなぎっている。これだけでもう映画料金に文句は言えません。猛夏に見る映画にぴったし。楽しめました。 (セント)[投票(2)]
★4何もかもが中庸でまあまあの出来、とはいえモンスター映画ではこういう金のかかった豪華な画が観たかったという欲求を、次々と満たしてくれる素晴らしさ。恐竜の影を使った演出が目立つけれども、中でも噴煙に呑み込まれる埠頭のブラキオサウルスに泣く。このシーンにだけは本気で感動した。それと水没時の長回しは視点が統一されていて無駄に良い。3.5 (赤い戦車)[投票(1)]
★4シリーズ1作目の『ジュラシック・パーク』もけっこう怖かったが、本作はそれとは質こそ少し違うが、相当に怖い物語だった。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★4あぁ、こいつら全員バカだわ、と割り切れてからは楽しかった。 [review] (カルヤ)[投票]
★4マルコム博士、アンタの言ってることは25年たっても、よくわからんよ。だから、いいのだ! (verbal)[投票]
★4これはシリーズ中でもかなり面白い、良く出来た活劇。殆ど弛緩することなく、驚くべきアクション場面が繰り出される。 [review] (ゑぎ)[投票]
★3歴史は繰り返す。 [review] (さず)[投票(2)]
★3恐竜映画に求めているのはワクワクと浪漫。 [review] (deenity)[投票(1)]
★3遺伝子操作の新種にせよ島から米本土への展開にせよハンター部隊の役割にせよ前4作のエッセンス混合だし徒に展開を急くあまり怖がってる間もない。島を閉じて屋敷に極小化される構成も考え物。挙句の果てに卓袱台返して大風呂敷広げる帰結は日焼けの茄子だ。 (けにろん)[投票(1)]
★3クリス=プラットの善人性が人間パートを支えている(本人が本当にそうなのかは知らんが)。☆3.7点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★2ジュラシックパークが観たかったのにバイオハザードをされても・・ねえ (がちお)[投票]
Ratings
5点3人***
4点14人**************
3点11人***********
2点2人**
1点1人*
31人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
恐竜映画 (verbal)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ジュラシック・ワールド/炎の王国」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Jurassic World: Fallen Kingdom」[Google|Yahoo!]