コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ストーカー(2002/米)
- 更新順 (1/1) -

★5爆笑できたので★5。 (Lostie)[投票]
★5何だか近所の写真屋さんにデジカメプリントを頼みたくなくなる映画だ。住所や電話番号、名前さえもホントの事は言いたくない。どうせ1時間後にはすぐ写真を取りに来るんだから・・・って気にもなる。にしてもキモい! [review] (IN4MATION)[投票]
★3題材の目の付け所、アイデアはすごくいいんだけど、なにせ薄い。平面的で厚みが無し。アンビリーバボーとかのドキュメンタリーのほうが上かもしれない。 (Muff)[投票]
★3例えば新聞のテレビ欄で、深夜映画の枠に「1時間写真」と書いてあったら、物すごく無味乾燥でひんやりして、想像力をかきたてて怖かったと思うんだけど。 [review] (ユリノキマリ)[投票]
★2しらじらしい構図は好みだったけれど、主人公のふるまいまでしらじらしく見えたのはまずかったと思う。もう少し血が通っていて欲しかった。 (カフカのすあま)[投票]
★4最もサスペンスフルなのが妄想シーンというのが残念っていやぁ残念。それにしても彼は100分間出ずっぱりなんだよな。まさに彼の独り舞台で、真摯な演技に敬服致します。 (sawa:38)[投票]
★3犯行に至った理由が納得いかないなぁ。だって... [review] (ノビ)[投票]
★2題材の割に映像が無駄にスタイリッシュというか…ここまで生活感ゼロだと現実の人間の怖さナメとんのかと思ってしまう。 (はしぼそがらす)[投票(2)]
★3「セブン」みたくもっと異常なおっさんなのかとドキドキしながら見たら肩透かし (TOMIMORI)[投票]
★2どうせならポルノ写真の方をストーキングして欲しかった・・ (白羽の矢)[投票(1)]
★3ウィリアムズは芸域を広げようとしてるのかもしれないけど、やっぱりこの手の作品は才能の無駄遣いのような気がしてならない。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★2何でもこなせるロビン・ウィリアムズはさすが。 [review] (じょばんに)[投票]
★3彼が写真を見つめるように、ボクも彼の表情の動きだけを見つめてたよ。 (るぱぱ)[投票]
★3息が一瞬だけ止まったシーンがあったのだが・・・ [review] (たろ)[投票(1)]
★3少しだけ病んでる老人という風に見せかけるあたりは巧い。ただそのせいか、前半の展開は変化に乏しく、後半まで興味を持続させるのが辛い。印象的なカットとか存在するだけにちょっと惜しい。 (MACH)[投票]
★5シンメトリックな背景に、キューブリックへの敬意を感じる。 (MM)[投票]
★3アヤシイおっさんに感情移入しちゃったりして、結構面白かったんだけど、映画的な膨らみがもう一つかな。シンプル過ぎるし絵的にもTVっぽい。 (_da_na_)[投票(2)]
★3少年との関わりという意味でエヴァンゲリオンのフィギュアが三度象徴的なシーンで使われており、意図的にこのフィギュアを使用したのか、たまたまこのフィギュアを使用したのかは気になるところ。 [review] (わっこ)[投票(2)]
★3アグフアのサービスマン態度悪いね。 (黒魔羅)[投票]
★3悪役ロビン・ウィリアムズの2作目だが・・・彼の演技力は買うけれどもやはり、彼には心震わす作品が似合っていると思う。 (RED DANCER)[投票]
★1考えようによっては、本物のストーカーよりもタチの悪い作品。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(1)]
★3なんて工夫のない邦題。タルコフスキーに謝れ。[銀座ガスホール (試写会)] [review] (Yasu)[投票]
★4邦題最悪。 [review] (Sputnik0827)[投票]
★3彼を取り囲む白と青、寒色系の色彩が孤独な痛々しさを増幅させる。 [review] (ざいあす)[投票]
★4もっと「怖い人間」かと思ったら「哀しい男」だった。タイトルが『悲しきストーカー』とかじゃなくて良かったけど。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★2ロビン・ウィリアムズが悪役をやるというので期待して見ましたが‥‥‥ [review] (stimpy)[投票]
★3ロビン・ウィリアムズ は悪人役もできることはわかったが、別にそんなのは見たいとは思わない。こんな「世にも奇妙な物語」に出演してまで自分の殻をやぶる必要はないと思う。 (ヒコ一キグモ)[投票]
★3写真をどう考えるかは面白かった。 [review] (----)[投票]
★2余計な場面が非常に少ない分、逆に簡潔過ぎて味気無い感じ。ロビン・ウィリアムズは最近、悪役に凝ってる様だが、『インソムニア』といい、コメディに比べると作品選びが下手な様だ。['03.2.2美松劇場] (直人)[投票]
★4陳腐な邦題。ホラーよりホラー。観ていて背筋が凍ること度々。結局一番怖いのは人間自身というオチ。思い込みの善意からくる怒りの押し付けは本人が意図してない分始末に終えない。ある意味度を過ぎた潔癖症の末路。ただし、ロビンの新境地はまだまだ先のようだ。 (tkcrows)[投票(1)]
★4白かった・・・って印象。ラストの写真に何が写っているのか、ドキドキしちゃった。そして、散りばめられた「日本」をイメージさせるアイテム探しも見どころ。あれや、これや・・・ 単館上映じゃもったいないな。 (ぱちーの)[投票]
★2自分としてはもっとサイコな雰囲気ばりばりの下世話なサスペンス映画を期待してただけに、ちょっと肩すかし喰らいました。上品な見せ方で淡々と来られても、出るのは欠伸ばかり。実際ラストでウトウトしちゃいました…。 (takamari)[投票(2)]
★3マーク・ロマネク監督がキューブリック好きだということで、随所にキューブリック的な映像が。カメラを題材にしたのもキューブリックつながりなんじゃないかと勘ぐってしまう。 (バーンズ)[投票]
★4ロビン・ウィリアムズの、抑えつつ魅力を見出す演技に好感。派手な展開ではないが、独特の雰囲気が良い。BGMや映像美も見逃すことは出来ない。人は誰でも愛に飢えていることがわかる。サイに限らず、自分達もまた… [review] (ナッシュ13)[投票]
★3珍しくストーカーものでは、加害者のR・ウイリアムズ側から描かれている。そのため。全篇キモイ感じが漂い、だんだんエスカレートしてしまう男とともに観客も感情移入しなければならなくなる。それが、 [review] (セント)[投票]
★3「エヴァン’ジェリ’オン」という発音に妙に納得。 2003年2月4日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票]