コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

悲愁物語 (1977/)

A Tale of Sorrow and Sadness

[Drama/Romance]
製作梶原一騎 / 藤岡豊 / 川野泰彦 / 浅田健三 / 野村芳樹
監督鈴木清順
脚本大和屋竺
原案梶原一騎
撮影森勝
美術菊川芳江
音楽三保敬太郎 / とみたいちろう
出演白木葉子 / 原田芳雄 / 江波杏子 / 岡田真澄 / 仲谷昇 / 和田浩治 / 佐野周二 / 小池朝雄 / 宍戸錠
あらすじ新人プロゴルファー桜庭れい子(白木葉子)に目を付けたファッションコーディネーター田所(岡田真澄)は、れい子の恋人でゴルフ雑誌社の三宅(原田芳雄)とコーチの高木(佐野周二)の力を借りて、彼女を日栄レーヨンのイメージガールに売り込むことに成功する。テレビのレギュラー番組も持ち一躍スターとなったれい子は、郊外に豪邸をかまえ弟の純(水野哲)と暮らし始める。しかし、そこにはれい子に嫉妬する主婦(左時江)達の嫌がらせやファンの加世(江波杏子)によるストーカー行為が待ちかまえていた。日活解雇から10年の沈黙を破りメガホンをとった鈴木清順カムバック作品。(93分/カラー/ワイド) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5個人的には清順の最高傑作。タイトルと予告編は真面目なのがまず素晴らしい。 [review] (寒山)[投票]
★4物語が収束に向かうわけでもなく、全てをぶん投げるようなラストの呆気なさゆえの感動。その演出のキレもさることながら、破壊のエネルギーもまったく圧倒的。日本映画史に残る凄まじいエンディングだろう。 [review] (太陽と戦慄)[投票(1)]
★4脚本どおりに撮っていた前半のフラストレーションが爆発するかのように、赤、青、黄色の色彩が炸裂するエンディングが印象的。企業の宣伝戦略や住宅街の有閑主婦に象徴される俗世間への、鈴木清順の復讐と反乱ののろしのように見えた。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4驚きの連続!! (動物園のクマ)[投票]
★4いかにも梶原一騎的な欲望や嫉妬の在り方を清順が描くと、ここまで異常で悪夢的な世界になってしまうのね…。とは言え女の私にはあまりにわかりやすいような気もして、それがなおさら恐ろしかった。 [review] (tredair)[投票]
★3なんて厭世観に満ち満ちた復帰作。ゴルフは単に飽食の象徴として扱われているだけの普遍的なゲテモノ映画。 (町田)[投票(1)]
★3日活首になって干されて少しは大人しくなったのかと思いきや、全然自重してなくて笑った。この意味不明さが洗練されて『ツィゴイネルワイゼン』に繋がっていくわけですね。 (赤い戦車)[投票]
★3梶原一騎原作の女スポ根ものだけど、なんと言ってもやはり清順映画。江波杏子が凄いね。弟の部屋の構造も面白い。 (熱田海之)[投票]
Ratings
5点1人*
4点6人******
3点3人***
2点0人
1点0人
10人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄 (ぽんしゅう)[投票(11)]40年のバカ騒ぎ (けにろん)[投票(6)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「悲愁物語」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「A Tale of Sorrow and Sadness」[Google|Yahoo!]