コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

わたしを離さないで(2010/英=米)************

★2俺があと30歳若かったらノレた設定かもしれないが、それでも「だから?」って感じ。キャリー・マリガンは良かったし、劣化したキーラ・ナイトレイもハマってたけど。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★4原作をこよなく愛する私が残念に思うこと。 [review] (イライザー7)[投票(8)]
★4物語の出来事は舞台が英国である必然性を持たないが、この英国的なロケ地選定と色彩設計がただならぬ切なさを呼び出す。「生存者(生き残ってしまった者)」の主題も汲み取りたい。子供時代の語りは若干急ぎすぎか。三人の愛憎絡み合う腐れ縁についてはもっと丹念に挿話化して提示したほうが終盤で効く。 (3819695)[投票(1)]
★4何度か門を開ける・抜けるなど「境界線」を越える演出がなされているので、「提供者」と「外部」を分けて描いているのは理解できる。が、それにしては関わり方が淡白で一抹の物足りなさを感じるのも事実。まるで世界にキャリー・マリガンガーフィールド(もしくはナイトレイ)の2人しか存在しないようなショットが多くあり、寂寥感をいや増す。 (赤い戦車)[投票(2)]
★3僕たちもやがて、あるいはすでに、どうにもならない状況を受け入れ、いつかこの「生」が「終了」することを待ちながら、不確かな記憶をたどることになる。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★4あの状況はきまずい。そりゃ音楽に逃げるわ。82/100 (たろ)[投票]
★4人間の生きる哀しさを描いた映画といえば言うまでもなく限りなくあるが、しかしこの映画の寂寥感は他映画と追従しない何かがあります。しかも、、 [review] (セント)[投票(1)]
★4従容として受け入れることを彼ら彼女らに強いる享楽の世界の存在は隣接しつつも余りに遠いという隔絶の絶対性を堅持した妥協のない演出。単線構造は悪くもないのだが、しかし思うのだ。鎮魂だけが回答なのかと。反逆の前史譚たれとも。 (けにろん)[投票]