コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

わたしを離さないで (2010/)

Never Let Me Go

[Drama/Romance]
製作総指揮アレックス・ガーランド / カズオ・イシグロ / テッサ・ロス
製作アンドリュー・マクドナルド / アロン・リーチ
監督マーク・ロマネク
脚本アレックス・ガーランド
原作カズオ・イシグロ
撮影アダム・キンメル
美術マーク・ディグビー
音楽レイチェル・ポートマン
衣装レイチェル・フレミング / スティーヴン・ノーブル
特撮サム・コンウェイ
出演キャリー・マリガン / アンドリュー・ガーフィールド / キーラ・ナイトレイ / シャーロット・ランプリング / ナタリー・リシャール / サリー・ホーキンス / アンドレア・ライズボロー / ドンホール・グリーソン / イソベル・メイクル・スモール / チャーリー・ロウ / エラ・パーネル
あらすじキャシー(キャリー・マリガン)はトミー(アンドリュー・ガーフィールド)やルース(キーラ・ナイトレイ)らと、緑豊かな“ヘールシャム”という寄宿学校で寝食を共にしている。一見、平凡な子供時代。しかし、学校は外界と厳格に隔絶され、「あなた方は特別だ」と言う校長(シャーロット・ランプリング)らのもと、子供たちは外の世界のことをまったく知らないまま成長していく。18歳になった三人は学校から“コテージ”に移り、ようやく外の世界に出ることを許される。かつてキャシーが恋したトミーは今やルースと恋仲になっていた。そんな三人の関係もいつしか終わりを迎え、それぞれに“コテージ”を出ると、ついに「提供」が始まるのだった。...[more] (ツベルクリン)[投票]
Comments
全19 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4原作をこよなく愛する私が残念に思うこと。 [review] (イライザー7)[投票(8)]
★4何度か門を開ける・抜けるなど「境界線」を越える演出がなされているので、「提供者」と「外部」を分けて描いているのは理解できる。が、それにしては関わり方が淡白で一抹の物足りなさを感じるのも事実。まるで世界にキャリー・マリガンガーフィールド(もしくはナイトレイ)の2人しか存在しないようなショットが多くあり、寂寥感をいや増す。 (赤い戦車)[投票(2)]
★4男に寄せられる斟酌なき好意が、キャリーの恋愛を母性愛として装わせる(なぜこの男に惚れるのか?)。男に潜む知慮が見出された時、同情を愛へと構成すべく、キャリーのタヌキのように愛らしい体躯が、蒼白な太陽の下、回顧的に転がり始める。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★4物語の出来事は舞台が英国である必然性を持たないが、この英国的なロケ地選定と色彩設計がただならぬ切なさを呼び出す。「生存者(生き残ってしまった者)」の主題も汲み取りたい。子供時代の語りは若干急ぎすぎか。三人の愛憎絡み合う腐れ縁についてはもっと丹念に挿話化して提示したほうが終盤で効く。 (3819695)[投票(1)]
★4人間の生きる哀しさを描いた映画といえば言うまでもなく限りなくあるが、しかしこの映画の寂寥感は他映画と追従しない何かがあります。しかも、、 [review] (セント)[投票(1)]
★4豪華キャストが揃っているのでエンターテイメントとしてもしっかりとした作品でした。 [review] (TM(H19.1加入))[投票(1)]
★4カズオ・イシグロのノーベル文学賞受賞を機に、日本の地上波で放送したドラマとの相違点を見たいが為にレンタルしてみた。何よりも驚いたことが、「この子たちが何者か」ということを早々に開示してしまう点、あと、タイトルの「わたしを離さないで」が誰の台詞でもなかった、という点。役者は日本のドラマより3人とも上手かった。本作にはサスペンス要素は皆無だが、底知れぬ人間の生への欲望が静かに描かれていると感じた。 (IN4MATION)[投票]
★4従容として受け入れることを彼ら彼女らに強いる享楽の世界の存在は隣接しつつも余りに遠いという隔絶の絶対性を堅持した妥協のない演出。単線構造は悪くもないのだが、しかし思うのだ。鎮魂だけが回答なのかと。反逆の前史譚たれとも。 (けにろん)[投票]
★4多少いい子ちゃん過ぎる(そう教育されたからだろうが)きらいはあるものの、現実から逃げずに淡々と運命を受け入れる(俺なら自殺する)彼らの姿が胸を打つ。最後のセリフのなんと深いことか。 [むさしのミュー/110601] (TOMIMORI)[投票]
★4とてつもなく重いのだけれども、キャシー(キャリー・マリガン)のやわらかな魅力に癒される。ある意味ミスキャストかもとすら思えるが、彼女でなかったら重過ぎてこんな映画見られまいと思うのもまた事実。 [review] (ピタゴラペンギン)[投票]
★4あの状況はきまずい。そりゃ音楽に逃げるわ。82/100 (たろ)[投票]
★3僕たちもやがて、あるいはすでに、どうにもならない状況を受け入れ、いつかこの「生」が「終了」することを待ちながら、不確かな記憶をたどることになる。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★3テーマは興味のあるところで、仕上がり具合によってはとてつもない傑作になるはずだったのだろうが、叙情的に流れすぎたきらいがある。 それにしても、この映画のイギリスの風景、特に雲の色、空の色、海の色のカットは素晴らしい。 [review] (代参の男)[投票]
★3この世界観を成立させるためには用意周到な理由が必要なのだけど、それらは一切語られない。何を言っても嘘くさいこじつけにしかならないなら、語らないことは潔いのかも知れないが。どんなに陽光が当たっても厳冬のような風景、そしてイメージ。画は美しくまとめられていて出演者は皆好演している。しかし世界に納得できていない自分には今一歩届かなかった。 (tkcrows)[投票]
★3芝居やイギリスの空気感や色など、映画化にあたって映像でしかできない表現は成功してる気がするけど、それでもこれは文章に叶わないんだろうな、と原作を読んでもいないのに、ちょっと思った。 (あちこ)[投票]
★3小説としては成り立つかもしれないが映画としてこのテーマはない。絶対的にリアリティに欠けるため全く入っていけなかった。 (kaki)[投票]
★3原作を先に読んでいたためか、映画化されたことで胸に響くものは何も無かった。 (モロッコ)[投票]
★3中庸の映画。原作以上のなにものも引き出せていない。どよーんとしたカラー以外は心に響くものはなかった。 (カフカのすあま)[投票]
★2俺があと30歳若かったらノレた設定かもしれないが、それでも「だから?」って感じ。キャリー・マリガンは良かったし、劣化したキーラ・ナイトレイもハマってたけど。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
Ratings
5点1人*
4点17人*****************
3点19人*******************
2点2人**
1点1人*
40人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「わたしを離さないで」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Never Let Me Go」[Google|Yahoo!]