コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ターミネーター(1984/米)

製作当時、シュワルツェネッガーにこの役を充てるというのはかなり斬新な発想であった…と思う。
ガブリエルアン・カットグラ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







殺人者(この場合はマシーン)はどうやって人を殺すか?銃、爆薬、刃物、薬品…等々。いずれの場合も腕力はさして必要ではない(本作でも、マイケル・ビーンとシュワとの格闘戦が全くなかったことに注目)。故に、ターミネーター役がシュワルツェネッガーでなければならない必然性はなかったはずだ。むしろ、殺人鬼としての冷酷さを強調するため、冷たい感じのする細身の役者(例えば続編『ターミネーター2』のロバート・パトリックなど)を充てる…というのが従来の演出手法であった。

ところが本作ではシュワを起用して大成功を収めた。何故か?それは彼の鍛え抜かれたはちきれんばかりの肉体に起因する。ターミネーターの意図するところをあの体は何よりも雄弁に物語っている。また、肉体というのは即ち力の象徴でもある。あの肉体が殺意を持ってどこまでも追いかけてくるという視覚的な恐怖…それをシュワの肉体は見事に体現しているのである。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (20 人)けにろん[*] 鵜 白 舞 ペンクロフ ロボトミー[*] ナム太郎[*] シーチキン[*] JKF[*] Myurakz[*] NAMIhichi[*] marina[*] ぱーこ[*] [*] ごう 緑雨[*] ねこすけ[*] peacefullife[*] いくけん ことは[*] ニュー人生ゲーム ろびんますく

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。