コメンテータ
ランキング
HELP

さんのコメント: 投票数順

★3シックス・センス(1999/米)「あっ!」じゃねえよ、とっとと気付け、ウィリス![投票(12)]
★1それでもボクはやってない(2007/日)この映画には大切な観点が欠けている。到底認められない。却下。 [review][投票(10)]
★3HERO(2002/中国=香港)美しい。しかし、血や汗の匂いのしない一騎打ちはどこまで行っても単なる“演武”でしかなく、血の沸く興奮やカタルシスを生み出すには至らない。むしろお笑いの一歩手前である。それにこの映画は“ある意味で”『マトリックス』だ。 [review][投票(8)]
★3トラフィック(2000/独=米)しかしあのコ、本当に気持ち良さそうに麻薬吸うな〜……。下手なグルメ番組より、よほど食指を動かされる。かなりヤバい。作品本来の趣旨からすれば、これはむしろ逆効果かも。[投票(8)]
★3ダイ・ハード4.0(2007/米)荒唐無稽なアクションシーンの連続で一応は楽しめるのだが、マクレーンが死なな過ぎるにも程がある。こういう超人アクションはシュワちゃんかジャッキーあたりにでもお願いしたい。魅力の薄い敵役たちの中、アジアンな姐さんが孤軍奮闘。 [review][投票(7)]
★4プリティ・リーグ(1992/米)この軟派な邦題を何とかして下さい。[投票(7)]
★5ムトゥ 踊るマハラジャ(1995/インド)全てにおいて“やり過ぎ”の映画。テンション高過ぎ、強過ぎ、踊り過ぎ、人多過ぎ……でも、それだからこそ最高にイイ! めちゃめちゃ元気になれますぞ。「ムトゥさん、ナイス・タオル!((c)吉田戦車)」[投票(7)]
★4シモーヌ(2002/米)設定の矛盾点や疑問点は多々あれど、それらも含めて荒唐無稽な味のうちとして楽しめる。完璧美人のはずのシモーヌよりも、脇を固める女優陣の方が実は魅力的というのも何だか皮肉。エバン・レイチェル・ウッドがイイ。ただ……→ [review][投票(6)]
★3海の上のピアニスト(1998/伊)弱虫![投票(6)]
★4エイリアン(1979/米)腹を突き破る動的な怖さと、いつ襲われるか分からない静的な怖さとが見事に同居。エイリアンのデザインも秀逸。[投票(6)]
★3カーズ(2006/米)美しくなったCGで、自然の美を説かれる滑稽さ。[投票(5)]
★2マルホランド・ドライブ(2001/米=仏)……はあ……? 構成のユニークさは認めるが、それだけ。私にはまったくついていけない世界。こういう支離滅裂なの、なにもわざわざ映画館で観なくたって、しょっちゅう見てますよ……夢の中で。[投票(5)]
★4太陽を盗んだ男(1979/日)このナチュラルなイカレっぷりはいったい何ごとだろう。悪魔的所業のバックに流れる、やけに軽くて爽やかなBGMが、たまらなく不安な気分にさせてくれる。しかし普通、あんなカッコでデパートうろついてたら、めちゃめちゃ怪しいと思うが……。[投票(5)]
★4現金に体を張れ(1956/米)不謹慎ながら、ラストでは爆笑してしまいました。[投票(5)]
★2DEAD OR ALIVE・犯罪者(1999/日)ラストが凄い、って聞いてなかったら、最後まで我慢して見てられなかったはず。どうせあんなオチにするんだったら、全編を30分くらいにまとめて下さい。[投票(5)]
★4ウォーターボーイズ(2001/日)ギャグの切れは抜群。ただ、あまりに漫画に徹しすぎたせいで、クライマックスのシンクロシーンが本編からやや浮いている。いきなり上手くなりすぎて、ちょっと唐突な感じがしてしまうのだ。シンクロ自体の上達の過程をもっと描いて欲しかった。[投票(5)]
★3あなただけ今晩は(1963/米)お熱いのがお好き』に続く、バレないわけないだろシリーズ第二弾。イルマがいつX卿に「変装なんかしてなにやってんの?」と突っ込むのかハラハラしながら観ていた。4点以上の価値は十分ある作品なのだが、でも……(以下ネタバレ) [review][投票(5)]
★3ターミネーター:ニュー・フェイト(2019/米)話の骨子が「2」と大差なく、登場人物の関係性も薄いため、後半に行くほど冷めてしまう。液体金属に物理的な攻撃をする不毛さはとっくに分かっているのだから、もっと対策を練っておいてほしかった。アクションが派手でも防戦と逃亡一方ではストレス。[投票(4)]
★5カメラを止めるな!(2017/日)違和感ギリギリを攻める構成に脱帽。 [review][投票(4)]
★3ホリデイ(2006/米)女優二人は魅力的に描けているが、肝心のストーリーが予想の範囲を一歩も踏み越えない。せっかくのユニークな設定をセンスの古さが腐らせた一例。[投票(4)]