コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 霧につつまれたハリネズミ(1975/露)
- 更新順 (1/1) -

★4手作り感が良い。とても美しい映画。 (赤い戦車)[投票]
★5霧につつまれたのは、私だった [review] (いちたすに)[投票]
★4技術力と完成度の高さに驚く。迷い子が踏み入れる眩惑の世界。お伽噺の王道、ソ連版。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★5水、霧、木、全ての映像が、息を飲む美しさ。 (NAO)[投票]
★5たった10分やそこらの短い時間に、どうしてこれほどまでの愛をぎゅうぎゅうづめに出来たんだろう。奇跡だこれは。 [review] (づん)[投票]
★4何度読んでも飽きない絵本のような映画 (TOMIMORI)[投票]
★525日 最初の日』のエモーション、『ケルジェネツの戦い』のカメラワークとカッティング、『狐と兎』の素朴さとかわいさ、『あおさぎと鶴』の風景描写、過去作の美点を受け継ぎ、同時にそれらを遥かに凌駕している。まさにノルシュテインの集大成。 [review] (3819695)[投票(1)]
★5ハリネズミの「オー」という声が(06・3・21) [review] (山本美容室)[投票]
★3とりあえず綺麗。 (ドド)[投票]
★5顔、声、友、色、霧、目、棒。「スパシーバ」。 (バーボンボンバー)[投票]
★5見ているこっちがどきどきしてくる、ハリネズミくんの冒険。自分も小さい時は、毎日が冒険だったなぁ…記憶の向こうの遠い昔を思い出す。 [review] (asatrid)[投票]
★5大好きな誰かに会いに行く道のりって、どうしていつもこんなに不思議にあふれてるんだろう。 (はしぼそがらす)[投票(1)]
★5幻想的で神秘的。単純なようで緻密な気がする。 (さと)[投票]
★4ぼくにもハリネズミだった頃があった。世界が深遠さと驚きに満ちていて、遠くから自分を呼ぶ友達の声が聞こえてくるような。 (リーダー)[投票(2)]
★5なんともほのぼのとした暖かい気分になる。ハリネズミのとぼけた感じが実に愛らしい。 (ころ阿弥)[投票]
★5真っ白な霧。見え隠れする姿かたち。一枚向こう側、といった奥行きを感じさせるのがとてもうまい。びっくりまなこのハリネズミくん、くいしんぼう丸出ししすぎのこぐま。ハーリーネーズーミーくーん。 (なつめ)[投票]
★5ハリネズミくんのあの慌てぶり・・・、フフフ。 (バーンズ)[投票(1)]
★5ハリネズミの気持ちになって、霧の中の心細さを味合えました。人間でも、全体が霧に包まれてしまえば、周囲に不安を感じる。そんな中、自分より大きいゴジラや恐竜が現れたら・・・ア〜恐いわ〜。温かい紅茶のような優しい作品でした。 (かっきー)[投票]
★5一寸先は五里霧中。日本のセルアニメとは全く違う空気と手触りに、アニメとはここまで豊かな表現が出来るのかとびっくりした。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★5この手の映画にはどうにもこうにも弱いので、やや妄想が加速ぎみかも。私の頭の中にはハリネズミくんの声が(ものすごくリアルに)こう響いてきました。→ [review] (tredair)[投票(6)]
★52000年度に一番感動した映画。繊細でかわいらしく深みのある映像と、世界への思慮に満ちた物語に胸があつくなる。大好きな人と一緒に観て下さい。自分に子供がいたら観せたい、と強く思う。 (は津美)[投票(2)]
★5ハリネズミが見上げる大木の枝が立体的で美しく、忘れ物を思い出した瞬間のしぐさも可愛い。江守徹の独特な語りもピッタリ。寒い夜に暖かい物でも飲みながら観たい、叙情的な一編。 (mize)[投票(2)]
★4「ハリネズミくーん!」と霧の夜には呼んでみたくなる、そんな童話。 [review] (muffler&silencer[消音装置])[投票(5)]
★5霧の映像と、象徴的な白馬が、幻想的な雰囲気を醸し出している。 ()[投票]
★5実写とアニメの絶妙なフュージョン。[ラピュタ阿佐ヶ谷] (Yasu)[投票]
★5いい!!映像が美しい。 (parigote)[投票]
★5霧だ・・・。 (ヤマカン)[投票]