コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] リップヴァンウィンクルの花嫁(2016/日)
- 更新順 (1/1) -

★4花とアリスの大人ミステリーバージョン [review] (まりな)[投票(1)]
★4声が小さい・主体性がなさ過ぎる・自分は悪くないのに(無自覚)。そんな(割とよくいる)女性を襲う不幸のスパイラル。物語としては面白いはずなのに、行ってはいけない方向にばかり進んでいく七海というキャラクターを全肯定できなくてこの点数。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★5「どこか心の隅で何かを待ってるんです」東京物語(1953) [review] (週一本)[投票(3)]
★4ちなみにCoccoは名曲揃いなのでおススメ。87/100 [review] (たろ)[投票(2)]
★3感想。その1は、面白く本当に上手いなあという事。その2は、若い女性に媚び過ぎではないかという事。女性に受けるようなアルアル感が一杯だった。登場人物(誰もが自分のことで精一杯)の中で、思いを他の人に向けた唯一人の人は、  [review] (KEI)[投票(2)]
★4岩井俊二の透明な世界観とドロドロした現実社会が見事に調和していて、不思議な感覚に包まれる3時間でした。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★5映像がつまらないのはテーマを訴えるための仕掛けであり意図的だと思います。 [review] (Ikkyū)[投票]
★4ぼんやりちゃんは本当に美しく撮られてたなぁ…。ネットで画像検索でみるとぜんぜん惹かれないのに、映画の中では光や髪型もあってとても魅力的に見えた。 [review] (狸の尻尾)[投票(1)]
★3もし綾野が極めつけの悪漢だとすれば、物凄い映画ではある。 [review] (寒山拾得)[投票(3)]
★5現実の世の中の彼女たちには綾野剛が手を差し伸べてくれることはないのだが、そこまで岩井が呑んで含めた仮想王国を揺蕩うように黒木は乗り越えていく。随所に片鱗が差し込まれる疲弊し腐った現実。それを許容し肯定しないと世界は手に入らない。 (けにろん)[投票(3)]
★5岩井俊二は“時代の空気”を切り取る作家だと思う。2010年代という時代を切り取った代表作と呼んでもいい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(6)]
★4ある種のファンタジーながら、物語はいたずらに現実らしさを踏み越えない範囲で運用されている。それにもかかわらず「長大な上映時間」だけでは説明のつかない(むろん、主因ではあるだろうが)得体知れずの著大なスケール感に圧される。このあたりの印象は安藤桃子0.5ミリ』と相通ずるものがある。 [review] (3819695)[投票(3)]
★4褒め称えたい部分もこき下ろしたい部分もいろいろとはあるが、要はあれだ、俺は岩井俊二の画が好きなんだよ。単に好きなんじゃなくて大好きなんだよ。見ているだけで幸せなんだよ。 [review] (K-Flex)[投票(2)]
★5恐ろしいし話だ。まるでホラー。オモテとウラなら違いも自覚できるだろう。「オモテのようなウラ」に翻弄され、気づかぬうちに「終わり」の一歩手前まで行ってしまう話だ。例えばオモテとウラとは、うぶと打算。無自覚とシステム。善意と計略。つまり世間のことだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(5)]
★5岩井の新作。しかも3時間という長尺。最近敬遠する時間だが、体の調節をして頑張る。時間はさすが岩井映画、全然気にならなかった。また、出演者全員が芸達者で安定した映像を堪能できたことも一因。日本映画としてはここ最近ピカイチの収穫作である。 [review] (セント)[投票(1)]