コメンテータ
ランキング
HELP

KEIさんのあらすじ: 更新順

★5ヴァリエテ(1925/独)Variete=(独語)見世物、曲芸。ステファン・ハラー(エミール・ヤニングス)は夫婦で空中ブランコをやっている。ドサ廻りながら若い妻マリーを愛し、楽しい日々を送っていた。ここに世界的に有名な空中ブランコ乗りアルティネリ兄弟がいる。が兄はロンドンで墜落死。弟は1人で公演予定のベルリンに来る。が主催者側より契約はそのままなので、いい相手を見つけ是非興行をやってほしいと依頼される。色々つてをたどり、手堅い演技をする夫婦のブランコ乗りの噂を聞く。(もう少し続きます) [more][投票]
★4キング・オブ・キングス(1927/米)キリストの生涯を描く。降誕から始まり、盗賊バラバ、サロメ、山上の垂訓、奇跡、マグダラのマリア、不義の女、ラザロ、寺院でのこと、ユダ、最後の晩餐、ゴルゴダへ、磔<はりつけ>、復活。その各々は新約聖書の主に4つの福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)に典拠している。そして、そのエピソード毎にその原文(ヘブライ語ではなく英語)の抜粋も表示している。現在(2018年)までキリストの映画化は数多くあるが、その一番最初のもの。サイレント。155分。 [more][投票]
★4ミルドレッド・ピアース(1945/米)名士ベラゴン家の別荘で、ベラゴン本人(Z・スコット)が射殺される。現場から走り去る1台の車。場面変わって、港町。ベラゴン夫人(J・クロフォード)が消沈して歩いている。それを見た友人レストランパブのオーナー、ウォリー(ジャック・カーソン)は、彼女の誘いもあり、2人でその別荘へ。いい機会だと彼女に迫るがするりと逃げられ、気付くとすべての戸に錠が。やがて彼は死体を見つけ、窓を打ち破って外へ出た時に、パトカーがやって来た。ウォリーは警察へ連行される。(続きます) [more][投票]
★3ゼロの未来(2013/英=ルーマニア=仏=米)近未来。コーエン・レスは破産した教会を買い取って住んでいる。彼はマンコムという巨大企業の分析官、といえばカッコいいが現実は、出社し、管理官の指示に従ってエンティティ(entity=実在、現状)分析をやらされている存在だ。本当は家に居て、或る電話を待たなくてはいけないのだが・・。休暇申請を却下され、トップのマネ―ジメントに会わせてくれと頼むと、管理官は囁く―明晩のパーティに来ることになっている。猥雑なパーティで、しつこく迫る女ベインズリ−を逃れて、2Fの暗い部屋に行くとマネ―ジメントがいた「君にあるプロジェクトを任したい」。それは今迄誰もがなしえなかったゼロの定理(原題=Zero Teorem)の証明だった。107分。[投票]
★4一日だけの淑女(1933/米)ギャングのボス、デーブが大取引きを前に「アニーは何処だ」と叫んでいる。この下町でアニーと言えばリンゴ売りの老女のことだ。そのリンゴを買うと、取引きがスムーズにいく、とはデーブのジンクスなのだ。そのアニーは、マーベリーホテルの従業員からホテル名付きの便せんを25セントで買っていた。彼女はそれでスペインの修道院にいる娘に手紙を書く。 ちょっとセレブな気分になって‘今日はパーティがあった’なんて書いてみる。彼女のささやかな秘かな楽しみだった。しかし、ある日その従業員が解雇されたと知る。えっ、娘から来る手紙もホテル気付けになっていて、彼からもらっていたのよ!(更に続きます) [more][投票]
★4ガリヴァー旅行記(1939/米)船乗りガリヴァーの南太平洋での真実の物語。1699年11月5日。南緯30度2分の海上で突然、大きな嵐に見舞われ・・・、とある海岸にガリヴァーは打ち上げられる。お城勤めの下男ギャビーは、その時海岸の家路を急いでいた。と、巨大な手を発見。「おお、大男だー」。一方お城ではリリパット国のリトル王のグローリー姫とブレフスキュ国バンボー王のデイビット王子の婚約の儀が行われていた。婚約書、花束、大ケーキの披露・・・。(更に続きます) [more][投票]
★4バラバ(1961/伊=米)エルサレム。ピラト総督が民衆を前に話している「イエスは死刑に処せられる」。民衆の中から1人が進み出「風習で、祝祭日には1人に恩赦が与えられます」。ピラトが言う、それは皆が王と呼ぶイエスか、それとも盗賊で人殺しのバラバか。人々が叫ぶ、イエスだ、いやバラバだー。その男バラバは牢獄に居た。やがて兵士が来て、釈放だ、民はお前を選んだ。(続きます) [more][投票]
★3若草物語(1933/米)米、南北戦争時代。父は従軍牧師で出征。銃後の4人の娘と母と女中の中産階級のマーチ家。キリスト教団体の慈善活動をする母親。4人姉妹[長女マーガレット(メグ)、次女ジョセフィン(ジョー:K.ヘプバーン)、三女エリザベス(ベス)、四女エイミー]もそれぞれの立場で活動をしている。ジョーはお金持ちの伯母さんに本を読んでやっていた。その伯母さんから皆にと言って4$もらう。何に使おうかとはしゃぐ4人だったが、結局ママにプレゼントしようという事になる。香水、手袋、ハンカチ―喜ぶ母親。食事もいつもより豪華だった。ソーセージ、パン―。しかし母親が言う、とてもお腹を空かせている子供たちがいるの・・・。(更に続きます) [more][投票]
★3ひばり捕物帖 自雷也小判(1958/日)江戸。夜半。南町番所与力の渡辺宅を御高祖頭巾<おこそずきん>、振り袖姿の岡っ引き阿部川町のお七が訪ねる。大塩(平八郎)騒動の残党を取り調べたい、と云う。この夜更けに、と思ったが、お七が実は老中 阿部伊予守(尾上)の実妹妙姫であることを知っていた渡辺は、伝馬町の牢に案内する。二人を見送った奥方は、路上に懐紙に包まれた、立派な散らし小判の彫り物がある小柄<=小刀>を見つける。(まだ続きます) [more][投票]
★3続・さすらいの一匹狼(1965/伊)西部。谷の森を行くブレント(G.ジェンマ)。その前に牛の群れと昔馴染みのジル(N・パッツァフィーニ)が現れる。「競売で手に入れた牛だが、お前になら安く売るぜ」。調べると良い牛だ。書類を受け取り、金を渡す。牛を連れて町へやって来ると、牧場主スタンが奥さんと通りかかる。「おおっ、私の牛だ。お前が盗んだのだな!」「言いがかりは止せ。買った書類を見ろ」。さっと目を通すと、「お粗末な偽造書類だ」と破り捨てる。そして、「さっさと返せ。牛泥棒は殺してもいいんだぞ」と銃を抜く。(まだ続きます) [more][投票]
★3ひばり捕物帖 ふり袖小判(1959/日)街道。幕府へ献上する太田藩御用金一万両が強奪される。宰領役奥田十兵衛(原健策)はその責を取り入牢。娘の美鈴(中里)に賊から奪い取った印籠を渡し、捕まえてくれと頼む。その傍に健之進(里見)がいた。江戸。舞踊祭りに出演中の、岡っ引きでもある阿部川町のお七[実は老中阿部伊代守(若山)の妹 妙姫(ひばり)]の楽屋へ阿部家随一の使い手と言われる佐々木兵馬(東)が訪ねて来る。「酒でヘマをやり、家を追い出された。今は料亭の用心棒だ」という。数日後料亭に兵馬を訪ねたお七の前に現れたのは美鈴という娘だった。(もう少し続きます) [more][投票]
★3てんやわんや(1950/日)戦後、昭和21年。総合日本社という出版社に勤務するヒ弱な男犬丸(佐野)は病気で3か月の休みの後、出社すると社長は雲隠れし社内は騒然としていた。犬丸を好きな秘書花輪(淡路)はこっそり彼にだけ社長の居場所を教える。ピンクキャバレーだった。‘喧噪な東京は向いていない。北海道に帰りたい’という犬丸に社長(志村)は、それなら私の故郷伊予(愛媛)に行け、知り合いの有力者がいる、のんびりして来いと云う。また書類包みを手渡し、保管してくれと頼まれる。(まだ続きます) [more][投票]
★3新婚道中記(1937/米)出張でフロリダへ行った(実は行っていなかった)ジェリー(ケイリー・グラント)が帰宅すると、妻は居なかった。机の上には彼が送った手紙が未開封のまま。叔母の家でも行ったかと思っていると、妻ルーシー(アイリーン・ダン)が、習っている歌の先生、ダンディなアルマンと帰って来る。「送ってもらう途中車が故障して・・・」。見えすいた嘘を―と思うジェリー。一方ルーシーも、土産のオレンジを見ると‘カルフォルニア産’とあり―嘘ばっかり―と思う。(もう少し続きます) [more][投票]
★5青年の樹(1960/日)大学の入学式。学長訓辞。1人の学生和久武馬(裕次郎)。目が輝いている。そして・・・やがてその長口舌に目がトロリ・・・。諸君!と教卓を叩く学長。はっと目ざめ思わず手を叩く武馬。拍手が講堂に響き渡る。と、前の方の学生が拍手を。すると、1人、2人・・と皆が拍手を始める。そこへ、「坊っちゃん!親分が大変だ」と飛び込んできたのは辰(大坂)。苦笑しながらも仕方なく立ち上がる武馬。校庭では父親和久組長(芦田)がゴロツキとやりあっていた。(まだ続きます) [more][投票]
★3ひばりのおしゃれ狂女(1961/日)老中首座に就いた松平定信(徳大寺)は贅沢禁止令を出し、江戸の引き締めを図った。が、それに従わぬ者が2人。1人は将軍の父一橋家の隠居(北)と町中のおしゃれ狂女(ひばり)だった。狂女ながらその美しさにまいった女好きの隠居は家来戸山(吉田)に、屋敷につれて来いと命じる。その狂女お美津は、オランダの貿易物を扱う近江屋五兵衛の娘で、父五兵衛は倹約令で売り上げが激減、大川に身を投げ自殺した。又その兄はバクチに入れ込み、勘当になっていた。今その兄伊之吉(高田)が帰って来た。(もう少し続きます) [more][投票]
★4シルバー・サドル 新・復讐の用心棒(1978/伊)1人の男と息子がある村にやって来る。そこに居た地元の有力者バレット家のルークが立ち去ろうとすると、その男が立ち塞がる。「よくも騙したな。土地は二束三文だったぞ。妻は飢えて死んだ!」あの女かへへへ・・・と侮辱するルークに男は銃を向けるが、逆に撃たれる。が、息子がその銃を拾い、ルークの背に向けて発砲する。そして少年はルークのシルバーサドル(銀の鞍)が付いた馬で立ち去る。何年かが経ち、少年ロイはシルバーサドルのガンマン(G.ジェンマ)として有名になっていた。(もう少しお話します) [more][投票]
★3いろは若衆 花駕籠峠(1959/日)江戸大川の祭りの日、ある料亭で年寄林肥後守(阿部)が米問屋大津屋(富田)と密会していた。大津屋から‘将軍家御買い上げ米の買い占め’に加担する大阪の米問屋の連名状を受け取った林は「くれぐれも内密にな」と念を押す。その席には芸者お仙(星)もいた。料亭を出た彼らは、町中で少年三太(花房)とぶつかる。切り捨てようとした家来の小幡(吉田)たちの前に現れたのは、め組の辰五郎のやんちゃ娘お雪(美空)。その大立ち回りの最中に、お仙が林から連名状を盗み取る…。その後帰宅した雪は辰五郎(大河内)に叱られ、バツとして蔵へ。しかし三太の助けで抜け出し、婆やのいる浜松へ向かう。実は雪の実父は老中水野越前守(加賀)で…(まだ続きます) [more][投票]
★3沈黙の帝王(2016/米)2029年アメリカは戦争の教訓から、1人の指揮官(S・セガール)が全国民を監視し支配する社会となっていた。すべての犯罪はなくなり平和にはなったが、自由を求める人々は 、未だ居た。指揮官の下には管理官がおり、工作員を統率している。工作員は、自由を求め国家転覆を企む国家犯罪人の暗殺が仕事だ。コードネーム、コンドルは今日もそんな自由主義者の家に忍び込んでいた。そして相手を射殺したが、傍にいた情婦を見た時、ハッとした。亡き恋人ニーナに生き写しだったからだ。(もう少し続きます) [more][投票]
★3タルサ(1949/米)オクラホマ平原。チェロキー・ランシング(スーザン・ヘイワード)の父親は全財産を抵当に牛を買い、牧場を営んでいた。が、タナー石油会社が掘った隣りの土地に石油が出て、油井やぐらが立ち、水飲み池を汚染し、牛が30頭も死ぬ事態になる。父は文句を言いに、その施設に行くが、その時石油の放出が始まり、倒れて来た資材の下敷きになり、彼は死んでしまう。チェロキーはタナーに会いに町へ行くが・・・(もう少し続きます) [more][投票]
★3右門捕物帖 片目の狼(1959/日)五人の武芸者の首つり死体が野原で発見される。騒ぎ立てる八丁堀同心‘あばたの敬四郎’(進藤)と子分‘チョン切れ松’(喜味)をしり目に‘むっつり右門’こと同同心近藤右門(大友)は現場で弓のつるを拾う。首の跡と一致し、他殺と断定。そのつるは普通のものではなく、大弓堂の主人六郎衛門作と目を付けた右門は、早速乗り込むが、屋外からの矢で主人は殺されてしまう。逃げ出した番頭(夢路)を追いかけた右門の子分‘おしゃべり伝六’(堺)だったが、追いつく前に番頭も殺されてしまう。(まだ続きます) [more][投票]