コメンテータ
ランキング
HELP

KEIさんのお気に入りコメント(1/23)

会議は踊る(1931/独)★3 映画史のお勉強。とり分けミュージカルファンは必須。古典の教科書を読むように観るべし。中でも [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015/米)★3 私の知る限り、ウルトロンがこんなに弱いはずがないんだが。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
ゼロの未来(2013/英=ルーマニア=仏=米)★3 人の幸せは「食う・寝る・ヤる」って話なのか?決して悪い映画じゃないんだけど、なんだか置いてきぼりくった気分。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2009/香港=仏)★3 話しの綾としては分るのだが、記憶喪失などというギミックを持ち込んだため展開が辛気臭くなり、『エグザイル 絆』にあったバカバカしいまでの一途な銃撃の純度が失せ、今回は子供のピストルごっこの域に止まる。お好み銃撃シーンがきっと見つかるカタログ映画。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
モロッコ(1930/米)★5 映画ファンの映画ファンによる映画ファンのための「立派な仕事ぶり」を実感。 [review] (tredair)[投票(8)]
黒い瞳(1987/伊=仏=露)★5 中年の男の夢見るようなロマンス。 陽光に白い布がきらめく映像。霧、薄暮も。 [review] (マグダラの阿闍世王)[投票(1)]
二十四時間の情事(1959/仏)★3 わたしはこの映画からはヒロシマを理解できない・・・ (R62号)[投票(1)]
ヘッドライト(1955/仏)★4 冒頭、女と道路、フレームインするトラックをとらえたローアングルの構図にしびれる。乾いた画から一転、終始、雨の湿気をたたえたようなモノクロ画面に、心休まらぬ労働と家庭の狭間で、ひとときの安息をもたらす狭いベッドのような女に心奪われる男の心情が滲む。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
ルードウィヒ 神々の黄昏(1972/独=仏=伊)★2 後期ヴィスコンティは洋ピンに多大なる影響を与えたのではないだろうか。高貴と頽廃の主題とか、平面的な室内の構図とか、突然のスームインとか。 [review] (寒山)[投票(2)]
カラーパープル(1985/米)★4 映画作品として非常に魅力的ではあったけれど。 [review] (ユリノキマリ)[投票(3)]
ヘッドライト(1955/仏)★4 アルヌールの美しさは、白黒の陰影でよく生きる。で、益々切なくなっちゃうんだ… (りかちゅ)[投票(3)]
ヘッドライト(1955/仏)★4 原題がいい。「とるにたらぬ人々」 (さなぎ)[投票(6)]
ベイマックス(2014/米)★3 誰もタダシの遺志を継いでいない。『BIG HERO 6』として公開するならまだしも、『あなたの心とカラダを守ります』なんてほんわかキャッチでこの展開はないと思う。『STAND BY ME ドラえもん』の方がよっぽどほんわか。まぁ、ヒーローアクションものとして観たらそこそこ面白い。ハニー・レモン可愛いし。いわゆる売込みミス。 (IN4MATION)[投票(2)]
ベイマックス(2014/米)★5 ロボットはやはり、どこか完璧さに欠けていたりぎこちなさが残るのがいい。それがロボットの愛らしさであると思うので……。 [review] (なつめ)[投票(1)]
ヘッドライト(1955/仏)★3 この映画のヒロインも003も、どちらのフランソワーズ・アルヌールも大好きです。 (cinecine団)[投票(2)]
スター・ウォーズ フォースの覚醒(2015/米)★4 こんなちゃんとした作品を作るなんて、JJはトレッキーの風上にも置けん奴だ。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
トラック野郎 故郷特急便(1979/日)★4 すぐ殴りかかる原田大二郎がいい。文太とのパーティ会場での喧嘩が月夜の海岸に場所を移して継続される辺りに、得も云われぬ妙味がある。 [review] (寒山)[投票(1)]
トラック野郎 一番星北へ帰る(1978/日)★4 大谷直子にゴム鉄砲引く息子へのズーム三連発と咽び泣くマンドリン。何というやり過ぎだろう。 [review] (寒山)[投票(1)]
トラック野郎・突撃一番星(1978/日)★3 あどけない原田美枝子が時おり見せる蓮っ葉で投げやりなしぐさ、元祖泣き芸人せんだみつお絶頂期のドタバタぶり、とことんブス道を行く樹木希林の不気味な女気、果敢に二枚目に挑む川谷拓三、そして亜湖のオッパイ。嗚呼、70年代末期の邦画。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
トラック野郎・突撃一番星(1978/日)★3 重篤患者を載せたまま院長邸宅に突っ込むのは幾らなんでもおかしいと思うが、殴りつける相手が「医は算術」の金子信雄だと妙に納得させられてしまう。 [review] (寒山)[投票(1)]