コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

原子怪獣現わる (1953/)

The Beast From 20,000 Fathoms

[SciFi/Horror]
製作ジャック・デイエッツ / ハル・E・チェスター
監督ウジェーヌ・ルリエ
脚本ルイス・モーハイム / フレッド・フリーバーガー / ウジェーヌ・ルリエ / ロバート・スミス
原作レイ・ブラッドベリ
撮影ジャック・ラッセル
美術ウジェーヌ・ルリエ
音楽デヴィッド・バトルフ
特撮レイ・ハリーハウゼン / ウジェーヌ・ルリエ / ウィリス・クック
出演ポール・クリスチャン / ポーラ・レイモンド / セシル・ケラウェイ / ケネス・トビー / ドナルド・ウッズ / リー・ヴァン・クリーフ
あらすじ生物学者ネズビット(ポール・クリスチャン)は北極の水爆実験場で古代の恐竜を目撃する。だが彼の話を信用する者は誰もおらず、ネズビットは次第に目撃したことさえも疑い始める。だが古代生物学教授エルソン(セシル・ケラウェイ)と助手のリー(ポーラ・レイモンド)の協力で、彼が目撃した怪獣は古代恐竜の生き残り“リドサウルス”と判明。教授の提言でようやく軍が動き出したその矢先、リドサウルスはニューヨークを急襲し大暴れを始めた! (荒馬大介)[投票(1)]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5この映画に登場するリドサウルス(RHEDOSAURUS)というのは創作の恐竜ですが、最初のRHというのは実はレイ=ハリーハウゼンの頭文字から付けられたそうです。 [review] (甘崎庵)[投票(4)]
★4リドサウルスNY襲撃シーンは、米版ゴジラにも十分過ぎる程影響を与えているとしか思えん。 [review] (荒馬大介)[投票(3)]
★4信じられない。 [review] (24)[投票(2)]
★4ポイントは舌。歩いたり吠えたりするだけでなく、あのチロチロと動く舌が、生物らしくてよいのです。 (空イグアナ)[投票(1)]
★4この頃のSF映画って、科学者の女性助手と軍人、博士の娘と新聞記者とか、ラブロマンスの側面が色濃く出ていて面白いです。本作見るとエメリッヒのUSゴジラはハリー・ハウゼン・リスペクトだったことがよく分かる。本作をリメイクすれば良かったのに。 (kawa)[投票(1)]
★4改めてこの時代のB級SF映画のレベルの高さに驚嘆する。無駄なカット、無駄な動きが存在しない。新聞、絵、電話などの小道具を用いた経済的語り。リドサウルス上陸後のパニックシーンの空間造形、高圧電流とサーチライトにより明暗が造形された夜の戦闘、その後の不気味な静寂、燃え盛る遊園地と余韻に浸ることを許さないすぱっとした終結。すべての怪獣映画がお手本にすべき傑作でしょう。 (Sigenoriyuki)[投票]
★4ジェットコースターの炎上シーンが見事。 (パピヨン)[投票]
Ratings
5点1人*
4点8人********
3点3人***
2点0人
1点0人
12人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
−海外SF小説の映画化作品− (kawa)[投票(18)]CGが何だ!コマ撮り映画大作戦 (荒馬大介)[投票(9)]
恐竜映画 (verbal)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「原子怪獣現わる」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Beast From 20,000 Fathoms」[Google|Yahoo!]