コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 座頭市兇状旅(1963/日)
- 更新順 (1/1) -

★4炎天下、祭禮、立ち回る市の汗がほとばしる。物語展開がおとなし過ぎるが、剣客との幾つかの対決はすべて緊張感が比類ない。高田、万里、村瀬と女性キャラが各々際立っている。こらえた市の踊りも、印象深い。 (KEI)[投票]
★3冒頭、賑やかな縁日の素人相撲に挑戦して人気者になり、商品の酒を河原でひとりご満悦で呑んでいる市。こういう孤独の滲む断片がとてもいい。 [review] (寒山)[投票]
★5シリーズ4作目にして極めた。あらゆる登場人物がやるせない「業」を背負い、その業火の痛みをひとり背負う座頭市。ドラマは巧みに計算され、ラストの市の軽快な踊りは逆に背筋が寒くなる。第1作に★5をつけてしまったので★6が点けられないのが無念。 [review] (sawa:38)[投票(1)]
★3かつて惚れた女万里昌代の変遷を知り、息子を亡くした老母村瀬幸子の諦観と気丈さを前に、昔の縄張りにこだわり続ける今は堅気の親爺に「過去は捨てろ」と市は言う。過去とは廃屋。過去を振り切るように踊る市。乾いた夏を切り取る流麗なカメラが印象的。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3単純に格好良い座頭市が観たいってのなら充分な作品なんですが…それ以上を求めちゃいけないのかな? [review] (甘崎庵)[投票]
★3登場人物の詰め込みすぎで、今ひとつストーリー展開がすっきりしないが、第1、2作で登場した市の思い人おたねとの再会がドラマを盛り上げる。それにしても北城寿太郎 が『用心棒』の三船敏郎100%コピーなのに唖然とする。 (ジェリー)[投票]
★3物干し台のジュリエット高田美和、市を慕う人妻万里昌代、息子思い婆村瀬幸子と女たちが其々の年代特有の強さを持っているのに対して、男たちの情けないこと、馬鹿なこと。 [review] (町田)[投票(1)]
★3意外な程手強い刺客北城寿太郎との一騎討ち!!を邪魔する弱虫二代目&その恋人&彼女の義父&ワル親分安部徹他大勢の雑魚。市も物語も少し壊れ気味の不思議な一篇。 [review] (AONI)[投票]